2002年12月13日(金) 銀色の帽子で冬化粧の木の芽と、「一寸の光陰…」の額

きょうは、今年2回目の「13日の金曜日」です。9月13日にかいたように、「縁起が悪い日」でもなさそうです。よいお天気ですが、風が冷たい…その分、今夜の「双子座の流星雨」は、よく見えるのではないでしょうか。深夜の東の空に、1時間に10〜50個の流れ星が見えるそうです。

               銀の帽子の、冬越しスタイルの 木の芽

        銀の帽子で、冬越しスタイルの 木の芽

去年の今頃、丹沢(たんざわ)の山奥の宮ヶ瀬(みやがせ)で、冬化粧(ふゆげしょう)をしている木の芽(きのめ)達に会いました。
 ネコヤナギ(猫柳)のような「銀色の帽子」をかぶり、厳しい冬の寒さをしのごうと、しっかり芽を保護していました。

悪いとは知りつつ…その「銀色の帽子」を、そ−っとつまむと、中には純白の新芽(しんめ)が、巻きこんで待機していました。
 まるで春を待って、丸く眠りこんでいるように… それが、上の写真です。

まん中の木の芽は、わたしが銀色の烏帽子(えぼし)をそっとはずして、またかぶせたものです。下に、純白の新芽が、見えます。
 自然では、こういう写真にはなりません。烏帽子がしつかりと下まで覆っています。
 撮影後は、そのようにもどしました…木の芽におわびして、強く生きよと念じながら…



                  「少年 老いやすく 学なりがたし 」の掛け軸
          
               「少年 老いやすく 〜」の掛け軸↑

帰りに郷土料理の食事をした部屋に、達筆の掛け軸がかかっていました。
 受験勉強のときや、学生時代によくいわれた言葉で、なつかしく感じました。

   少年 老いやすく 学なりがたし 一寸の光陰(こういん) 軽んずべからず

今は、「師も走る」くらいにいそがしい時季…師走(しわす)。
 
 「光陰 矢のごとし」の時の流れの年の瀬を、じょうずにのりきっていきましょう。



←★前へ 更新記録 次へ★→

直線上に配置
トップページへもどる