2003年3月31日(月) 
☆天界の仙女、西王母は、霊力
(スピリチュアル・パワ−)を高めるために
桃園をもっていた。
☆そのモモ
果実を盗んだサルが孫悟空…

サクラ)の話題がさかんな3月の終わりの今、
やっと、濃いピンクのモモ(桃)の花が、満開になりました。

 3月3日の「桃の節句」には、
戸外ではえているモモ(桃)の花は、間に合わず、
「ハウス物」で育てたモモ(桃)の花を、
ひな人形のそばに飾るのが当たりまえのようになっています。

 カレンダ−(太陽暦)と、暦(こよみ)の節句と、自然がずれているわけです。

 むかしは、「自然の変化」を知り生活にとりこむために暦をつくっていた、
という「農作業用の暦」の面がつよかったらしいです。

桃園
(ももぞの)を都内で見つけました。
枝にびっしりと2〜3cmほどの濃い桃色(まさに!)の花が咲き、
黄緑のとがった葉がちらほら見えます。20本以上でしょう。

モモ(桃)の花




モモ(桃)の花↑
 


モモの花園。 桃園↓



                              モモ(桃)の花園



満開のモモ)の花の集団を見ていると、元気になってきます。
 とても生命力の強い花のようです。


モモ(桃)の花園では、この花を切って、モモ)の果実をそだてるらしいです。
 綺麗な花がもったいないようですが、
「大きなモモ)の(み)」をつくるには、
この花全部に実をつけさすわけにはいかないのでしょう。

 その分、モモ)の果実には「霊力(スピリチュアル・パワ−)」がある
、とむかしからいわれているようです。

たとえば、中国の『西遊記(さいゆうき)』の話では
サルの孫悟空
(そんごくう)が、天界の桃園で、仙女の西王母(せんにょ の さいおうぼ)専用の食べ物であるモモ)のを食べてしまい、霊力を身につけて暴れ、手に負えなくなった…というのが、物語の発端になっています。

それで罰として石に閉じこめられ、次にインド(天竺)へ三蔵法師玄奘)が経典(ス−トラ)をとりにいくお供になる…「妖怪退治」をしながら…
 
 実在の玄奘(げんじょう)が、インドへ行って帰って来て、訳しなおした経典のひとつが、「般若心経(はんにゃしんきょう)」です。


 ※→『西遊記』と孫悟空の話は:
       『BIG ME』 p139   「人間の4タイプユング心理学による)」

 ※→般若心経」の話は:
    『こんにちわ私のヨガ』 
     「ビ−トルズのレット・イット・ビ−と般若心経」 p 220
              「般若心経の全文・意訳」   p 222


2003年3月発売    最新刊 ・ 好評 発売中!『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』内藤景代・著 PHP刊 表紙
『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』 
           内藤景代・著 PHP研究所・ \1300

             ★表紙の拡大イメ−ジは、こちらへ
             ★内容の紹介の「はじめに」は、こちらへ
         2色の図解ペ−ジと目次のご紹介は、こちらへ
 ■ ネット書店
更新2003年3月5日 「あなたの心に残る一節」を「内藤景代の本」からの言葉』という新しく開いたホ−ムペ−ジに、、お送りください。あなたのご参加を、お待ちしています。合掌
  アドレスは、http://bigme.fc2web.com/  

←★前へ 更新記録 次へ★→

直線上に配置
トップページへもどる