[瞑想フォト・エッセイのトップページ]内藤 景代(NAYヨガスクール主宰)公式サイト BIG ME club のトップページへNAYヨガスクール(内藤景代・主宰)トップページへ☆更新記録☆内藤景代・NAYヨガスクール関連サイト 最新のお知らせの記録 new 最新号 内藤景代(Naito Akiyo) です。ヨガと瞑想、呼吸法*NAYヨガスクールを主宰しています。
内藤景代の瞑想フォト・エッセイ☆BIG ME club 内藤景代公式サイト A akiyo
 ヨガと瞑想による「気づき」で、自分と世界が広がる、こころ豊かに季節を感じるフォト・エッセイ
2019年10月1日(火)☆花の中に花が咲く、ブーゲンビリアは紅葉、秋桜と百日草の桃,藤,白,黄。とんぶりになるホウキグサ紅葉。秋の花16枚、笑う花虎の尾、蔓草の縷紅草.と仙人草。マリーゴールドに蜆蝶ペア。黄緑に赤い帯の大透かし羽、千手観音の鳥羽蛾。揚羽蝶の飛翔。秋空と雲14枚(うろこ雲・木洩れ日・白猫)。小鷺《光》オーラほかサギ(鷺)たち6枚。翡翠たちの物語6枚。紅白の錦鯉など56枚写真と“言葉”を【二重(ダブル)イメージ】で観じて〔新しい方向性を、深く考えるため〕のご参考になれば幸いです。《花と緑と翼あるもの◎翡翠の親子・小鷺・大鷺・青鷺・鵜・雉子鳩、大透かし羽・鳥羽蛾・揚羽蝶、蜆蝶、鯉と猫、秋空と花の瞑想=観想としてもお楽しみください。花と緑と翼あるもの◎翡翠の親子・小鷺・大鷺・青鷺・鵜・雉子鳩、大透かし羽・鳥羽蛾・揚羽蝶、蜆蝶、鯉と猫、秋空と花の瞑想=観想#1#2☆ブーゲンビリア 花。-1 -2 #3☆ブーゲンビリア 中央の3本が、花。-3 #4☆ブーゲンビリア-4 [紅葉]する前の包葉(ほうよう)#5☆ハナトラノオ(花虎の尾)-1 カクトラノオ(角虎の尾)#6☆ハナトラノオ(花虎の尾)-2 シソ(紫蘇)科 #7☆ルコウソウ(縷紅草 るこうそう) -1 蔓草(つるくさ)#8☆ルコウソウ(縷紅草)-2 蔓草 紅い小花 #9☆センニンソウ(仙人草) 蔓草 白い花 #10☆ホウキグサ(箒草)実(み)は“とんぶり”#11☆青い花 露草(つゆくさ) 青露草黄色花広場 #12☆秋空と雲-1 縦(|)と横(―)がつくる十(クロス) #13☆百日草(ヒャクニチソウ)-1 桃,藤,白, 花の中に、花 #14☆百日草-2 オレンジ.黄色. 花の中に、花 #15☆百日草-3 イエロー,クリーム, 花の中に、花 #16☆秋空と雲-2 鱗雲(うろこぐも)-1 #17#18☆コスモス(秋桜)にアゲハチョウ(揚羽蝶)-1-2 #19☆飛翔するアゲハチョウ(揚羽蝶)-3 #20#21☆マリーゴールドに蜆蝶(シジミチョウ)ペア-1-2 #22☆タデ(蓼 たで) 白い花 #23☆秋空と雲-3 鱗雲-2と木洩れ日-1 #24☆オオスカシバ(大透かし羽)と藪枯らし(ヤブガラシ)#25☆トリバガ(鳥羽蛾 とりばが) #26☆秋空と雲-4 #27☆紫の花 #28#29☆黄色い花-1-2 #30☆紅い花 松葉牡丹(まつばぼたん) #31☆秋空と雲-5 木洩れ日-2 #32#33#34☆小鷺《光》オーラ-1-2-3 #35☆秋空と雲-6 #36☆アオサギ(青鷺)、キジバト(雉子鳩)、ウ(鵜)が並ぶ #37☆秋空と雲-7 #38☆ダイサギ(大鷺) 飛翔 #39☆秋空と雲-8 夕焼け-1 #40☆ダイサギ(大鷺)の向こうに コサギ(小鷺)が2羽 #41☆秋空と雲-9 夕焼け-2 #42☆秋の夕暮に来てくれた、錦鯉のゴマちゃん-1 #43☆右ヒレ欠けても元気! 錦鯉のゴマちゃん-2 #44☆紅白の錦鯉(にしきごい) 紅い鯉と白いゴマちゃん-3 #45☆秋空と雲-10 藤蔓と金木犀の向こうに鱗雲-3 #46☆カワセミ(翡翠) お魚キャッチ-1 横(―)くわえ #47☆カワセミ(翡翠) お魚キャッチ-2 縦(|)くわえ #48☆秋空と雲-11 #49☆探している…カワセミ(翡翠)-3 #50☆鳴いて呼ぶ…カワセミ(翡翠)-4 #51☆飛んできたカワセミ(翡翠)に羽根広げる翡翠-5 #52 ☆翡翠の母に自立をうながされ、小さくなる翡翠-6 #53☆秋空と雲-12 夕焼け-2 #54☆秋空と雲-13 鱗雲-4 #55☆秋空と雲-14 大きな白猫 #56☆畑(はたけ)の三毛猫(みけねこ) こころ と からだ コーナー「猫の集会」(NAY会員のページ)NAYヨガスクール体験記101「川を上れ 海を渡れ見ている猫(ネコ)シリーズ129 ●寒露 霜降神無月 
上弦10月6日満月10月14日下弦 10月21日
新月10月28日  19.10月ピックアップ写真[内藤景代の瞑想フォト・エッセイ]
今月の異名(いみょう)は神無月(かんなづき)
24節気  寒露 (かんろ)    10月8日 
霜降(そうこう) 10月24日

2019年 24節気 月の満ち欠け こちらへ
 ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
       ★今月のピックアップ写真 こちらへ
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
花の中に花が咲く、ブーゲンビリアは紅葉、秋桜と百日草の桃,藤,白,黄。とんぶりになるホウキグサ紅葉。秋の花16枚、笑う花虎の尾、蔓草の縷紅草.と仙人草。マリーゴールドに蜆蝶ペア。黄緑に赤い帯の大透かし羽、千手観音の鳥羽蛾。揚羽蝶の飛翔。秋空と雲14枚(うろこ雲・木洩れ日・白猫)。小鷺《光》オーラほかサギ(鷺)たち6枚。翡翠たちの物語6枚。紅白の錦鯉など56枚枚の写真と“言葉”を【二重(ダブル)イメージ】で観じて〔新しい方向性を、深く考えるため〕のご参考になれば幸いです。
花と緑と翼あるもの◎翡翠の親子・小鷺・大鷺・青鷺・鵜・雉子鳩、大透かし羽・鳥羽蛾・揚羽蝶、蜆蝶、鯉と猫、秋空と花の瞑想=観想
としてもお楽しみください。
**********************************************
NEW

ヨガの基本・方法・効果(内藤景代)」を更新しました。 ↓
  http://yoga.1ne.cc/

ヨガ(ヨーガ)を学ぼう! 基本から奥義まで
―とても奥が深いです!

「ヨガの基本・方法・効果(内藤景代)」に一覧表になっている
項目の下線はリンクしています。
それぞれのリンクを新しくしました。

短くまとまっている各項目なので、ご覧いただければ幸いです。
↓↓

ヨガ(ヨーガ)とは     ●種類は    起源は
目的は    ハタ・ヨガ(ヨガのポーズ)とは
ヨガとシャカとの関係は   仏教との関係は    ヨガとヨーガ 
ヨガの方法(やり方)は   
瞑想とは   呼吸法とは 
ヨガと健康     メンタルヘルス    美容・ダイエットは

ヨガと精神世界は
   自分探しは    自己実現は

NEW
[秋 シュリー(女神)ヤントラ 2019] 内藤景代(Naito Akiyo)作をつくり、
内藤景代(Naito Akiyo)公式サイトBIG ME club のトップページを更新しました。
   http://www.bigme.jp/

NEW
[秋 シュリー(女神)ヤントラ 2019]から
新しくリンクしたページに大きめのヤントラと
「5分間瞑想の方法」などを
掲載しています。瞑想(冥想)なさってみてくださいませ。
こちらへ ↓↓
   http://www.bigme.jp/0-aki-yantra-2019.html

