2003年8月17日(日) こころが体に、即、あらわれるような、心身相関的な生きもの、ヤマアラシ。「対人関係の距離」のとりかたと「ヤマアラシのジレンマ」。「呼べば来る」、優しい目をしたタテガミ・ヤマアラシ。怒らすと、気が逆上し、トゲを逆立て、威嚇するが、ふだんはおとなしい。「ヤントラ 金剛」は「論理の整合性」、「ヤントラ 波」は「あたまが、チョウチョ波動」のイメ−ジ                    
これは、なんでしょう? ヤマセミ(山翡翠)のツンツン・ヘア−にも似ていますが、この白黒のマダラ模様のとがったトゲのような集まりは、なんでしょう? 1本のトゲのようなものは、30cmくらいの長さで、白黒まだらの部分の太さは5mmほど。先端の白い部分は、アイス・ピックのようにとがり、刺すと痛いです。
  わたしは、このとがったトゲのようなものを、お箸(はし)のように「2本セット」にしたものをもっています。2本とも、空洞になっていて、とても軽く、プラスチックのように水をはじきます。
ヤマアラシ(山嵐)のトゲ
























                                 ●ヤマアラシ(山嵐)のトゲ↑

さて、もう、おわかりですね。これは、「ヤマアラシ(山嵐)のトゲ」です。
「2本セット」は、ある「動物園みやげ」で、NAYヨガスク−ルでの「お話」のときにお見せしたことがあります。 「対人関係の距離」のとりかたについて「ヤマアラシ・ジレンマ」の話をしたときに、この「ヤマアラシ(山嵐)のトゲの2本セット」を見せて、各自、実物にふれてもらいました。
タテガミ・ヤマアラシ(山嵐)  
先日、象の花子さんと会った日に、はじめて、「タテガミ・ヤマアラシ(鬣山嵐)」に出会いました。→ 

ところは、井の頭公園の動物園。正式には「井の頭自然文化園」の「本園」です。

分園」は、井の頭公園弁天池のところにあり、カワセミ(翡翠)など、水辺の鳥や水生物が中心です。

どちらも、月曜日は休園。

   ●タテガミ・ヤマアラシ→

ヤマアラシ」の絵や写真は、必ず、この「トゲを逆立て」て、丸くなっている形が多いので、いつもそうしている生きものだと思っていました。

……ところが、ぜんぜん、イメ−ジがちがいます。トゲは寝ています
 もしゃもしゃの髪の毛が顔をおおい、腰ミノのような白黒のトゲをシャラシャラ鳴らして、腰をふりながら、ゆっくり歩く姿は、ユ−モラスで、可愛いです。

ヤマアラシは、げっ歯(し)目 ヤマアラシ科。
 リスやネズミ、モルモットなどの仲間で、固い木の実や草などをたべます。
 要するに、強い動物ではなく、武器になるような牙も爪も、ない。
 ヤマアラシ、体長が、50〜90cmで、小型の犬くらい。

ヤマアラシは、「毛を変容させて、トゲ」にして、「身を守る武器」にしました。
 敵がきたり、危険を感じると、後ろ向きになり、毛を逆立てるように、トゲを逆立てカラカラ鳴らして、威嚇(いかく)します。敵が襲うと、トゲはすぐにぬけて、相手に刺さり、ぬけなくなる…
 だから、ヤマアラシは、ほかの動物たちに恐れられているそうです。

どんな顔をしているのかな〜 見たいな〜
 とカメラを向けると、背中を向けてしまうので、顔が見えません。
 けれども、毛並みは寝ていて、毛を逆立てるようなことはありません。
 そして、恥ずかしそうに、腰をふりながら、ねぐららしき木の出入り口に入っていこうとします。体の半分くらいの出入り口なので、毛並みは狭くしています。↑

出入り口に顔をつっこんだので、
 「いいこだね〜 お顔を見せて〜 」
 と呼びかけたら、すこし、ためらってから、また、こちらへもどってきました。
 「いいこだね〜 お利口ね〜
 というと、はずかしそうに、前まできて、ちらっと、こちらをみる。カメラ目線。
 こんな「気弱な、優しい目」をしています。この写真の目です。↓
ヤマアラシの「気弱な、優しい目」
                  ヤマアラシの「気弱な、優しい目」↑

