2002年11月16日(土) 
「3様の変化」で、カラスウリは、山中を照らす灯りになる


秋の頃、バスで通りすぎた山の中で、
枯れ木の中に、ひとつポツンと灯りがともったような
赤いもの
が見えて、
「何だろう?」と長いあいだ、思っていました。

その後、秋の山道を歩いていたとき、
あの赤い灯りを見つけ、連れにきくと、
カラスウリと教えてくれました。

カラスウリが赤く実り、陽の光をうけて、
たくさん輝いている東京の空き地で、
カラスウリをつみ、籠(かご)に飾ってみました。

  胸にもポッと赤い灯りがともるような、
豊かで暖かい気持
になりました。

カラスウリの果実
  ↑●カラスウリの果実

 黄色と緑のシマもようカラスウリの果実が、
赤い実(み)に色づいていきます。
    そして、シマ模様が消えていきます。


 ●今年の夏は、『源氏物語』の「夕顔の花」探しになり、
怪我の功名(けがのこうみょう)で、
カラスウリ
の「白いレ−スのような花」が、
夜に咲いているのに、出会いました。
 8月29日にその、「水中の海月(くらげ)」のような、
カラスウリの花
をのせました。



夏の夜に開く「白いレ−スのような花」と、
秋の「赤い灯りのような果実」とのつながりが、
今年、やっと、わたしの中で関係づけられました。

 その感動(?)を、10月1日の、
カラスウリの3様の変化」として、
ニ−チェの『ツァラトゥストラ』に模してかきました。


カラスウリの「成長物語」=「ビルドゥンクス・ロマン」は、
「ひとのこころの成長物語」の「見立て(メタファ−)」にも感じるのです。

 無意識的な「海の中の海月」や
暗い夜にだけ咲いている白い花」が、
広い山の中で、そこだけ赤い灯りを照らすように「変容」していく…

 「ひとすみを照らす、世の灯」のように…

……とはいえ、東京では、光があふれているので、
いまひとつ、上のたとえはピンとこないかもしれません。

 外の世界の闇がほの白く、
内の「こころの闇」の方が深く濃かったりするので……

柿の実とカラスウリの実

  柿の実(上)とカラスウリの実(下)

東京で、柿の木にからみついたカラスウリをみつけました。

 柿の実カラスウリの実が、
隣りあってみのっていましたが、
やはり都会のカラスは、柿の方を選ぶのだろうと思います。

 よく、柿の実を食べているカラスに出会いますし、
柿の実をとらないでそのままにしているおうちも多いので…

都内で、めずらしく、「吊し柿(つるしがき)」をつくり、
「干し柿(ほしがき)」にしている窓を見ました。
 
    その写真は、また明日。




←★前へ 全バックナンバー 次へ★→

直線上に配置
トップページへもどる