**********************************************
**********************************************
『幸せになれる! いつでもどこでも「瞑想」入門』 電子書籍  内藤景代・著 PHP研究所 NEW
電子書籍内藤景代・著40サイト新発売!
幸せになれる! いつでもどこでも「瞑想」入門
【電子書籍】
で発売されました。
スマホ・パソコン・タブレットで読める電子書
 Amazon Kindle紀伊國屋書店hontoNeowingソニー楽天、 bookwalkerBookLive、 セブンネット ヨドバシYahoo! 
  Googleなど40サイトで順次アップされます  こちらへ
http://www.nay.jp/11.5.29-php-bunko-cover-big..htm

※【Googleの「ためし読み」ページ】は充実しています。スマホ・パソコン・タブレットで読めます。初心にかえり、ご覧いただくのもおすすめです。

#【内容紹介】
立っても座っても、寝ても、歩いても、どこでも、いつでもできます。
通勤電車で、オフィスで、お風呂上がりに……あなたも気軽に瞑想生活を始めてみてください。その効果は、頭がすっきりすることはもちろん、体のめぐりがよくなる 人にやさしくなれる 自分に自信がみなぎる ◎よい縁を引き寄せる 判断力がさえる 幸せな気分で満たされる など、いいことづくめです。

#【目次】 第1章 瞑想の基本/ 第2章 人間関係に効く瞑想第3章 恋愛に効く瞑想/ 第4章 仕事に効く瞑想/ 第5章 美容・健康に効く瞑想/ 第6章 ツキの波に乗る瞑想
http://www.nay.jp/11.5.29-php-bunko-cover-big..htm

この本についての打ち明け話は、こちらへ
new 2011年3月11日(金) 3時 編集とイラストと著者・内藤景代の打ち合わせがあり、東日本大震災のさなか・・揺れながら、不安な《気》をしずめながら、落ち着きを体感し、『幸せになれる!いつでもどこでも「瞑想」入門』のイラストレーターが瞑想のコツをつかんだ…あの日。そのお話は こちら↓↓
http://www.bigme.jp/00-11-06/11-06-01/11-06-4.htm
だから、イラストに実感がこもってます。
男性にも、女性にも、いい本です。おすすめです。


≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
 NAYヨガスクール(内藤景代・主宰)
        http://www.nay.jp/

西新宿スタジオはレッスン場所が5階です

 →→内藤景代のレッスン ご案内 こちらへ
                
http://www.nay.jp/0-a-c/a-mys.html
   
     10月  new 11月 New 12月


 詳細はこちらへ       お申し込みは、こちらへ
●はじめてのかたも●さらにヨガを深めたいかたも●ご遠方のかたも日帰りで     
  集中レッスン・セミナー
     http://www.nay.jp/5-nay/5-shuchu.htm
    
10月27(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
                 〔3時間の集中レッスン・セミナー
                     2:305:30 (開場:2:15) マイスタジオ 5階・5C

11月24(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
                 〔3時間の集中レッスン・セミナー
                     2:305:30 (開場:2:15) マイスタジオ 5階・5C

12月22(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
                 〔3時間の集中レッスン・セミナー
                     2:305:30 (開場:2:15) マイスタジオ 5階・5C
**********************************************
**********************************************

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ブーゲンビリア  花。-1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆はじめて見たのが、南の国だったので、
[南国で咲きほこる、情熱的な紅い花]
のイメージが強かったブーゲンビリア。

熱い国の高い樹上で
咲きみだれているせいか、薄い花びらがパサパサしている…
という印象をもっていました。↑↓

ところが、日本でも見かけるようになり、
この[内藤景代の瞑想フォト・エッセイ]でも、
撮影した写真を掲載したことがあります。

そのとき、調べてみると、[情熱的な紅い花]にみえたのは、
包葉(ほうよう)で、花びらのふりをしていたわけでした。

→紅いポインセチアや、白いハナミズキ(花水木)などと【同じ】
花の仕組み(構造)です。

いわゆる[花]は、3枚の紅い花びら(のようにみえる包葉)
に包まれて、まん中に紅いシベ(蕊)のように立っています。

3本の細く紅い柱のようなものが[花]です。
上の写真・左。 ↑
その[花]の先端が開くと、白い小さな花が咲きます。
上の写真・右。 ↑

要するに、[情熱的な紅い花]と想っていた
南国のブーゲンビリアの[花]は、
可憐な白い小花なのです


まるで、少女が、おとなの紅いドレスを着て、
レディ(淑女 しゅくじょ)のふりをしているような[花]。
それが、ブーゲンビリアの[花]です。

その努力(?)が、健気(けなげ)で、いとしくて、
夏から秋と変容(メタモルフォ-ゼ)の過程(プロセス)を
とりためています。ご覧いただければ幸いです。 ↑↓↓↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ブーゲンビリア  花。-2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ブーゲンビリア 中央の3本が、花。-3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆今年は、梅雨(つゆ)が長く、〔日照時間〕が短く、
「夏の花」は、咲きにくい気候でした。
たとえば、ゴーヤの黄色い雌花(めばな)も、ほとんど咲かない。

それで、ブーゲンビリアの[花]も、
緑の葉と薄紅色(うすべにいろ)がまじり、
さわやかな[花]になっているまま…でした。

中央の細い花は、白く、まるでシベ(蕊)のようです。
↓↓
花びらにみえる包葉の葉脈(ようみゃく)が透けてみえ、
涼やかではあるが、葉っぱの出自は隠せない・・・。

黄緑の葉にまじった、薄紅色の透明感のある[花]。

この淡い色の風味(ふうみ)が好き、というかたもいます。
[情熱的な紅い花]は、ツーマッチ(too much)で、
あまり好まない、、、というかたです。

お好みは、ひとそれぞれなので((笑))

☆長いあいだ、薄いピンクの花だったブーゲンビリア。
今年は、〔日照時間〕の関係などで、
このまま、ピンクの花でおわるのか…
と想っていましたが・・・・

秋になると、あの[南国で咲きほこる、情熱的な紅い花]に、
変容(メタモルフォ-ゼ)していきました。
それが、上記の3枚の写真です。↑↑↑

秋になったので、包葉という葉っぱは、
[紅葉]した・・・・ともいえます。

――そうすると、すんなり、自然な〔変化〕です。

ところが、あの[南国の情熱的な紅い花]である
ブーゲンビリアなので、
40度前後の日々もあった今年の夏に[紅葉]せず、
夏ではなく、秋に[紅葉]した…というと、
めずらしいことのように感じてしまいます。

不思議なものです。

紅葉の秋、ブーゲンビリアというと、
やはり…違和感があり、へんな気がなさいますか((笑))

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブーゲンビリア   [紅葉]する前の包葉(ほうよう)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑☆ブーゲンビリア-4 [紅葉]する前の包葉(ほうよう)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆長いシッポ(尻尾)をピ―ンと立てたような
緑の花穂を、虎の尾(とらのお)に[見立て]た花。

ハナトラノオ(花虎の尾)に 久しぶりに会いました。

そういえば、先月まで連載していた
[立派なキジトラ(雉虎)シッポ(尻尾)ピーン]
のイメージにも似ています。
そのお話と写真はこちらへ ↓↓↓↓
  http://www.bigme.jp/00-19-09/19-9/19-9.html

☆ハナトラノオ(花虎の尾)の花穂は、下から順に、
小さなピンクの花を咲かせていきます。
花が咲き上がっていく、、、ともいえます。

その期間が長いので、ピンクの段々の花が
夏から秋深くまで咲き続けます。

☆別の名でいうと、カクトラノオ(角虎の尾)。

というのも、ハナトラノオ(花虎の尾)は、
花穂が四角錐(□△)
のようになっているからです。
その先端が、トラ(虎)のしっぽ(尻尾)のようになる。

四角錐(□△)の四方から、
突き出すように花が咲いていきます。


シソ(紫蘇)科 ハナトラノオ(花虎の尾)属 。


※ [見立て]【メタファー】(暗喩・隠喩)こちらへ↓
  http://www.bigme.jp/00-0-01-2-essay-news-2002-08/2002-08-20/2002-08-20.htm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ハナトラノオ(花虎の尾)  別名:カクトラノオ(角虎の尾)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ハナトラノオ(花虎の尾)-1  カクトラノオ(角虎の尾)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ハナトラノオ(花虎の尾)=カクトラノオ(角虎の尾)の
花は2センチほどのラッパ状唇形で、
内側に紅紫色の斑点(ドット)があります。↑↓

この花が、おもしろい〔かたち〕をしています。
下の写真です。 ↓↓

いかがでしょう? どう感じますか?

