2003年4月12日(土)   タンポポなどの葉の「放射状のロゼッタ」形は、「草の葉の民主主義」。どの草の葉も、太陽の光を平等にうけるための「生きる知恵」
 「放射状」に広がる葉の形を、「ロゼッタ」といいます。中心から四方八方に平らに広がるので、日本語では「タビラコ(田平子)」というようです。
 きのうの大きなタビラコ(田平子)がオニタビラコ鬼田平子で、小さいのがコオニタビラコ小鬼田平子)。
  ある学者(牧野富太郎博士?)は、(小鬼)は不要で、「春の七草」の「仏の座ホトケノザ)=コオニタビラコ小鬼田平子)」は、ただシンプルに「タビラコ(田平子)」というようにしよう、と決めたそうですが… どうなったのでしょうか。

エジプトの、「ロゼッタ・スト−ン」は、ロゼッタという地名のところから発掘された石版(スト−ン)です。「エジプトの絵文字」を解読するヒントになりました。

ロゼッタ 葉 タンポポ と 自動車タイヤ






   ロゼッタ 葉 
 と 自動車タイヤ→










さて、「タビラコ(田平子)」だけでなく、タンポポダイコンの葉は、葉の形を、「放射状ロゼッタ」形に広げます。
 上の写真ですごいのは、タンポポの葉が、駐車場の自動車のタイヤに踏まれる寸前で、スレスレに「ロゼッタ」形に広げていることです。

毎日、ギリギリ、この位置までしかタイヤはこない、というところで、その部分の葉だけ、ヨコに広がらず、上に伸びていたのでしょうか?
 または、わたしが撮影した日に、偶然、ギリギリに自動車がとまったのでしょうか?
 
葉が放射状ロゼッタ形になるのは、太陽の光が、どの葉にもまんべんなく当たるように、「葉が動く」からのようです。
 とくに「冬の太陽」は光が弱いので、「ロゼッタ」形で、冬を越す葉は、多いようです。
 
タンポポ
などの葉は、自分を囲む環境に「一番よい形」を選んでいるのでしょう。

タンポポの花
    ←タンポポの花

 逆にいうと、太陽の光が、どの葉にもまんべんなく当たるように、「葉が動く」ので、平らな地面にはえられなかったタンポポは、葉が半分は水平に、残り半分は、垂直に伸びて広がっています。
 
 葉が「放射状ロゼッタ」形になるのは、「目的」ではなく、「結果」です。


いいかえると、タンポポなどの「草の葉が、太陽の光を平等にうける権利」…というか、「草の葉の、民主主義」の結果が、「放射状ロゼッタ」形といえるかもしれません。

花のガクで直角に曲がるタンポポの花 


タンポポの「野生の知恵」というか「適応力」ですごいな〜と思ったのは、だけでなく、も自在に曲がることです。


 ←花のガクで直角に曲がるタンポポの花



あのタイヤ側の葉が、上に伸びていたそばに咲いていた、タンポポの花と茎です。
 ロゼッタの葉の上を、ヨコへ伸びていた茎は、葉がなくなり地面になるスレスレで、さっとよけるように、花のガク(顎)を90度に曲げて、花を上に向けています。

花を上に向ける、ということは、太陽の光の方を向く、ということです。
 タンポポの花は、夕方になると閉じて次の朝、また開き、2〜3日間、咲き続けるそうです。
  閉じて開いて、また閉じて…そして、茎を伸ばし、丸い綿毛(わたげ)になって、どこか遠くへ飛んでいきます。

 「動けない、植物」は、いろいろな「生きる知恵」を開発して「適応力」を発揮しているようです。

 ※→動けない、植物」の「生きる知恵」は:
         『BIG ME』 p212  「緑の魔術師たち」


  更新2003年 4月 5日「あなたの心に残る一節」を「内藤景代の本・心に残る言葉」という公認ホ−ムペ−ジに、お送りください。あなたのご参加を、お待ちしています。合掌
アドレスは、http://bigme.fc2web.com/  メ−ルは: e@bigme.jp
  
  2003年3月発売    最新刊 ・ 好評 発売中!『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』内藤景代・著 PHP刊 表紙
『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』 
           内藤景代・著 PHP研究所・ \1300

             ★表紙の拡大イメ−ジは、こちらへ
             ★内容の紹介の「はじめに」は、こちらへ
             目次のご紹介は、こちらへ
 ■ ネット書店
 

←★前へ 更新記録 次へ★→

直線上に配置
トップページへもどる