2002年9月20日(金) 一粒万倍(いちりゅうまんばい)の稲穂 プランタ−栽培の稲   時間と空間の関係で実りの時季に「時間的な階調(グラデ−ション)」ができる コスモス(秋桜) 母校・早稲田大学は「稲穂」が象徴マ−ク 早慶戦 両手で「稲穂の形」の応援「1960年代」の「学園闘争」の時代 わたし達―個人主義的なフランス文学の学生達の対応 ザクロ(石榴 ざくろ)の赤い実「子どもの肉の味」伝説 夜叉の鬼子母神 ザクロは体の酸化=老化をふせぐポリフェノ−ルあるので人気 更年期の女性に効果
秋晴れの上天気(じょうてんき)です。風が爽やかで、陽射しも、夏の刺すような激しさはなく、柔らかです。太陽の光に包みこまれるような感じが、気持ちいい……
 「秋の実り」の赤や青の果実が、青空の下に、あちこちちに、実っています。

まずは、7月25日にかいた「一粒万倍(いちりゅうまんばい)」の稲穂です。
「プランタ−栽培」の稲は、稲穂をつけているおうちも、たくさんあります。稲穂とコスモス 

 ←稲穂とオレンジ色のコスモス秋桜
  
 

 ●
川ぞいのプランタ−栽培のイネに穂が実り、オレンジ色のコスモスといっしょに、風にそよいでいました。



イネを刈りとり、ワラを干している




すでに、刈りとり、藁(わら)を干しているところもありました。
その場所(空間)の「太陽の当たる時間」により、「いつ実るか」が、ちがうようです。
時間と空間の関係で、実りの時季に「時間的な階調(グラデ−ション)」ができる…

早稲田大学は、「稲穂」が象徴マ−クで、慶応大学との、神宮球場(じんぐうきゅうじょう)の野球の「早慶戦(そうけいせん)」の応援には、両手で「稲穂の形」をさせられ、応援団長の指揮下で、左右になびかせられました……
 「マス・ゲ−ム」のように、人間が形をつくり、今風にいえば、稲穂の波(ウエ−ブ)をつくらせられたわけです。

1960年代」の「学園闘争」の時代の、わたし達―個人主義的なフランス文学の学生達は、これに腹をたて、「右翼的だ、全体主義だ――2度と応援なんか、くるものか」と、ブツブツいい、「稲穂のウエ−ブ」をみんなで、さぼり、ふてくされていました。

  ※→1960年代のことは、『BIG ME』の66p「若者たちの系譜」にかいてあります。 学園闘争は、『BIG ME』の73p「60年代の若者と私の青春時代」でかきました。

――すると、紋付き袴(もんつきはかま)に「八の字ヒゲ」をつけて、日の丸の白扇(はくせん)をもった、「早稲田命(ワセダいのち)」の応援団長が、
……「そこの連中! サボるな!」と叱責(しっせき)する……
 (○○! )と顔を見合わせて、気だるく「幽霊の手」のように動かす…それでOK…
 稲穂のウエ−ブも、幽霊の手も、ちがいはわかんない…そんな時代もありました。

             ヤントラ 波マ−ク                  

ザクロの赤い花が咲き、赤い実(み)が、実っています。ザクロの果実
まだ、はじけていないので、ギッシリとつまった粒が見えません。
ザクロの実は、「子どもの肉の味」がする……
という伝説があります。

むかし、インドに「人間の子どもを食う、夜叉(やしゃ)の鬼子母神(きしぼじん)」が、いて、ザクロの実の粒のようにたくさん自分の子どもがいたそうです。
 自分のたくさんの子達の内のたった1人の子を失って狂乱し、はじめて「子どもを奪われた、人間の、こころの痛み」を知り、仏教に帰依(きえ)して、大乗仏教の守り神になった、というお話です。
 
 ※→
鬼子母神
については、『BIG ME』 81p 「現代社会の背後に動く元型イメ−ジ」
 ※→大乗仏教については、『ヨガと冥想』 70p 「絶対はない。すべては変化する。」
                                           ◎日本の仏教は、よこ方向の大衆部大乗仏教

……入谷朝顔市のご本尊の、鬼子母神のお話をきいて、幼いわたしは、ザクロがこわくて、食べられませんでした。
 タブ−(禁忌)への挑戦を快感にする、生意気盛り(なまいきざかり)になると、ザクロを食べるのにも挑戦しました。
 甘酸っぱくて、おいしいかったですが、いかんせん、種が多く、食べるのがめんどくさい……ので、その後、あまり食べませんでした。

最近、ザクロは、「赤い果実」特有の「体の酸化=老化をふせぐ、ポリフェノ−ルが、たっぷりある」ということで、人気があるようです。
ザクロのジュ−スなども売っています。更年期の女性に、よいといわれています。

←★前へ 次へ★→

直線上に配置
トップページへもどる