桃色のトラ(虎)、ピンク・タイガーが、
大きな口を開けて、咆哮(ほうこう)している顔…

やんちゃな  みそっ歯(ぱ)の 子どもが 大笑いの顔…

角度を変えれば、薄紅色(うすべにいろ)の可憐な花の塔…

いろいろなイメージが湧いてくるピンクの虎の尾です。

晩秋にも咲き続けているので、もし見かけたら、
遠くから近くから、上から下から斜めから・・・角度を変えて
いろいろな角度で、お楽しみください((笑))↓↓


ふんわりと垂れ下がって咲く、白い虎の尾、
オカトラノオ(岡虎の尾)
お話と写真はこちらへ
  http://www.bigme.jp/00-19-06/19-6/19-6.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ハナトラノオ(花虎の尾)  シソ(紫蘇)科
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ハナトラノオ(花虎の尾)-2  シソ(紫蘇)科
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ハート型の葉に、紅色の花を咲かせる蔓草(つるくさ)、
ルコウソウ(縷紅草 るこうそう) が絡みながら、
広がって咲いています。下の写真2枚。 ↓↓

縷(る ル)というのは、とても細い糸のことです。

縷々と語る(るるとかたる)というのは、
詳細に、細々(こまごま)と お話すること。
ざっくり語る、さくっと話す、の反対です。

ルコウソウ(縷紅草)には
葉が、裂けていて、もみじ(紅葉)のような、
モミジルコウソウ(紅葉縷紅草)があります。
お話と写真はこちらへ
  http://www.bigme.jp/00-11-10/11-10-1/11-10-1.htm

葉が緑の細い糸のように裂けている、
ルコウソウ(縷紅草)
もあります。
お話と写真はこちらへ
  http://www.bigme.jp/00-11-11/11-11-1/11-11-1.htm

ルコウソウ(縷紅草)は いろいろな種類があり、
紅い小花ですが、
その赤も、朱色・緋色・紅色・赤橙・緋紅(ひこう)色と、
すこしずつちがいます。

花の〔かたち〕も、丸や五角形などの朝顔のようなラッパ型。


☆さて、インドの古い“言葉”(梵語=サンスクリット)で
縦(|)の糸を〈スートラ〉、
横(―)の糸を〈タントラ〉
といいます。

ヨガでは、典〉を「縦(|)糸」
すなわち〈スートラ〉といいます。
『ヨガ・スートラ』は、『ヨガ根本
典』と翻訳されます。

古来から今まで、伝えられている真理や【本質】を、
縦糸(|)に [見立て]
ます。

布や絨毯(じゅうたん)を織る機織り(はたおり)では、
はじめに、縦糸(|)を上下に張ります。

次に、横糸(―)を、縦糸(|)にくぐらせていきます。
そして、意図(いと)する模様や布を織っていきます。

現実に、できあがった布や絨毯には、
縦糸(|)は、見えなくなっています

だから、ヨガでは、
真理や〈本質〉は、縦糸(|)のように、
織りこまれた状態で
現実には見えなくなっているが、
現実の現象を内部や深奥(しんおう)で支えている。
「ない」ように見えるが、しっかりと「ある」。
それが縦(|)の糸であり、【本質】である
、といいます。

縦(|)の糸(縦糸=スートラ)だけでは、
実際に目に見える〔かたち〕になりません。

横(―)の糸(横糸=タントラ)で、織物ができあがります。

縦(|)と横(―)の《経緯(けいい)》が、必要です。

それで、縦糸(スートラ)に伝わる「不変の本質(|)」を、
実際に現実(リアル)的に悟るために、
【呼吸している生きている体】を使って
瞑想したりポーズするヨガを、
「タントラ・ヨガ」
といいます。

〈崇高な縦糸=お経〉に対する、
〈現実(リアル)的な横糸=タントラ=実践〉
です。

「タントラ・ヨガ」は、「密教ヨガ」とも翻訳されます。
「タントラ・ヨガ」は、瞑想(冥想)やヨガのポーズなど、
【呼吸している生きている体】を味方にして
多層的な世界を悟っていく【方法】
です。

「タントラ・ヨガ」の中でも、
【呼吸している生きている体】
ポーズをするヨガを「ハタ・ヨガ」といいます。


★ヨガのポーズや瞑想・呼吸法は、
健康や美容に効くだけでなく、
本来は、
「今ここにある、目に見えない本質的な〃もの〃を感じ、
知る【方法】」なのです


このあたりの詳しいお話は、
ヨガと瞑想についてにかきました。 ↓↓
 http://www.bigme.jp/04-ym/index.htm

本では、ヨガと冥想に詳しくかいています。 ↓↓
   http://www.yoga.sakura.ne.jp/ym-book/

実際のポーズや呼吸法、瞑想の方法は、映像として
本 『ヨガと冥想』 (内藤景代・著)のDVD版があり、
内藤景代も出演しています。↓↓
    http://yogameisou.web.fc2.com/


DVD『ヨガと冥想』内藤景代・出演 は、
NAYヨガスクールで、通販しています。 ↓↓↓↓
  http://www.bigme.jp/06-book-cd/0-nay-tuhan/nay-tuuhan.htm

本 『ヨガと冥想』 (内藤景代・著)のDVD版です


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ルコウソウ(縷紅草 るこうそう) 蔓草 紅い小花
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ルコウソウ(縷紅草 るこうそう) -1 蔓草(つるくさ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ルコウソウ(縷紅草 るこうそう) 蔓草 紅い小花
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ルコウソウ(縷紅草 るこうそう)-2 蔓草 紅い小花
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆「にすむ仙人(せんにん)」がいるような
仙境(せんきょう)に咲く、といわれる
白い蔓草(つるくさ)、仙人草(センニンソウ)。

縦(|)と横(―)の花びら4弁がつくる十字(クロス)の
白い小花
です。↓

キンポウゲ(金鳳花)科。

川べりの植えこみに、緑のツル(蔓)を絡ませ、
水べにそって、大きく広く、
伸び広がっている白い蔓草、仙人草のそばにいると、
涼やかで  清らかな《氣》がみちてきました。

都内の住宅地の、塀(へい)に 絡みついている
仙人草とは別の、ちがう香りがするようです。

☆小さな乾いた果実(痩果=そうか)がみのると、
仙人のヒゲのような綿毛(わたげ)ができます。
それが、仙人草という、名の由来です。

そのお話と[仙人のヒゲ]写真こちらへ
  http://www.bigme.jp/00-18-12/18-12/18-12.html

十字(クロス)をつくる白い小花、仙人草は こちら
http://www.bigme.jp/00-18-10/18-10/18-10.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
センニンソウ(仙人草) 蔓草(つるくさ) 白い花
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎センニンソウ(仙人草) 蔓草(つるくさ)白い花 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ほわほわの黄緑のかたまりだったホウキグサ(箒草)。
夏から秋にかけて、下からだんだん紅くなってきました。

秋のさかりには、すべて深紅に色づきます。

ホウキグサ(箒草)の実(み)は“とんぶり”

プリプリした食感(しょくかん)が“キャビア”と【同じ】と感じた、
グルメの作家・開高 健(かいこう けん)により
畑のキャビア】と命名され、東北地方だけでなく、
全国で食べられるようになりました。

それ以前は、土地のひとたちだけで食べていた‥‥。

というのも、 ホウキグサ(箒草)は、
掃除用具の草箒(くさぼうき)を作るものなので、
その草の実“とんぶり”を、お客様に料理として出すのは、
失礼だと想われていたからです。

その“とんぶり”のお話と写真は こちらへ
http://www.bigme.jp/00-0-01-2002-09-essay/02-09-07/02-09-07.htm

☆“とんぶり”は、一粒が2ミリメートルほどで
黄色っぽい、小さな新芽(しんめ)が包みこまれています。 

パックになった市販のものを酢醤油(すじょうゆ)で、
そのまま食べると、ぷりぷりして美味しいです。

☆“とんぶり”は、中国の漢方の辞典
『神農本草(しんのうほんぞうきょう)』に
「地膚子(じふし)」としてのっている漢方薬でもあります。
 
“とんぶり”は、日本でも,古くから,
強壮強精剤や不老長寿の薬として使われてきたそうです。

目の疲れを癒し、肝臓の炎症に効果があるともいわれ、
泌尿器系の治療や腎炎の予防になるそうです。

ホウキグサ(箒草)の紅葉のプロセス(過程)
お話と写真は こちらへ http://www.bigme.jp/00-0-01-2002-09-essay/02-09-08/02-09-08.htm
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ホウキグサ(箒草)  実(み)は“とんぶり”
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ホウキグサ(箒草)  実(み)は“とんぶり”
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆2枚の青い花びらが儚げ(はかな)な 露草(つゆくさ)。

露(つゆ)のように、朝のうちだけしか咲かない、青い花。

……ではありますが、意外に強靱(きょうじん)です。

とくに今年は、長く咲き続けています。
ひとつ枯れても、次々に開花して、
梅雨(つゆ)から夏、そして秋にかけて咲いています。


それだけでなく、丈(たけ)の高い草に囲まれていると、
1メートル以上に伸びている露草も、あちこちで見ます。

30センチメートルほどの高さで咲くのが、
露草だと想っていたので、
黄色い花といっしょに、
丈(たけ)の高い露草が、ゆれながら野原に咲いていると、
めずらしい光景をみた気がして、うれしくなります。

