2003年7月12日(土) 赤いペチュニアの花の蜜を吸う、黒いアゲハチョウ。トウモロコシ畑のスイ−ト・コ−ンの実。 キンセラ作『シュ−レス・ジョ−』の映画化『フィ−ルド・オブ・ドリ−ムス』の「土のおみやげ」。「父と子の和解」の物語とキャッチ・ボ−ル。「球=たま=魂の象徴」を投げる体の対話がこころの対話」になる
先日、4刷だった『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』↓が、今、5刷目を印刷中で、7月28日にできます。とても早いペ−スです。
  黒いアゲハチョウ(黒揚羽蝶)が、赤いペチュニアの花の蜜(みつ)を吸っていました。飯能の軍荼利(グンダリ)神社の近くのおうちです。赤と黒に白い壁……色が好対照なので、撮影しようとすると、黒いアゲハチョウひらひらと逃げ去りました。けれども、チョウ(蝶)の「気が残っている」。……いかにも「残念」そうなので、黒いアゲハチョウの動きを(害意はないよ)という気をだして、しばらくのんびりとみていました。
………すると、(モウ、ガマンデキナイ!)という風情(ふぜい)で、ふたたび、赤いペチュニアの花の蜜を吸いに戻ってきました。↓

アゲハチョウ 黒揚羽蝶 アゲハチョウ 黒揚羽蝶











  ←アゲハチョウ(黒揚羽蝶)↑
     赤いペチュニア

 
それからは、カメラをかまえるわたしたちをいっさい、無視して、夢中で、赤いペチュニアの花の蜜を吸い続けています。
  3cmほどの花が、数十と咲いている鉢を右から左へ回るようにして、ひとつ残らず、蜜を吸いつくすような勢いです。

ひらひらと羽根を動かしながら、となりの花からとなりの花へ。
  絨毯爆撃(じゅうたんばくげき)ではありませんが、まさになめるように、ひとつずつ、おいしそうに花をかかえながら、蜜を吸っています。
 わたしたちが立ち去っても、まだ、花から離れようとせずに、蜜をむさぼっていました。
 よほど、甘くおいしい蜜なのでのでしょうか。

飯能の畑では、すでに、いろいろな果実が実っていました。
 スイカは、まだ小さいですが、ナス(茄子)やトマトキュウリ(胡瓜)は、をつけているものやがなっているものがまじりあっています。

チョウ(蝶)は、古来から世界各地で「霊=スピリット」や「たま=魂の象徴」とされてきましたが、ボ−ル=球=珠=たま=玉」も、むかしから「たま=魂の象徴(シンボル)」や「メタファ−」とされてきました。
 それで、チョウ)との出会いの後、トウモロコシ畑をみつけて、ある映画を思い出しました。

トウモロコシ畑では、まだ黄緑に近いモシャモシャの金髪(きんぱつ)を風になびかせた、スイ−ト・コ−ンが実っていました。
 映画の『フィ−ルド・オブ・ドリ−ムス』(原題, FIELD OF DREAMS. 1989年)を思い出しました。
 キンセラ原作『シュ−レス・ジョ−』の映画化で、ケビン・コスナ−主演。

広大なトウモロコシ畑をつぶして、「奇跡」を待つ男の話です。
 ラストに、奇跡は起こり、トウモロコシ畑から、亡くなった父やシュ−レス・ジョ−たちがあらわれ、主人公とキャッチ・ボ−ルをする……

トウモロコシ畑 
 ←トウモロコシ畑  トウモロコシ↓

トウモロコシ












ケビン・コスナ−の出世作ともいえる、ロマンチックで面白い野球映画でした。
 ところが、アメリカでの人気は、はんぱではなかったらしく、『フィ−ルド・オブ・ドリ−ムス』が、現実に作られ、全米から、訪れたそうです。
 何もない、トウモロコシ畑と、そばの空き地……それが、フィ−ルド・オブ・ドリ−ムスと名づけられ、大人気だったとききました。

そして、トウモロコシ畑すなわち「フィ−ルド・オブ・ドリ−ムスの土」がおみやげに売っていて、アメリカみやげに、わたしも頂きました。
 写真のフィルム入れのような半透明のプラスチック、高さ5cmほどの円筒形に、茶色の土が入っていました。
 この飯能の「トウモロコシ畑の土」より、肌理(きめ)が細かいように記憶しています。
 あの映画をみていないひとには、ただの泥(どろ)ですが・・・

フィ−ルド・オブ・ドリ−ムスの土」をプレゼントしてくださったかたにきくと、トウモロコシ畑すなわち「フィ−ルド・オブ・ドリ−ムス」で、何組もの父と子がうれしそうに、キャッチ・ボ−ルをしていたそうです。
 あの映画も、「父と子の和解」の物語でもありました。
 話はしないでも、「ボ−ル=球=たま=魂の象徴」を投げ、受けることを体でくり返して、「こころで対話する」……いかにも、映画的な映画でした。

 10年以上前の話です。今でも、フィ−ルド・オブ・ドリ−ムスは、アメリカにあるのでしょうか。



2003年3月発売  最新刊 ・ 発売中!『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』内藤景代・著 PHP刊 表紙 大好評 5刷!
『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』 
           内藤景代・著 PHP研究所・ \1300

体に効く、心に効く、美に効く」ヨガを、見開きの2色の図解のイラストで。呼吸法と「気の流れ」もわかりやすいと大好評!

             ★表紙の拡大イメ−ジは、こちらへ
             ★内容の紹介の「はじめに」は、こちらへ
             目次のご紹介は、こちらへ
 ■ ネット書店
 6月13日(金)更新「あなたの心に残る一節」を「内藤景代の本 心に残る言葉」という公認サイトへ、お送りください。CDや教室でのお話のフレ−ズなどもどうぞ。 NAYヨガスク−ルの「会員以外」のかたも、ご参加ください。 メ−ルは: mail@bigme.jp

←★前へ 更新記録 次へ★→

直線上に配置
トップページへもどる