2003年5月14日(水)  初夏にふりつもる、白い雪のような、薫り高い白い花が咲く、大きな木。その名は、「ナンジャモンジャの木」(ヒトツバタゴ)
それぞれのひとの「心に残る一節」をつづる内藤景代の本 心に残る言葉」のサイトを更新しました。↓ 今回は、NAYヨガスク−ルの「集中レッスン」で、まどかさんが「胸にしかと受けとめた」言葉です。
 「内藤景代の本 心に残る言葉」のサイトは、「内藤景代の本だけでなくCDやビデオ、NAYヨガスク−ルでのお話」のフレ−ズなど、「なんでもあり」です。
NAYヨガスク−ルの「会員以外」のかたも、どうぞご遠慮なく、ご参加ください。

香りのよい、「白い花」がいろいろと咲いています。
 爽やかな風に吹かれて、今の時季の散歩は、とくに楽しいです。
 スズラン鈴蘭)、ジャスミンなどはすぐにわかるのですが、生け垣からあふれている白い花や、10メ−トルくらいの大木に咲いている白い花などは、名前がよくわかりません。
 
花びらが細い糸の「フリンジ」のようで、あまりに変わっている「白い花」がたくさん咲いている10メ−トル以上の大木を調べると、その名も「なんじゃもんじゃ」。

 「なんじゃもんじゃ」とは、「何じゃ? 」
       ナンジャモンジャの木(ヒトツバタゴ)の白い花

                ナンジャモンジャの木(ヒトツバタゴ)の白い花↑

なんじゃもんじゃ」は、「ナンジャモンジャの木」として伝わる、珍しい木です。
 むかしは、対馬、愛知県、岐阜県だけに自生していたので、東京では珍しく、
 
 「あれは、何じゃナンジャ   何物じゃモンジャ

 というところから、「ナンジャモンジャの木」とよばれるようになったという、ウソのような本当の話です。
  
        白い花の咲く ナンジャモンジャの木(ヒトツバタゴ)

             白い花の咲く ナンジャモンジャの木(ヒトツバタゴ)↑

自生している「ナンジャモンジャの木」は、天然記念物ですが、今は、あちこちに植えられています。
 ヒトツバタゴ(一つ葉たご)という、キンモクセイと同じ、モクセイ科の木。
 だから香りが強いのでしょう。

花びらを「細い糸のフリンジ」に見立て、「中国のフリンジの木(Chinese Fringe Tree)」と、西洋ではよばれているそうです。

ナンジャモンジャの木(ヒトツバタゴ)の学名は、キオナンツス(Chionanthus)。
 意味は、「雪の花」。
 白い花を、初夏にふりつもる、白い雪……に見立てたのでしょう。
 
ナンジャモンジャの木……という通称も「遊び心」で楽しいですが、「雪の花」という学名も「(いき)」ですね。
 

 5月14日(水)「あなたの心に残る一節」を「内藤景代の本 心に残る言葉」という公認ホ−ムペ−ジに、お送りください。CDや教室でのお話のフレ−ズなどもどうぞ。合掌
アドレスは、http://bigme.fc2web.com/  メ−ルは: e@bigme.jp
   2003年3月発売  最新刊 ・ 発売中!『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』内藤景代・著 PHP刊 表紙 大好評 重刷中!
『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』 
           内藤景代・著 PHP研究所・ \1300

体に効く、心に効く、美に効く」ヨガを、見開きの2色の図解のイラストで。呼吸法と「気の流れ」もわかりやすいと大好評!

             ★表紙の拡大イメ−ジは、こちらへ
             ★内容の紹介の「はじめに」は、こちらへ
             目次のご紹介は、こちらへ
 ■ ネット書店

←★前へ 更新記録 次へ★→

直線上に配置
トップページへもどる