青露草黄色花広場。

下の写真です。 ↓

こんなイメージのテキスタイルで布地があると、
ワンピースやスカーフ、カーテンやインテリア小物などに、
おしゃれかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
青い花 露草(つゆくさ)青露草黄色花広場
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎青い花 露草(つゆくさ) 青露草黄色花広場
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
秋空と雲 縦(|)と横(―)がつくる十(クロス)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎秋空と雲-1 縦(|)と横(―)がつくる十(クロス)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

100日=百日(ヒャクニチ)咲くので、
百日草(ヒャクニチソウ)
と名づけられた花。

桃色、藤色、オレンジ、橙色、黄色、イエロー、クリーム…
それらのミックスと 色彩ゆたかな花が、百日草です。

別名は、浦島草(うらしまそう)。

学名のZinniaから、ジニアとよばれます。
ヒャクニチソウ ジニア・エレガンスともいいます。


☆百日草(ヒャクニチソウ)は、キク(菊)科

なので、【舌状花】と【筒状花】(または【管状花】)
多層的な仕組み(構造)
になっています。

それが、100日=百日(ヒャクニチ)咲く【秘密】です。

外側の花びらにみえる[花]が、【舌状花】
内側のシベ(蕊)の集まりのような【筒状花】【管状花】)。
どちらも、[花]です。

いわば、「花の中に、花がある」といえます。

【舌状花】という花の中に、
【筒状花】【管状花】)という花が、ある。

この2層的な構造が「時間」を生きのびさせる【秘密】です。

秋に華やかに【舌状花】が開き、そして、散る。
けれども、【筒状花】(【管状花】)は、咲き続けます。
晩秋から初冬になっても。

寒い日に、テントウムシ(天道虫)やハチ(蜂)、
シジミチョウ(蜆蝶)などの小さいチョウ(蝶)たちが、
【筒状花】【管状花】)にとまり、
じっと動かずに蜜(みつ)を吸っている姿(すがた)……
なんども見ています。

かれら小さい生きものたちにとって、
花のない時季の 非常用の花】なのでしょう。

今の時季は、大きな花の中に
小さな花が咲き、
「花の中に、花がある」ので
豊かな彩り(いろどり)を楽しめます。

花壇の定番(スタンダード)の花です。

お散歩のときに、あちこちで見せていただくと、
楽しみが広がることでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
百日草(ヒャクニチソウ) 桃,藤,白, 花の中に、花
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎百日草(ヒャクニチソウ)-1 桃,藤,白, 花の中に、花
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
百日草  オレンジ.黄色. ;花の中に、花
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎百日草-2 オレンジ.黄色.  花の中に、花
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
百日草-3  イエロー,クリーム,  花の中に、花
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎百日草-3 イエロー,クリーム, 花の中に、花
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
秋空と雲  鱗雲(うろこぐも)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎秋空と雲-2 鱗雲(うろこぐも)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆オレンジ色のコスモス(秋桜)に
クリーム色のアゲハチョウ(揚羽蝶)がとまっています。

コスモス(秋桜)もキク(菊)科なので、
【舌状花】と【筒状花】(=【管状花】)が
[花]をかたちづくっています。

花びらの【舌状花】にとまり、
羽根を閉じて、
【筒状花】(=【管状花】)の蜜(みつ)を吸っています。↓

ひらひらと飛ぶ アゲハチョウ(揚羽蝶)。

やっと…羽根を開いた姿(すがた)を撮影できました。

わたしとしては、はじめて見る模様です。

羽根のつけ根の部分が、焦げ茶の翼の模様…
羽根のまわりは、黒にちかいふちどり。↓↓

クリーム色のアゲハチョウ(揚羽蝶)なので、
《光》をあびたステンド・グラスのように見えます。

花から花へ、樹上へ……飛ぶ アゲハチョウ(揚羽蝶)。

追いかけて行くと・・・・車の通る道路へ出る、チョウ(蝶)。

(……これまで かな)
と想っていると、

花のない、緑の葉だけの樹にとまりそうになります。

が、、、飛翔する姿を撮影するのは、むずかしいです↓↓↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コスモス(秋桜)にアゲハチョウ(揚羽蝶)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎コスモス(秋桜)にアゲハチョウ(揚羽蝶)-1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コスモス(秋桜)にアゲハチョウ(揚羽蝶)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎コスモス(秋桜)にアゲハチョウ(揚羽蝶)-2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
飛翔するアゲハチョウ(揚羽蝶)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎飛翔するアゲハチョウ(揚羽蝶)-3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ひらひら飛ぶ チョウ(蝶)の撮影は、むづかしい
……と想っていると、
じっと動かないチョウ(蝶)がいます。

《聖母マリアの黄金の花》と いいわれる
マリーゴールドの
黄と濃いオレンジ色の花の上に、
白い小さなチョウ(蝶)がいます。

白いシジミチョウ(蜆蝶 しじみちょう)が
羽根を広げている
・・・ようにみえたのですが。


撮影しながら、花に近づくと、
2羽のシジミチョウ(蜆蝶 しじみちょう)でした。↓↓

マリーゴールドの花の上に、
白いシジミチョウ(蜆蝶)ペアが、じっとしていました。
いつまでも寄りそい、はなれない……。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
マリーゴールドに蜆蝶(シジミチョウ)ペア
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎マリーゴールドに蜆蝶(シジミチョウ)ペア-1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
マリーゴールドに蜆蝶(シジミチョウ)ペア
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎マリーゴールドに蜆蝶(シジミチョウ)ペア-2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆お赤飯(せきはん)に[見立て]られた、赤まんま。
イヌタデ(犬蓼)という名です。

白いタデ(蓼 たで)の花を 見かけました。

こちらは、白まんま? 
白米(はくまい)、銀しゃり?
でしょうか((笑))

タデ(蓼 たで)の花は、花びらをもたない花です。

タデ(蓼)科の花たちと、開花した写真とお話は こちらへ ↓↓
 http://www.bigme.jp/000-000-03-09/03-09-17/03-09-17.htm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
タデ(蓼 たで) 白い花
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎タデ(蓼 たで) 白い花
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
秋空と雲   鱗雲と木洩れ日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎秋空と雲-3 鱗雲と木洩れ日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆黄緑のからだ(体)に紅い横シマ帯(おび)を巻き、
透明な羽根で、ハチ(蜂)のように飛びまわる生きもの

綺麗な昆虫ですが、動きは すばやく、変則的で、
‥…‥…‥やっと 撮影できました。

それも、細く長い口吻(こうふん)で、
蜜(みつ)を吸っている姿(すがた)です。
花は、オレンジ色の小さな藪枯らし(ヤブガラシ)。
下の写真です。 ↓↓

透明な羽根は、ほとんど うつりませんが、
黄緑のからだ(体)に紅い横シマ帯は、鮮明です。

その名は、オオスカシバ(大透かし羽)。

ハチ(蜂)のような飛び方ですが、ガ(蛾)です。

こちらへ向かってくると、ハチ(蜂)と想い、
本能的に、からだ(体)が よけてしまいます。

その【人間心理】をねらって、
オオスカシバ(大透かし羽)は、
飛び方をハチ(蜂)に【擬態(ぎたい)】
しています。

すごい‥‥黄緑のガ(蛾)です。好きですが((笑))

☆白い小花のヤイトバナ(灸花 やいとばな)の葉に、
オオスカシバ(大透かし羽)は、卵を産みつけます。

それで、初秋のヤイトバナ(灸花)のそばにいると、
オオスカシバ(大透かし羽)に よく会います。
綺麗ですが、撮影はむづかしいです。

はじめてオオスカシバに会ったお話と写真は こちらへ
  http://www.bigme.jp/000-000-03-09/03-09-20/03-09-20.htm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オオスカシバ(大透かし羽)と藪枯らし(ヤブガラシ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎オオスカシバ(大透かし羽)と藪枯らし(ヤブガラシ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆変わったガ(蛾)といえば、
上記のオオスカシバ(大透かし羽)もそうですが、
トリバガ(鳥羽蛾 とりばが)も、変わった ガ(蛾)です。

