2003年4月10日(木) 
『菊と刀』→→
アメリカ軍による「日本占領」のために「日本人を分析した本」
精神年齢が12歳の日本人、という意味」アメリカ占領軍のマッカ−サ−元帥
☆菊が栄えて、枯れた葵の霊廟、上野・東照宮
」は、天皇家の紋章〔エンブレム〕
☆桜吹雪の中、神田囃子に踊る金の獅子舞。
☆浅草、隅田川の夜桜と屋形船


「戦後の日本とアメリカの関係」のダブル・イメ−ジ 2015年9月19日 ※追記
※追記:15.9.21 上弦

「精神年齢が12歳の日本人」アメリカ占領軍のマッカ−サ−元帥
『菊と刀』→→アメリカ軍による「日本占領」のために「日本人を 分析した本」
「戦後の日本とアメリカの関係」のダブル・イメ−ジ 2015年9月19日 ※追記 
「菊」は、天皇章〔エンブレム〕
菊が栄えて、枯れた葵の霊廟、上野・東照宮
桜吹雪の中、神田囃子に踊る金の獅子舞
浅草、隅田川の夜桜と屋形船 

きょうは、上弦 小潮。

イラクの首都・バグダッドは陥落。アメリカ軍の占拠…

1945年の敗戦国、「日本を占領した形」を見本(モデル)として、
アメリカは、フセイン体制後のイラクを占領する、と未来像を発表していました。

 わたしが生まれる前の年からはじまった「日本占領」。

闇の中の記憶。

 深い潜在意識にきざみこまれている体験が、
意識化されていくのかもしれない…
それが、これからはじまりつつあるのか? 

 と「戦後(?)のイラクとアメリカの関係」を

「戦後の日本とアメリカの関係」のダブル・イメ−ジで見ている、わたしがいます。


『菊と刀(きくとかたな)(ル−ス・ベネディクト)は、
日本へ来たことのない女性学者が、
アメリカ軍による「日本占領」のために「日本人を分析した本」です。

 戦後、翻訳が日本でベストセラ−になりました。

 「自分を外から見る目」を、
みせつけられた日本人は、
当たっていることも多いだけに、
ショックも大きかったようです。


個人だけでなく、
民族もまた、
「(無自覚な自分の行為や心情のパタ−ンを、
別の視点で、外から見る目
」 は、

自己中心(ジコチュウ)」的になりやすい、
わたし達・人間にとって、
「痛い体験」です。


 天皇中心の「神国(しんこく)日本」に疑いをもたなかった、
敗戦時の日本人は、マッカ−サ−元帥(げんすい)に、
日本人の精神年齢は、12歳」といわれました。


 ※→「精神年齢が12歳の日本人、という意味」は:
       『わたし探し・精神世界入門』 p112

マッカ−サ−元帥は、占領軍の司令部の長です。

 今、すでに、彼に対応するイラク占領軍の司令官が決まっているようですが、
『菊と刀』ではなく、
「イスラムの聖典 コ−ラン」が中心のアラブで、
「日本式の占領パタ−ン」が通用するのでしょうか。

  どこが同じで、どこがちがうのか?

  お手並み 拝見です。

『菊と刀』は、
日本人の2つの象徴シンボル)により、
日本人の「心情の二重性」を分析しています。

  「」は、天皇家の紋章〔エンブレム〕です。こちらへ

「花」を愛する「平和」的な日本人の象徴シンボル)でもあります。

  「」は、サムライ、武士、戦い、殺戮…の象徴シンボル)。

300年、武士をたばねていたのが、徳川の将軍家で、その紋章が「(アオイ)」。

  人気長寿テレビ時代劇の『水戸黄門』のラストに出てきて、
みながひれ伏す「のご紋」です。
 
                                               アオイ(葵)の徳川家の紋章

 ↑アオイ(葵)の徳川家の紋章




  ※→『水戸黄門』の「のご紋」の印籠(いんろう)が象徴する「階層構造」については:  
     『聖なるチカラと形・ヤントラ』 p74   「なぜ、民主主義ができたのか?

さて、上野・東照宮は、
のご紋」がついた灯籠が立ち並ぶ、徳川の将軍家の霊廟(れいびょう)です。

 「無血開城」して、官軍の擁立する京都の天皇の紋章)に、
江戸城(現・皇居)
をゆずった
「最後の将軍、徳川慶喜のご紋)」などの霊をまつっています。

 『菊と刀』のように、
2つの象徴
シンボル)をつかっていうと、以下になります。


  
が栄えて枯れたをまつった霊廟。
                 それが、上野のお山の東照宮


きのうの続きに、話がつながります。

 東照宮、境内の五重塔の下では、
桜吹雪(サクラふぶき)の中、
陽気な神田囃子(かんだばやし)がきこえてきます。


 神田は、約1000年前、
天皇家に反逆した
関東の平将門(たいらのまさかど)をまつった
神田明神(かんだみょうじん)」があるところです。

 去年の7月10日には、むかしながらの納豆(なっとう)を売っている
神田明神の境内の店についてかきました。


さて 満開のサクラに囲まれた、お神楽(かぐら)の舞台では、
松の緑の引き幕の前で、
黄金の獅子頭
(ししがしら)の獅子舞(ししまい)が、
緑の布を身にまとい、神田囃子の早いテンポで舞い遊んでいます。↓



                         黄金の獅子頭の獅子舞とサクラ(桜) 


                                   ↑黄金の獅子頭の獅子舞とサクラ(桜)

  

