2002年12月22日(日) 
一陽来復」の宇宙の円環…冬至と太陽神の祭り、
そして救い主=救世主=メシア=クリストス=キリストの誕生日

きょうは、集中レッスンで、
24節気のひとつ、冬至です。

この星・地球の上半分の北半球では、太陽の高さが一年中で一番低くなる日です。
きょうを境に「一陽来復(いちようらいふく)」で、
日中がだんだん長くなっていきます。
  
冬至(とうじ)は
――
古代の「魔術的な思考法」では――
太陽(=太陽神)」のチカラが一番弱い日で、
この日を境に「太陽(=太陽神)」は、チカラを強めていきます。

  いわば、「太陽神が、闇(陰)から光(陽)へ生まれ変わる日」が冬至です。

     古代から、「太陽神の祭り」が伝わってきました。

キリスト教は、この「冬至の祭り」をとりいれて、
救い主=キリスト」の誕生日とした…といわれています。

 「新約聖書」には、イエスが12月25日に誕生したとはかいてありませんので…

街のクリスマス・ツリ−街のクリスマス・ツリ−
 救い主メシア約聖書ヘブライ語
        =クリストス約聖書ギリシャ語
                 =クライスト(英語)
        =救世主キリスト(日本語)

       クリストス
(=キリスト)のり(マス
            =クリスマス
            =×mas !

                ←街のクリスマス・ツリ−

今の時季の冬至をふくむ「24節気」というのは、
一年間のこの星・地球の流動的で、分節できない」を
――分かるために、分けて――
24
に等分(=節)したものです。


     ヤントラ 波 ヨコ                  ヤントラ 金剛 カラ−逆転
   ひとつの「気」              気の波長のちがいで、24等分
                           して、「節」に分ける


12月18日に「おいしく食べる風邪の予防薬…ミカン、橙、ユズの柑橘類」で、
冬至には、ユズを入れた「ユズ湯」の話をしました。

 ユズ湯は、ヒビやあかぎれに効くといわれ、
血行
をよくし、体の芯(しん)から暖まり、冷え性にもよく、肌もきれいになり、
風邪もひかなくなるといわれています。
 
ユズを丸ごと風呂に入れたり、スライスしたものを入れても効果があるそうです。
 「ミカンの皮」は、漢方では「チンピ」の原料ですし、
ミカン風呂」も血行をよくし、冷え性などにはいいようです。



←★前へ 更新記録 次へ★→

直線上に配置
トップページへもどる