小さくて、みつけにくいですが、
49種も、日本にいるそうです。

トリバガ(鳥羽蛾)は、トリバガ(鳥羽蛾)科。

今年の8月に、エジプト十字架の「T字」のような
白いトリバガ(鳥羽蛾)を掲載しました。
↓  

☆1センチメートルほどのトリバガ(鳥羽蛾)の羽根と足は、
縦(|)と横(―)がつくる「T字」
それに交差する「×(クロス)」。

「T」と「×」がつくるヤントラでした。
そして、「T」と「×」は、ゆらゆら~動く~~

白いトリバガ(鳥羽蛾)の〔かたち〕は ヤントラ的で、
瞑想(冥想)的なイメージが湧いてきます。

「T」と「×」がつくるヤントラのような
白いトリバガ(鳥羽蛾)
お話と写真はこちらへ
 http://www.bigme.jp/00-19-08/19-8/19-8.html


☆今月は、縦(|)と横(―)がつくる〔かたち〕
のお話をしていますので、復習(?)してみました((笑))

それで、蔵出し(くらだし)写真として、
以前に撮影した、茶色のトリバガ(鳥羽蛾)を紹介します。↓

縦(|)と横(―)のT字形の上に、丸い形がついている
「アンク」とよばれるエジプト十字架
に似ています。

それだけでなく、大乗(だいじょう)仏教の
「千手観音(せんじゅ かんのん)
」のようです。

手が千本(1.000本)もあって、慈悲(じひ)により、
救ってくださる観音菩薩(かんのん ぼさつ)。
金銀宝石・宝玉をつけた、菩薩(ぼさつ)です。

寺院に安置された[千手観音 菩薩]の像のように、
茶色のトリバガ(鳥羽蛾)は、多数の手や
ビーズのような飾りをもっています。
下の写真↓

けれども、千手観音の手のように、
いろいろな角度にまがって動いているのは、
手ではなく、【足】です。

静止している姿(すがた)ではなく、
現実(リアル)に、光をあびて、
呼吸している生きている体で、
なよやかに身をくねらせ、
ビーズの飾りをつけたような、
いくつもの【足】を微妙にうごかしている、
トリバガ(鳥羽蛾)は、不思議な生きものです。 ↓↓

☆菩薩(ぼさつ)とは、インドの梵語で、
「ボーディ・サットヴァ」を音写して漢字をあてたもの
です。

意味は、大乗仏教で【成仏を求める修行者】です。
如来(にょらい)に成ろうとする修行者が、菩薩です。

いいかえると、仏(ブッダ)になろうと、
成仏(じょうぶつ)を求める修行者が、菩薩です。


修行者の菩薩が、人びとを救う、
という信仰が大乗仏教にあります。


このあたりの詳細は、
内藤景代著『ヨガと冥想』 三段 をどうぞ。
http://www.yoga.sakura.ne.jp/ym-book/ym-mokuji-3.html 

三段
相対論―絶対はない。すべては変化する。
我執から、空へ。
無心・無我。


日本の仏教は、よこ方向大衆部・大乗仏教
あまた、おわする仏たち
                            

『ヨガと冥想』 内藤景代・著 実業之日本社刊
『ヨガと冥想』 内藤景代・著 実業之日本社刊
  http://www.yoga.sakura.ne.jp/ym-book/


※茶色のトリバガ(鳥羽蛾)掲載写真。こちらへ↓↓

 http://www.bigme.jp/000-000-05-11/05-11-10/05-11-10.htm

 http://www.bigme.jp/00-09-11/09-11-1/09-11-1.htm

 http://www.bigme.jp/00-08-11/08-11-1/08-11-1.htm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トリバガ(鳥羽蛾 とりばが)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎トリバガ(鳥羽蛾 とりばが)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
秋空と雲
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎秋空と雲-4  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
紫の花
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎紫の花 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
黄色い花
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎黄色い花-1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
黄色い花
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎黄色い花-2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
紅い花 松葉牡丹(まつばぼたん)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎紅い花 松葉牡丹(まつばぼたん)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
秋空と雲  木洩れ日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎秋空と雲-5   木洩れ日-2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆池のそばを散歩していると、
向こうから白く大きな鳥が飛んできます。

目の前の枝に、止まりました。

太陽の《光》を翼(つばさ)に浴びて、
発光体(はっこうたい)のように輝いています。


白いコサギ(小鷺)です。

呼吸している生きているコサギ(小鷺)の
からだ(体)から、
《光》オーラ=アウラ=オーロラ=ゆらめき=きらめき
が放射されているようにみえます



白い翼(つばさ)の燦めき(きらめき)が、
カメラにうつっていると、いいな……
と想い、何枚か撮影しました。

この[内藤景代の瞑想フォト・エッセイ]の読者のかたに
小鷺《光》オーラが、伝わればうれしいのですが…

以下に3枚、掲載します。
とても絵画的な写真になりました。
ご覧いただければ幸いです。 ↓↓↓↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
小鷺《光》オーラ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎小鷺《光》オーラ-1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
小鷺《光》オーラ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎小鷺《光》オーラ-2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
小鷺《光》オーラ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎小鷺《光》オーラ-3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
空と雲
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎秋空と雲-6
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆上記とは別の日。
陽があたる池の枝に、黒いウ(鵜)がいます。

その下に、アオサギ(青鷺)が止まっています。

すると、キジバト(雉子鳩 きじばと) が、飛んできて、
アオサギ(青鷺)の下に止まります。

キジバト(雉子鳩)の別名は、山鳩(やまばと)。

このような3羽のスリーショットは、
はじめて見ました。

ウ(鵜)は、上で胸をはって、上方を見あげています。
アオサギ(青鷺)は、目をそらし、知らんぷり……
キジバト(雉子鳩)も後ろを向いて、目線をはずす……

どこか、微妙(びみょう)な雰囲気がただよう枝の上・・・・
都会の距離感?

おもしろい情景でした。↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アオサギ(青鷺)、キジバト(雉子鳩) 、ウ(鵜)が並ぶ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎アオサギ(青鷺)、キジバト(雉子鳩) 、ウ(鵜)が並ぶ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
秋空と雲
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎秋空と雲-7
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆上記とは また別の日。

秋空の下を
大きな翼(つばさ)を広げ、
ダイサギ(大鷺)が飛翔しています。

池には、小波(さざなみ)が たっていました。↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ダイサギ(大鷺) 飛翔
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ダイサギ(大鷺) 飛翔
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
秋空と雲   夕焼け
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎秋空と雲-8   夕焼け-1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆上記とは またまた別の日。

夕暮れになると、単独行動のサギ(鷺)たちは、
あちこちから帰ってきます。

そして、一定の距離をおいて、集まり、休息します。

この日は、ダイサギ(大鷺)の向こうに
コサギ(小鷺)が2羽いました。

もっと暗くなると、サギ(鷺)たちもふえるのですが、
カメラにはうつらない……。

ライトをあてて、暗闇のサギ(鷺)たちがうつっていても、
白くぼんやりして「幽霊」(ゆうれい)たちのようです。

残念ながら お見せできません…。没(ぼつ)写真((笑))

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ダイサギ(大鷺)の向こうに コサギ(小鷺)が2羽
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ダイサギ(大鷺)の向こうに コサギ(小鷺)が2羽
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
秋空と雲   夕焼け
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎秋空と雲-9   夕焼け-2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


☆秋になって涼しくなれば、
右の胸ヒレが欠けた錦鯉(にしきごい)のゴマちゃんに、
また会えるでしょう……
と想っていましたが、
案の定(あんのじょう)でした((笑))

秋の夕暮れに、池にいくと、うす暗い中で、
白い錦鯉のゴマちゃんが来てくれました。

久しぶりでしたが、元気にぴちぴちして、
くねったり、ヘッドアップしたり、
変わらぬ姿(すがた)を見せてくれました。


その夕暮れの日をさかいにして、
昼間にも、よく出会えるようになり、うれしいです。

昼間、紅いコイ(鯉)がそばに来て、並ぶと、
白い錦鯉のゴマちゃんは、細いな…と想います。
たぶん、まだ若い錦鯉なのでしょう。↓↓↓


青味泥(あおみどろ)の池で、
いつの間にか、右の胸ヒレが欠けていた
ゴマちゃんのお話との写真はこちらへ
  http://www.bigme.jp/00-19-08/19-8/19-8.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
秋の夕暮に来てくれた、錦鯉のゴマちゃん
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎秋の夕暮に来てくれた、錦鯉のゴマちゃん-1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

右ヒレ欠けても元気! 錦鯉のゴマちゃん
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎右ヒレ欠けても元気! 錦鯉のゴマちゃん-2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
紅白の錦鯉(にしきごい) 紅い鯉と白いゴマちゃん
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎紅白の錦鯉(にしきごい) 紅い鯉と白いゴマちゃん-3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
秋空と雲  藤蔓と金木犀の向こうに鱗雲
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎秋空と雲-10 藤蔓と金木犀の向こうに鱗雲-3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆緑の藤蔓(ふじづる)と濃い緑のキンモクセイ(金木犀)
の向こうに、鱗雲(うろこぐも)が見える、秋の午後。

