2002年10月4日(金) 
死と再生のイニシエーション(通過儀礼 イニシエイション」と植物神
キンモクセイ
『BIG ME』 わたし探し・精神世界入門
「死と再生のイニシエイション(イニシエーション 通過儀礼)」と
植物神
変容の物語 
キンモクセイ(金木犀 きんもくせい) 紅白ミズヒキ(水引 みずひき) 赤白 花 
ギリシャのディオニソス(ロ−マでは、バッカス)
「死と再生」を祝う酒(ぶどう酒、ワイン)による、陶酔の神
 闇の神 『聖なるチカラと形・ヤントラ ニ−チェの「3(三)様の変化
『ツァラトゥストラ』の変容の物語 
植物神の「死と復活」と陶酔 ワグナ−のオペラ 
ニ−チェ『悲劇の誕生』「太陽神のアポロ」崇拝
個人(ME)の「成長物語(ビルドゥンクス・ロマン)」
に欠かせない、「通過儀礼」であるイニシエイション(イニシエーション
赤いミズヒキ(水引)の(たね)が、どこからか飛んできたらしく、
気がついたら、うちのキンモクセイの根本(ねもと)に5本も! 咲いていました。 メデタイ! 
赤い水引でお祝いする「めでたい気分」まで、
運んでくれたようで、可愛い小さな花を見ると「胸が暖かく」なります。

                   キンモクセイの根本に咲いた、ミズヒキ

 ↑キンモクセイの根本に咲いた、赤いミズヒキ

うちのキンモクセイは、9月28日にかきましたように、
1回、ほぼ死んだように、根こそぎにされて、
20cmくらいの「切り株」だけになった体験をもっています。

それが、自分でも、葉をしげらせ、つぼみをつけ、
そして、今年はどんどん花を咲かせ(9月28日以降次々に開花)、
ミズヒキというほかの花にまで、木陰(こかげ)を提供して、
花を咲かせるような木に成長したわけです。

                                  <B>キンモクセイ</B>のつぼみと花

          ●キンモクセイのつぼみと花↑


死と再生の
イニシエイション
イニシエーション通過儀礼)
」の
象徴的なイメ−ジを感じます。

もともと、「死と再生の
イニシエイション(イニシエーション通過儀礼)
」は、
植物神(しょくぶつしん)」の
「死と復活、再生」の神秘を祝うものでした。

 だから、この「母なる大地」の自然界から、
赤いミズヒキが、お祝い
「のし袋の水引」のように届けられた感じで、
嬉しくなってしまいます。

 ……「意味のある偶然」、
物とこころの共時性シンクロニシティ)を感じます。

                                  ミズヒキ 白い下の部分
 9月29日にかいたようにほんとうに、
から見ると、赤いミズヒキは、「白」でした。


 ●から見ると、まさに「紅白」が上下になっている花でした。

                               ミズヒキ 横から見た部分

……とはいえ、ひとつの花が、
「2mm〜3mm」くらいで、
お米の粒(つぶ)より小さいです花です。
よく、こんな小さい花の特徴を発見し、
「紅白の水引」に見立てたものだなぁ〜と感心してしまいます。


植物神(しょくぶつしん)」の
「死と復活、再生」は、
たとえば、ブドウ(葡萄)の木の神が、
それを発酵させたお酒(ぶどう酒、ワイン)の神である、
「ギリシャのディオニソス(ロ−マでは、バッカス)」です。 


 ディオニソスもバッカスも
死と再生を祝う、酒(ぶどう酒、ワイン)」による、
陶酔の神
です。


近代の人間もまた、
「(植物)」と同じような体験、
すなわちイニシエイションが大切だ、というのが、
ニ−チェの「3様の変化」の話をふくむ
ツァラトゥストラ』の変容の物語です。


 ※→ニ−チェの「3様の変化」については、
       『BIG ME』42p と 
              『わたし探し・精神世界入門』288p


植物神の「死と復活」と陶酔の話は、
ワグナ−のオペラ
を論じた、
ニ−チェの『悲劇の誕生』の、
太陽神アポロ」崇拝に対する、
闇の神ディオニソス」の復権の話がくわしいです。


 後記: ※→ディオニソスバッカス)の信女が陶酔する姿の、
      ギリシャの壺絵は、
    『聖なるチカラと形・ヤントラ』 47p
        図5 「固い意識が溶けていく



後記:※→個人のためのイニシエイション
(イニシエーション 通過儀礼 秘儀参入)
と成人式などについては、こちらへ
【2003年1月15日(水) 
個人のためのイニシエイションのガイド・ブックと、女正月
「何のために? こんな試練が…」

http://www.bigme.jp/000-000-03-01/03-01-15/03-01-15.htm


後記:※→なまくらな息子・娘や大人をも鍛え直す、
江戸のイニシエーション(通過儀礼 イニシエイション)の場のお話や
それをかいた葛飾北斎の絵やなどのお話はこちらへ
【2002年年9月1日(日) 
江戸の名残のイニシエーション(通過儀礼 イニシエイション)の場で、「意味のある偶然=共時性(シンクロニシティ)」により、探していた白い花をみつけた…】
http://www.bigme.jp/00-0-01-2002-09-essay/02-09-01/02-09-01.htm



セミのさなぎからの脱皮」と
イニシエイション(イニシエーション通過儀礼)

見立て(メタファ−)の話は、8月3日にかきました。

 わたし達・現代人の
個人(ME)の「成長物語(ビルドゥンクス・ロマン)」
に欠かせない、
通過儀礼」であるイニシエイション(イニシエーションについては、
BIG ME』や
わたし探し・精神世界入門』にかいています。

「笑う鳥」で有名な
笑いカワセミ(ワライカワセミ)」を見た話は、また、明日

←★前へ 次へ★→

直線上に配置
トップページへもどる