背中立ちのポ−ズ」で、両足を空中へあげたりして、
軽快に動きまわり、静かに子守歌でまどろんだり、
ご祝儀袋を口にくわて食べてしまったり…と
観客の目をとらえていた金の獅子頭獅子舞

 緑の布をとると、茶パツ(髪)の若い女性で、
照れくさそうに挨拶していました。

 去年の8月7日の祭りの練習のような古典芸能の「精神のリレ−」は、
「男女の差別」を超えつつあるようです。

 ※→背中立ちのポ−ズ」は:『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』

さて、お寺参りのあと、
浅草の隅田川(すみだがわ)の夜桜(よざくら)を見ました。 

 隅田川の話は、去年10月5日にかきました。

伊勢物語(いせものがたり)』の在原業平(ありわらのなりひら)が、
都鳥(みやこどり)」の歌をよんだ川です。
 
  ♪春のうららの隅田川 ♪ (「花」)という歌もあります。
 
  のぼり下りの屋形船(やかたぶね)が、紅灯をゆらし、
隅田川をゆっくりとすべっていました。

夜桜見物の
宴会風景が、ガラス窓こしに見えました。

 見た範囲でも10艘以上あります。

景気が悪いのはどこの国の話かな、と思います。
  
    浅草 隅田川 夜桜 屋形船

                     浅草 隅田川 夜桜 屋形船↑
 
2015年9月19日 ※追記  ↓↓↓↓
壊すだけなら、サル(猿 さる) にもできる…
    ↓↓↓↓
2003年4月9日(水) 
★日光だけではなく、東照宮は上野にもあり。
★満開のサクラに囲まれ、天を指す五重塔。
★かつてあった〔
谷中の五重塔の炎上の目撃談

→→「壊すだけなら、サル(猿 さる) にもできる…2015年9月19日 ※追記



 「壊すだけなら、サル(猿 さる) にもできる…」  こちらへ↓↓
    ↓↓↓↓
2003年 1月 3日(金)
生き残った部隊が植樹した樹木で森になった靖国神社 
初春の猿回し
『太陽の帝国』のカミカゼ特攻隊の英霊…
9.11 
みんな同じ 梵我一如 
神仏習合 現世利益 
この世界を織り出す、よこ糸―タントラ
<意識の進化>
『ヨガと冥想』
※※追記:
猿回し(サルまわし)のサル〕のいた靖国神社の写真と、
特攻隊の若き兵士の銅像
S・スピルバーグの映画『太陽の帝国』は、戦前の日本のこと、
子どもに「死ぬことを美学として教える、狂気の大日本帝国」   …2015年9月19日 
http://www.bigme.jp/000-000-03-01/03-01-03/03-01-03.htm

※追記:   
☆★☆
〔現人神(あらひとがみ)である天皇〕中心の「神国(しんこく)日本」、
〔神田明神(かんだみょうじん)の、明神〕、
〔キリスト教の神〕、
〔イスラムの聖典 『コ−ラン』の【絶対】の<神>アッラー〕…など、
〔神〕の波動のちがいや、世界観についての詳細は、こちらへ ↓↓↓↓

     〔神〕の世界観については、下記の本にくわしくかきました。↓↓


スマホ・PCでも読める
電子書籍

      
 『<神>の世界観を呼吸する  
                        002-意気の呼吸法


 内藤景代・著☆かきおろし☆Amazon Kindle版
 Amazon  こちらへ

    宇宙に広く満ちわたっていると感じられる《気》は、
   [神](かみ)という“言葉”で、くくられてきました。

   そういう波長の《気》も、感じる呼吸法を、
   「意気の呼吸法」といいます。        →→続きは こちらへ

      ※「意気の呼吸法」シリーズ 第 2 巻 

←←◎表紙拡大
内藤景代
Amazon Kindle(キンドル)
スマホ・タブレット・PCで読める電子書籍Amazon Kindle。無料アプリで今すぐ読書 内藤景代・著


スマホ・PCでも読める
電子書籍

内藤景代
Amazon Kindle(キンドル)

  神通力の世界観を呼吸する
                   003-意気の呼吸法


 内藤景代・著☆かきおろし☆Amazon Kindle版  Amazon  こちらへ

   願いをかなえたいとき、こまったときなど、
     「今のままでは、間に合わない」と感じると、
     〔力をもつ神〕に《祈り》をささげる世界観が、
     むかしから伝わっています。

     その伝統と同じくらい古い世界観として‥‥
     《神の力を自分のものにする、方法》も
      特別に伝えられています。 →→続きは こちらへ

     ※「意気の呼吸法」シリーズ 第 3 巻

←←◎表紙拡大
スマホ・タブレット・PCで読める電子書籍Amazon Kindle。無料アプリで今すぐ読書 内藤景代・著

↓↓

内藤景代・著☆かきおろし☆Amazon Kindle版シリーズ 5冊の各詳細 ↓↓
    スマホ・タブレット・PCで読める電子書籍Amazon Kindle。無料アプリで今すぐ読書 内藤景代・著
NEW   内藤景代Amazon著者ページ(新刊・古書・電子書籍)こちらへ
 2003年3月発売    最新刊 ・ 好評 発売中!『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』内藤景代・著 PHP刊 表紙
『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』 
           内藤景代・著 PHP研究所・ \1300

             ★表紙の拡大イメ−ジは、こちらへ
             ★内容の紹介の「はじめに」は、こちらへ
             目次のご紹介は、こちらへ
 ■ ネット書店

←★前へ 更新記録 次へ★→

直線上に配置
トップページへもどる