池に、蒼いカワセミ(翡翠 かわせみ)がいて、
お魚キャッチ! していました。

クチバシ(嘴)に、白っぽい魚を 横(―)くわえしています。

(これから食べるのかな)
と想って、撮影していると、食べません。

ロープ(綱)に つかまり、西を向いたり、
逆に、東を向いたり、上を向いたり、、、、、
結局、食べない。

☆そのうちに、キャッチした魚(さかな)を、
クチバシ(嘴)で 縦(|)に くわえます。
魚の あたま(頭)が前で、
魚の しっぽ(尻尾)はクチバシ(嘴)の中です。

これでは、呑みこめません。

そして、ふたたび 西や東や上を向いたり、、、、、
結局、食べません。

15分以上はつきあえませんので、
疑問を残して、立ち去りました。

その後、帰宅して、写真をみて、
この【体の言葉(ボディーランゲージ)】は、
[求愛給餌(きゅうあい きゅうじ)]

かもしれない、と想いました。

お相手に食べやすいように、
魚の あたま(頭)をさしだす行為です。

その魚を相手が食べてくれれば、OKサイン。

たぶん、そうではなかろうか…と想っていました。

ところが、その後、別のシーン(場面)をみて、
ちがう状況を感じました。

下の写真↓でどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カワセミ(翡翠) お魚キャッチ!  横(―)くわえ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎カワセミ(翡翠) お魚キャッチ-1 横(―)くわえ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カワセミ(翡翠) お魚キャッチ  縦(|)くわえ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎カワセミ(翡翠) お魚キャッチ-2 縦(|)くわえ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

秋空と雲
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎秋空と雲-11
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
探している…カワセミ(翡翠)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎探している…カワセミ(翡翠)-3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆上記とは別の、晴れた午後。
大きな木の陰(かげ)に、カワセミ(翡翠)が1羽います。

影(シャドー)になって、よくみえませんが、
のど元など、顔が黒っぽいカワセミ(翡翠)です。上の写真↑

西や東や上を向いたり、、、、、落ちつきません。

なにか……を 探している ようです。

そのうち、大きな口をあけて、するどく鳴きます。

鳴いて 呼んでいるようです。

下の写真です。↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鳴いて呼ぶ…カワセミ(翡翠)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎鳴いて呼ぶ…カワセミ(翡翠)-4
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆すると、鳴き声に答えるように、
一羽のカワセミ(翡翠)が飛んできて、
【同じ】ロープ(綱)の上に、
距離をおいて、止まりました。
下の写真です。↓

木陰(こかげ)にいた、はじめのカワセミ(翡翠)は、
カワセミ(翡翠)のいる明るいほうへ、移動します。

はじめのカワセミ(翡翠)は、
ロープ(綱)を歩いて、
新しく飛んできたカワセミ(翡翠)に近寄ります。

そして、左右の羽根をふくらませて、
【呼吸して生きている体】を大きくみせます。

けれども、新しく飛んできたカワセミ(翡翠)は、
ツン という感じで、
反対を向いたままです。下の写真↓

【呼吸して生きている体】を大きくみせる行為は、
見ようともしません。
せっかくのパフォーマンス(行為)なのに…。

この【体の言葉(ボディーランゲージ)】は、
どこかで、、、見た・・・・と思い出しました


巣立ったばかりのスズメ(雀)のヒナが、
親にエサをねだっている〔かたち〕
です。

左右の羽根をふくらませて、
【呼吸して生きている体】を大きくみせ甘え、ねだる行為


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
飛んできたカワセミ(翡翠)に羽根広げる翡翠
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎飛んできたカワセミ(翡翠)に羽根広げる翡翠-5
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここで、先日のカワセミ(翡翠)の行為と
今回の2羽のカワセミ(翡翠)が結びつきました


先日ののカワセミ(翡翠)は、オス♂がメス♀への
[求愛給餌(きゅうあい きゅうじ)]ではなく、
母がヒナへの給餌(きゅうじ)だったのではなかろうか?


「明るく大きな場所へ出てきなさい。
木陰で引きこもっていないで。
こうして、キャッチしたお魚をあげるから」

という場面だったのかもしれない、と想像しました。

というのも、カワセミ(翡翠)のヒナの顔は、
のど元など、顔が黒っぽいからです。上の写真↑

そして、次の写真のように、
左でそっぽをむいていた母らしいカワセミ(翡翠)は、
明るいところにでてきたヒナ(幼鳥)に、
右へ顔を向けて お説教(せっきょう)しているようでした。

「甘えてもダメ。
もう からだ(体)も でかいんだから。

自分で、お魚キャッチ!しなさい。
水に飛びこんで。
水を恐れないで。
こわがらずに。
練習しなさい。」

面とむかって、母に お説教されたヒナ(幼鳥)は、
シュンとして、空気がぬけたように、
小さくなっていました。下の写真↓


カワセミ(翡翠)母さんの、子育てから
巣立ちの指導は、大変なようです。

引きこもらずに、いかに明るい場所に出て、
つめたい水にも飛びこめるようになるか。

カワセミ(翡翠)のヒナ(幼鳥)だって、
【生まれて数ヶ月】でクリアするには、大変です。

《自立をうながされ、小さくなる翡翠》にも同情します。

がんばれよ。母も子も。
と応援の想いを送りました。
《共感》をこめて((笑))

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
翡翠の母に自立をうながされ、小さくなる翡翠
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎翡翠の母に自立をうながされ、小さくなる翡翠-6
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
秋空と雲  夕焼け
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎秋空と雲-12  夕焼け-2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
*---*---*---*---*
寒露 (かんろ)    10月8日 

寒露 (かんろ) は、24節気のひとつで
「寒くなった〈陰の気〉に合わせて、大気が(つゆ)を結び、
それが凝る時季」です。

霜降(そうこう) 10月24日

霜降(そうこう) は、24節気のひとつで
(しも)がふりはじめる時季で、紅葉が始まる頃」です。

*-------*----------*---------*
今月、ご紹介した花や生きものは《花と緑と翼あるもの◎翡翠の親子・小鷺・大鷺・青鷺・鵜・雉子鳩、大透かし羽・鳥羽蛾・揚羽蝶、蜆蝶、鯉と猫、秋空と花の瞑想=観想》としてもお楽しみください 以下に、56枚の順をかきます。

**********************************************

花と緑と翼あるもの◎翡翠の親子・小鷺・大鷺・青鷺・鵜・雉子鳩、大透かし羽・鳥羽蛾・揚羽蝶、蜆蝶、鯉と猫、秋空と花の瞑想=観想》56枚

#1☆ブーゲンビリア 花。-1
#2☆ブーゲンビリア 花。-2
#3☆ブーゲンビリア 中央の3本が、花。-3
#4☆ブーゲンビリア-4 [紅葉]する前の包葉(ほうよう)
#5☆ハナトラノオ(花虎の尾)-1 カクトラノオ(角虎の尾)
#6☆ハナトラノオ(花虎の尾)-2  シソ(紫蘇)科
#7☆ルコウソウ(縷紅草 るこうそう) -1 蔓草(つるくさ)
#8☆ルコウソウ(縷紅草 るこうそう)-2 蔓草 紅い小花
#9☆センニンソウ(仙人草) 蔓草(つるくさ)白い花
#10☆ホウキグサ(箒草)  実(み)は“とんぶり”
#11☆青い花 露草(つゆくさ) 青露草黄色花広場
#12☆秋空と雲-1 縦(|)と横(―)がつくる十(クロス)
#13☆百日草(ヒャクニチソウ)-1 桃,藤,白, 花の中に、花
#14☆百日草-2 オレンジ.黄色. 花の中に、花
#15☆百日草-3 イエロー,クリーム, 花の中に、花
#16☆秋空と雲-2 鱗雲(うろこぐも)-1
#17☆コスモス(秋桜)にアゲハチョウ(揚羽蝶)-1
#18☆コスモス(秋桜)にアゲハチョウ(揚羽蝶)-2
#19☆飛翔するアゲハチョウ(揚羽蝶)-3  
#20☆マリーゴールドに蜆蝶(シジミチョウ)ペア-1
#21☆マリーゴールドに蜆蝶(シジミチョウ)ペア-2
#22☆タデ(蓼 たで) 白い花
#23☆秋空と雲-3 鱗雲-2と木洩れ日-1
#24☆オオスカシバ(大透かし羽)と藪枯らし(ヤブガラシ)
#25☆トリバガ(鳥羽蛾 とりばが)
#26☆秋空と雲-4
#27☆紫の花
#28☆黄色い花-1
#29☆黄色い花-2
#30☆紅い花 松葉牡丹(まつばぼたん)
#31☆秋空と雲-5 木洩れ日-2
#32☆小鷺《光》オーラ-1
#33☆小鷺《光》オーラ-2
#34☆小鷺《光》オーラ-3
#35☆秋空と雲-6
#36☆アオサギ(青鷺)、キジバト(雉子鳩)、ウ(鵜)が並ぶ
#37☆秋空と雲-7
#38☆ダイサギ(大鷺) 飛翔
#39☆秋空と雲-8 夕焼け-1
#40☆ダイサギ(大鷺)の向こうに コサギ(小鷺)が2羽
#41☆秋空と雲-9 夕焼け-2
#42☆秋の夕暮に来てくれた、錦鯉のゴマちゃん-1
#43☆右ヒレ欠けても元気! 錦鯉のゴマちゃん-2
#44☆紅白の錦鯉(にしきごい) 紅い鯉と白いゴマちゃん-3
#45☆秋空と雲-10 藤蔓と金木犀の向こうに鱗雲-3
#46☆カワセミ(翡翠) お魚キャッチ-1 横(―)くわえ
#47☆カワセミ(翡翠) お魚キャッチ-2 縦(|)くわえ
#48☆秋空と雲-11
#49☆探している…カワセミ(翡翠)-3
#50☆鳴いて呼ぶ…カワセミ(翡翠)-4
#51☆飛んできたカワセミ(翡翠)に羽根広げる翡翠-5
#52 ☆翡翠の母に自立をうながされ、小さくなる翡翠-6
#53☆秋空と雲-12 夕焼け-2
#54☆秋空と雲-13 鱗雲-4
#55☆秋空と雲-14 大きな白猫
#56☆畑(はたけ)の三毛猫(みけねこ)