いっしょにヤマアラシを見ていた、若い父と子がいて、驚いていました。
 そして、少年は、「日本一、かしこい、ヤマアラシだ!」
 と呼びかけていました。すると、少年のほうへもいきます。
 「世界一、かしこい、ヤマアラシだ!!」
 と、少年は、叫んでいました。
 
凶暴さで、悪名高い、ヤマアラシが、「呼べば来る」なんて、知りませんでした。
 あのヤマアラシの個体が、特別に、「つきあいがよい性格」だったのでしょうか。
 最近のチョウ(蝶)や、象の花子さんのように、こちらも「共振」するのんびりした「波長」を発信していたからでしょうか。「あたまが、チョウチョ波動」だったりして……
 「あたまが、チョウチョ波動」は、ヤントラなら、マ−クです。

      ヤントラ 金剛              ヤントラ 波
      固い、あたま                柔らかい、あたま 
     論理の整合性            あたまが、チョウチョ波動
    ヤントラ 金剛                ヤントラ 波

ヤマアラシのあの目……。
  ある種のひとに、そっくり。
  こんな「気弱な、優しい目」をしている。臆病。
  だから、トゲをもつ。
   すぐに「傷つく」から、自分の身を守るために、「気が逆上して」、毛を逆立てる。
  人間社会にも、ヤマアラシ的なひとは増加中です。
  
……それで、「ヤマアラシのジレンマ」というショ−ペンハウエルショ−ペンハウワ−)の話が、現代人の「対人関係の距離のとりかた」として、有名になっています。
 ショ−ペンハウエルは、ニ−チェに影響をあたえたひとです。

ヤマアラシのジレンマ」とは、ヤマアラシがおたがいに愛しあおうとして近寄っても、たがいにトゲがあるので、近づくと、傷つけあってしまう。
 だから、ヤマアラシは、ある距離をおいてしか、愛しあえないし、つきあえない……
 という話です。
 ここで、ヤマアラシは、理知的な現代人のたとえ(メタファ−)になっています。

「この話は、わたしと彼(彼女)の話だ」……と思うひとも多いでしょう。
 ところが、実物のヤマアラシは、上にかいたように、トゲを逆立てたままで生きているわけではありません。
 ヤマアラシにとって、トゲは「開閉自在のオ−プン・カ−の屋根」のようなものです。
 ヤマアラシの赤ちゃんのトゲは、生まれる時は、ぬれていて、とがっていません。
 「ヤマアラシのジレンマ」は、たとえ(メタファ−)です。

ヤマアラシ体の進化というか変容(メタモルフォ−ゼ)をみると、いろいろと瞑想(冥想)的になってしまいます。
 無意識の気(き)という、その(け)が、トゲトゲという毛(け)に変容した「生物の戦略」。
ヤマアラシは、「こころが体に、即、あらわれるような、心身相関的な生きもの」の代表例だなぁ〜と思います。


 8月15日(金)更新 「あなたの心に残る一節」を「内藤景代の本 心に残る言葉」という公認サイトへ、お送りください。「なんでもあり」です。 NAYヨガスク−ルの「会員以外」のかたも、ご参加ください。 メ−ルは: mail@bigme.jp
NAYヨガスク−ルの  夏休みは、8月13日(水)〜20日(水)です。
                                        
       ●「ビデオ・CDなどの通信販売」は、受け付けております。
              休み中のご連絡は、以下へ御願いいたします。

e-mail :  e@nay.jp 留守電:03-3203-3831
                                             ●専用FAX 03-5934-6723
2003年3月発売  最新刊 ・ 発売中!『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』内藤景代・著 PHP刊 表紙 大好評 6刷!
『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』 
           内藤景代・著 PHP研究所・ \1300

体に効く、心に効く、美に効く」ヨガを、見開きの2色の図解のイラストで。呼吸法と「気の流れ」もわかりやすいと大好評!

             ★表紙の拡大イメ−ジは、こちらへ
             ★内容の紹介の「はじめに」は、こちらへ
             目次のご紹介は、こちらへ
 ■ ネット書店

←★前へ 更新記録 次へ★→

直線上に配置
トップページへもどる