直線上に配置トップ アイコントップページへもどる
BIG ME club 内藤景代が毎日更新する
日誌風エッセイ    最新情報
 内藤景代 

 2002年8月12日(月) 

早稲田大学の近くの箱根山、
  セミ時雨の中で、思い出す、1960年代
●父の思い出 愛犬のボクサー、ロンとの散歩 足弱なむかし
●紅テント旗上げ 唐十郎の芝居
●捕虫網をふりまわして、セミ(蝉)をとる少年
きょうから、NAYヨガスク−ルは、一週間の夏休みです。
         8月12日(月)〜18日()
   セミ取りの家族

●きのうは、レッスン後に、「夏休みモ−ド」に、即(そく)、切りかわり、
新宿の教室から歩いて、西日(にしび)をさけながら、
久しぶりに箱根山(はこねやま)
=戸山(とやま)公園 へむかいました。


●――そうすると、イメ−ジしていた通りの懐かしい「夏休み風景」を見ました。
  捕虫網(ほちゅうあみ)をふりまわして、セミをとる少年と、
虫かごをしっかりともって待機する少女…。
そして「昆虫採集(こんちゅさいしゅう)のコツ」を
身をもって教える若い父親…

 むかしの原っぱで、よく見た光景だな…
と思って見ていると、聞こえてくる、若いお父さんの
日本語のイントネ−ションは、中国風(?)… 
 大久保のコリアン・タウン(韓国人街)も近いので、韓国風(?)
 ――日本的な夏休みの光景は、
実は、モンス−ン地域のアジア的な光景なのかもしれません……

――もう、虫の声もしますし、
盛大に鳴いているセミの大合唱も、
ラストの追い込み…という感じがします。
あせっている?

 そういえば、何を勘違い(かんちがい)したのか、
先日、夕方の散歩中に曲がり角で、
出会いがしらに、騒音とともに
「大きな茶色いもの」が
目にぶつかり、びっくりしました。

「何 ?」
 


――鳴きながら飛んでいるセミでした。

 その後、そのセミは、
逃げもせずに、すぐそばの電信柱にとまり、
盛大に鳴いていました。

 そのミ(い矢印でしめした部分)は、
羽根を広げて、わたしの目にぶつかってきたので、

目にとっては、
巨大な鳥のように拡大されて見えたわけです。
 びっくりしました。 


               電信柱にとまるセミ(蝉)
 
黄色い小さなバッタ
(目の部分に紺色の斑点がいくつもあるもの)も、
よく、わたしの顔にぶつかってきて、
見つめあったりしますが、あれは何なんでしょう? 
虫の特攻隊(とっこうたい)?

 ※後記黄色い小さなバッタ(目の部分に紺色の斑点がいくつもあるもの)の写真は、こちらへ



                     夏草  OKマーク


 さて、話をもどします。
箱根山は、セミ時雨(しぐれ)の中で、涼しい風がふき、
夏草やシュロが鬱蒼(うっそう)としげっていました。
 
 ↑
自然に(?)輪(わ)になっていた草。


 1960年代の頃
――今は国立大学教授の――唐十郎(からじゅうろう)さんが、
(くれない)テント」を旗揚げ(はたあげ)したのは、
この箱根山の中だった…とききましたが…

 どのへんだったのかな?

――と思いながら、登り降り(のぼりおり)して感じました。

――学生時代は、すぐそばの大学にいながら、
こんないいところに、なぜ、あまり来なかったのか?


●――足もとをみると、
当たりまえに、夏でもスニ−カ−をはき、
パンツ・ルックで歩きやすくしている、自分
…に気がつきました。


――むかしのわたしの学生時代は、
夏はかかとのあるサンダルで、
ふだんはロ−ヒ−ルにスカ−トです。

 1900年に生まれた(昭和天皇と同年)、
明治生まれの父
がうるさくて、
「お嬢さんらしいかっこう」をしないと、叱られたからです。

…だから、当時は足弱(あしよわ)で、
父に似て、歩くのが嫌いでした。    

 まぁ、父の晩年は、
飼っていた大型のボクサ−犬・ロンの散歩があり、
父娘ともに、少しは歩くのが好きになっていましたが…

…それで、4年間の在学中に、
歩きにくい箱根山へは
1回か2回くらいしかきませんでした。

――今年の9月が、1970年になくなった、その父の33回忌です。


夏目漱石(なつめそうせき)の
草枕(くさまくら)』の冒頭(ぼうとう)の文ではないですが、

「山道を登りながら、
(いろいろと)考えた」

わたし…でした。

――足は、自然にかつての母校、
早稲田大学の文学部の校舎へ向かいながら…
 
●続きは、また明日。

 ※後記;「(くれない)テント」とわたし達はよんでいましたが、主宰者は、「紅(あか)テント」とよぶそうです。



←★前へ 次へ★→

直線上に配置
トップ アイコントップページへもどる