*-------*----------*---------*
観想=瞑想は、むずかしくはありません。
考えるのではなく、
ふんわりと観てください。

眉間にしわをよせないで、
優しいまなざしで、観てください。
*-------*----------*---------*----------*
瞑想(冥想 メディテーション)とはこちらへ
まったく違う2つの「瞑想」 について
  イメージをみる瞑想と、みない瞑想とは こちらへ
瞑想(冥想)法=観想とは

→→→では、かんたんな瞑想をやってみよう!
NEW瞑想・冥想法-精神世界 ●「5分間瞑想法」(やり方) 
http://www.meisouhou.nay.jp/

NEWヨガと精神世界 内藤景代の本
→→ヨガと冥想(瞑想)の本・テーマ別のご紹介
    http://www.naito-hon.nay.jp/


ヨガと瞑想,呼吸法,精神世界についての質問(Q)と答(A)
http://meditationyoga.web.fc2.com/

ヨガ・瞑想DVD・CDの症状別・目的別「活用法」 こちらへ  
◎DVD・『ヨガと冥想』『やせるヨガ』『呼吸法』◎CD「寝る姿勢」での「脱力の瞑想」5種内藤景代・〔声〕
瞑想(冥想 メディテーション)とはこちらへ
まったく違う2つの「瞑想」 について。
  イメージをみる瞑想と、みない瞑想とは こちらへ
☆↓☆・・・・・・・・・・・・☆↓☆
  本『ヨガと冥想こちらへ 
   DVD内藤景代・出演 『ヨガと冥想』こちらへ
   CD内藤景代・声『くつろぎの瞑想』こちらへ
心の旅の案内書『冥想(瞑想)―こころを旅する本』 こちらへ
2色の図解ハッピー体質をつくる 3分間瞑想こちらへ
『冥想HOW TO』 こちらへ☆完全図解140枚のイラスト  

『幸せになれる! いつでもどこでも「瞑想」入門』(PHP文庫)
   new →→この本についての打ち明け話は、こちらへ
            http://www.bigme.jp/00-11-06/11-06-01/11-06-4.htm
new
★#『幸せになれる! いつでもどこでも「瞑想」入門』(PHP文庫)
    http://www.nay.jp/11.5.29-php-bunko-cover-big..htm
new 電子書籍発売 40サイト順次、アップされます。  
スマホ・パソコン・タブレットで読める電子書新発売!
    http://www.nay.jp/11.5.29-php-bunko-cover-big..htm

  Amazon Kindle紀伊國屋書店honto、 Neowing 、、ソニー楽天、 bookwalker 、BookLive、 セブンネット ヨドバシYahoo! 
 new Googleなど 40サイト順次、アップされます


本・書店 (新刊・古書・電子書籍 ) ネット書店新刊・古書) こちらへ 

new 内藤景代のAmazon著者ページ( 新刊・古書・電子書籍)

内藤景代の本 ・DVD・CD  [翻訳された本]をふくみます
====================
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
秋空と雲  鱗雲
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎秋空と雲-13 鱗雲-4    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

 こころ と からだ   コーナー 
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

大きな羊雲や小さな鱗雲(うろこぐも)が広がる
秋晴れの日はさわやかです。
夕焼けが綺麗な夕暮れになると風は涼しいです。
お元気におすごしですか?

涼しい秋の夕暮れになって、どことなく、
メランコリー(憂鬱 憂ウツ)になる時季です。

ハイ・テンションの熱い夏が終わり、しっとりしますが…
なんとなくブルー(蒼・青)な気分でも、
胸はほっとしてあたたかく、
お腹は熱い〔冷-暖-熱〕の
《氣》のグラデーション(階調)
なら、
秋の繊細なしっとりした風情(ふぜい)を楽しめるでしょう。

けれども全身がブルー(蒼・青)で冷え切ってしまうと、
【呼吸して生きている体】の変調すらきたします。

秋の情緒は素敵ですが、ブルー(蒼・青)な気分になり、
感傷(センチメント)にひたりきって、
深い穴からでられなくなるのは、困ります。

それで、新しく 小さな[秋 シュリー(女神)ヤントラ 2019] 内藤景代(Naito Akiyo)・作をつくり、
内藤景代(Naito Akiyo)公式サイトBIG ME club のトップページを更新しました。http://www.bigme.jp/

その 小さな[秋 シュリー(女神)ヤントラ 2019]から
新しくリンクしたページに大きめのヤントラと
「5分間瞑想の方法」などを掲載しています。
瞑想(冥想)なさってみてくださいませ。こちらへ ↓↓  
http://www.bigme.jp/0-aki-yantra-2019.html 

おまけとして[秋 シュリー(女神)ヤントラ 2019]を下に掲載。↓

「秋 シュリー(女神)ヤントラ 2019」 内藤景代・作

リンクしたページの[秋 シュリー(女神)ヤントラ 2019]
は「100×100ピクセル」と小さめなので、
スマホなどの「待ち受け画面」にもご利用いただけます。
おいそがしい毎日の暮らしのなかで、意識と呼吸を変えて、
30秒から1分でも、[秋 シュリー(女神)ヤントラ 2019]
で瞑想(冥想)なさることをおすすめします。

[秋 シュリー(女神)ヤントラ 2019]は、
下が紅、上が青の輪に囲まれた、
赤いシュリー(女神)ヤントラです。

まずはイメージを観て、次に目を閉じて再現し、
からだ(体)で感じるように、
段階的に瞑想(冥想)なさってくださいませ。


《光》の日照時間が少なくなると、
気分が滅入り、だれでも、ウツっぽくなります。

こういう時ほど、できるだけ、太陽の《光》をあびましょう。

朝、起きて、まず、太陽の《光》をあびると
活動的な交感神経が活性化し、
ウツっぽい気分はやわらぎます。

目を閉じて〈瞑目〉、
おでこ(前頭葉=前頭前野)の部分の
ヨガでいう〈第3の目〉のあたりに、
《光》をあてることがポイント
です。
30秒から1分でも、《光》をあててください。

おでこ(前頭葉)から視床下部(間脳)に
《光》がキャッチされると、
“自律神経”などが整います。


朝が無理なら、お昼でも、いつでもかまいません。

ベスト(最善)がダメなら、次善の策(ベター)でOK

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
空と雲   大きな白猫
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎秋空と雲-14 大きな白猫
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


===========================
〔見ている猫(ネコ)〕シリーズ、その129
===========================

☆野菜の収穫が終わり、
土(つち)を耕した(たがやした) あとで、
土を休ませている 畑(はたけ)。

広い土地が、焦げ茶色い更地(さらち)になっています。

そこに、なにやら動くものがいます。

セキレイ(鶺鴒)やムクドリ(椋鳥)たちが、土をほじくり、
虫をたべているようです。

その鳥たちをねらっているのか、
精悍(せいかん)な三毛猫(みけねこ)がいました。

茶と黒と白の迷彩色(めいさいしょく)で、
土色(つちいろ)の中にまぎれています。

こちらをみつめた目は、金目(きんめ)。

顔は、黒のハチワレに、
ひとすじ黒で、前髪ぱらり…の風情(ふぜい)です。

手足は白。

「畑(はたけ)の三毛猫」と名づけました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
畑(はたけ)の三毛猫(みけねこ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎畑(はたけ)の三毛猫(みけねこ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*~・~・~・~*~・~・~・~*~・~・~・~*~

  

NAYヨガスク-ルの会員のペ-ジ「猫の集会」10月号
アップしました。こちらへ  
http://www.nay.jp/0-seito-neko/index/index.htm


newShaw(ショー)さんは「ミルキャメ」仕方なく変な格好で((笑))

ちゅんさんは「ぐり と ぐら」 縦(|)と横(―)の鳥居の結界に御来光

Asamiさんは「鷺沼の猫たち」ストリングアート 糸の芸術

ちさとさんは「モロッコ(アフリカ) 75」  -7

SOLAさんは「そら君とあめちゃん」そら君、しっぽ(尻尾)だら~ん 

美樹さんは 「石神井池」[病(やまい)退散ー江戸の知恵と医術ー] .

Kayokoさんは「グローバル気候マーチ」ひとりで始めた16才の女子

mariko さんは「うちの猫」ラウル君の少年時代。白に茶のハチワレ

シンゴさんは作曲&シンセサイザー演奏【Drawing】13 「メモリー

Ryoさんは「ガザニア」 ギリシャ人「ガザ」

健治さんは「私の居場所」 三島駅周辺を散策-10

和之さんは「NAYヨガスクール体験記 101「川を上れ 海を渡れ」

☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
*~・~・~・~*~・~・~・~*

※追記: 内藤 景代 (ないとう あきよ)記

NAYヨガスクール体験記 101「川を上れ 海を渡れ」 


《悲しみとともに 汚れた布をめくっていくと、
死んだはずの赤ん坊は、 突如輝き、
生気に満たされて笑っているのだった。

それが僕の言葉だ。》
はい。《それが僕の言葉だ。》と、
“言葉”を守ったのですね。

アンデルセンの『人魚姫』は、地上を歩く【足】と
【引き替え】に、【人魚の“言葉”】を失いましたが…。

あなたは、自分で立つ【足】をもち、
奪おうとするものから“言葉”を守った……
一度、死んだはずの赤ん坊だった“言葉”は
甦(よみがえ)り、《突如輝き、 生気に満たされて
笑っている》

【これからです】ね。

“言葉”は人と人を結ぶものです。
あなたは、ひとりじゃない。
自分の【足】で立ち、“言葉”を使って、
新しい世界に踏み出してください。
「川を上れ 海を渡れ」
応援しています。

好きになったとおっしゃる ギリシャ・クロス(+)。 
ギリシャ・クロスは、縦(|)と横(―)の長さが【同じ】です。

理想などを象徴(シンボル)する縦(|)が長い
「ラテン十字架(クロス)」とは、そこがちがいます。

今のあなたに、次のヤントラを贈ります。
「ヤントラ ギリシャ・クロス 
  4面 座標軸 潜在能力」(内藤景代・作)

「ヤントラ 変わる自分と、変わらない自分。
 ギリシャ・クロス」とも名づけています。 

下に瞑想用の小さいギリシャ・クロスを掲載しました。
大きなギリシャ・クロスのヤントラにリンクしています。
瞑想なさってみてください。
あなたの潜在能力が湧いてきて、お力になれるでしょう。


ヤントラ ギリシャ・クロス
http://www.bigme.jp/00-03-frame-meiso/link-from-03-meiso/2003-05-25-kawru-kawaranai.htm

「ヤントラ ギリシャ・クロス 4面 座標軸 潜在能力」 内藤景代・作

☆今月は、共時性(シンクロした事象)的
「秋空と雲-1 縦(|)と横(―)がつくる十(クロス)」
「白い蔓草(つるくさ)、仙人草(センニンソウ)」なども掲載しています。
縦(|)と横(―)の瞑想としても どうぞ。


NAYヨガスクールの東新宿の教室
2015年にレッスン場所が〔新宿〕から〔西新宿〕に移転しました
→お話はこちらへ
  http://www.bigme.jp/00-15-01/15-01/15-01.html

瞑想用ヤントラ とは こちらへ ↓↓
http://yantra.client.jp/


ヨガと瞑想
まったく違う2つの「瞑想」
については、こちらへ↓↓

  http://yoga.1ne.cc/yoga-meditation-9.htm

ギリシャクロスダビデの星太極図
↓↓↓
★ギリシャクロス★ダビデの星★太極図のヤントラの〔かたち〕と
それぞれについての仕組み(構造)とお話とイラスト
などの詳細はこちらへ
『聖なるチカラと形・ヤントラ』 内藤 景代・著 実業之日本社・刊  ↓↓
  http://yantra.client.jp/

『聖なるチカラと形・ヤントラ』 内藤 景代・著 実業之日本社・刊
      『聖なるチカラと形・ヤントラ』 内藤 景代・著 実業之日本社・刊


2019年10月1日(火)[内藤景代の瞑想フォト・エッセイ]記
   http://www.bigme.jp/00-19-10/19-10/19-10.html

********************************************
 NAYヨガスクールのポリシー(創立理念) NAY SPIRIT IS BODY TRIP & MIND TRIP to SOUL in HEART
 NAY SPIRIT IS BODY TRIP& MIND TRIP to SOUL in HEART   since1976 
NAYヨガスクールの精神(スピリット)は 
心と体の旅により ハートにある魂たましいに出会うこと
   since1976  こちらへ    http://www.bigme.jp/nay-logo-hito-mark.htm
*~・~・~・~*~・~・~・~*
和之さん以外の
【◎ 9人のヨガ体験記―NAYのヨガで得られるもの】
のページ こちらへ

********************************************
はじめてのかたもさらにヨガを深めたいかたもご遠方のかたも日帰りで!
ヨガ・瞑想・呼吸法のコツ
集中レッスン・セミナー  こちらへ
http://www.nay.jp/5-nay/5-shuchu.htm
〈毎月1回☆日曜 3時間
内藤景代の集中レッスン
  お申し込みは、こちら

〔3時間で5,000円 〕       詳細はこちらへ               


内藤景代のヨガ・瞑想・呼吸法のコツお話と実技 レッスン場所こちら

内藤景代のレッスン ご案内 こちらへ
10月27日)2:30~5:30  (開場:2:15)マイスタジオ 5階・5C
11月24日)2:30~5:30  (開場:2:15)マイスタジオ 5階・5C
12月22日)2:30~5:30  (開場:2:15)マイスタジオ 5階・5C
#[瞑想フォト・エッセイのトップページ]
#[BIG ME club 内藤景代公式サイト
#[NAYヨガスクール(内藤景代主宰)公式サイト]
#[☆更新記録☆内藤景代・NAYヨガスクール関連サイト
   最新のお知らせの記録
]
#[ネイチャーフォト nature photo]
#[ヨガ(ヨーガ)の・基本・方法・効果(内藤景代) }
#[内藤景代の本 ・心に残る言葉1,2,3 ◎読者と内藤景代がつくるサイト }
#[〈成長物語〉としての、内藤景代の本たち。そのお話はこちら
内藤景代ヨガスク-ルは、NAYヨガスク-ル(内藤景代・主宰)と名称変更しています。1976年創立。2016年が創立40周年こちらへ
2015年にレッスン場所が〔新宿〕から〔西新宿〕に移転しました →お話はこちら
内藤景代とNAYヨガスクールの  四半世紀の歩みなど…》※追記
◎内藤景代の本・アマゾン キンドル電子書籍・DVD・CD一覧
        [翻訳された本]をふくみます

☆スマホ・PCでも読める電子書籍 Amazon Kindle版 6冊こちら

#[ネット書店(新刊・古書)]
【内藤景代のAmazon著者ページ】(新刊・古書・電子書籍)
全バックナンバー

     NAY SPIRIT IS BODY TRIP & MIND TRIP to SOUL in HEART
こちらへ

NAYヨガスクールの精神(スピリット)は 心と体の旅により ハートにある魂たましいに出会うこと   since1976 
☆NAYヨガスクール(内藤景代・主宰)の創立理念です。 ↑↑↑↑こちらへ

  ◎メ-ル    e@nay.jp
New☆関連ホ-ムペ-ジのご紹介☆
〔BIG ME club はじまりの物語〕   こちらへ
☆〔BIG ME(ビッグ ミー)とは〕 こちらへ

 【ヨガの基本・方法・効果(内藤景代)New

nature photo(ネーチャー フォト )New

内藤景代(NAYヨガスクール主宰)公式サイト BIG ME club 

    
NAYヨガスクール(内藤景代・主宰)公式サイト New
 
  
「ヨガ・瞑想・教室-NAYヨガスクールのご案内」New 

NAYヨガスクール会員の写真・エッセイ・演奏など「猫の集会