枯れ木に花を咲かせましょう!内藤景代(NAYヨガスクール主宰)の瞑想フォト・エッセイ トップページへ内藤 景代(NAYヨガスクール主宰)公式サイト BIG ME club のトップページへNAYヨガスクール(内藤景代 Naito Akiyo主宰)トップページへ
内藤景代公式サイトBIG ME club 内藤景代(Naito Akiyo)が毎日更新   [内藤景代(NAYヨガスクール主宰)の日誌風フォト・エッセイ]    内藤景代(Naito Akiyo) 記

2003年9月10日(水)「月も火星も、この星・地球もすごい速さで動いている、と実感した夜」今夜は、「待宵明日9月11日満月、仲秋の名月「動かぬ、大地…この星・地球」という《天動説》的な表現。秒速444m自転し、秒速30km公転する地球の上で、目眩もせず生きていられる、体の適応力来月の「後の月」は十三夜で、豆名月、栗名月。樋口一葉の『十三夜』
明日、9月11日は、満月、仲秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)。満月の相 大潮。

今夜は、「待宵(まつよい)」。

昨夜の十三夜(じゅうさんや)の月は、
赤い火星
と、つかず離れず、ともに動いていました。

時どき、月に叢雲(むらくも)がかかり、
雲の向こうから輪になった月光があたり、

雲の動きを照明したり……。
昨夜は、「月も火星も動いている、そして、

この星・地球もすごい速さで動いている、

と実感した夜
」でした。

というのも、昨夜は、晴れていて

十三夜
の月と赤い火星の並んだ姿を、

30分ごとに、
7:30pm頃から12:00pm頃まで、
ベランダで、見上げていたからです。


 はじめは、きのう9月9日にかいたように、
南の方角に「丸い月の左下に、
赤い火星
がくっつきそうに近づいて
」みえました。
 
だんだんに、火星は、月の真下に動いていきます。
も南東から南に動きます。

 そして、月の右下に火星は移動。

 次は、月と離れて右(西の空)へ動いていくのかと思っていたら、
ちがいました。

 火星は、月の右下についたまま、
ほぼ同じ距離感
をたもちながら、
月といっしょ
に南から西の空へ動いていきました。


 8:00pm頃から11:00pm頃、
左下、右下、離れてそのままの距離と、
月と火星
を3カット撮影したのが、下の写真です。

↓黄色い矢印のさしている小さい光が火星です。
 
        十三夜の月と火星  大接近 3相

十三夜の月と火星  
大接近 3相↑8:00pm頃から11:00pm頃

月が東から南そして、西と動いているのは、毎晩、見ていますが、
火星とのペア(一対)の動きになっているのをみていると、
「早いな」と思います。


 月や火星が動いているだけでなく、
この星・地球もすごい速さで動いています。

それを「地動説(ちどうせつ)」
というわけです。

この星・地球は、1秒間に444mの速さで回転(自転)し、
1秒間に30kmの速さで、太陽の回りをまわって(公転)います。


 けれども、どっしりと動かぬ、この大地…この星・地球

という「天動説(てんどうせつ)」的な感性や知性が
実感
としてある
ようにできているのは、

・・・ひとの体や脳って面白いです。

めまぐるしく自転し、
公転
している、
この星・地球に立っているだけで、
大地が動くので目眩(めまい)がする
……というひとは、あまりきいたことがありません。


 そういう体質のひとは、
この世に生きられない
……
のでしょう。


 あたま(頭)の理屈と、
「体の適応力」のつながりぐあい(関係)も、
不思議です

 
 「当たりまえに、
この星・地球
生きていられる存在)」
ということだけでも、
実は、さり気なく、スゴイことかもしれません。

満月Full Moon望








← ●満月






今月の「NAYヨガスク−ルの正面の飾りつけ」は、
「十五夜」がテ−マ。

「本物の月をデジタル処理」した掛け軸や、
押し絵の「お月見とウサギ(兎)」や、
本物のススキ(薄)
ドライ・フラワ−にしたワレモコウ(吾亦紅)などを飾っています。

ススキ(薄)




  ←ススキ(薄)












本物のススキ(薄)は、
先日、秩父高麗川(こまがわ)で、刈ってきたものです。

 どんどん花が開き、穂がふわふわしてくるので、
見頃(みごろ)は、明日くらいまででしょうか。

若いまだ、花穂が丸まっているものも飾りましたが、
それはどのくらい楽しめるでしょうか。満月 お月見とウサギ



       



 満月 お月見とウサギ→




ミニ・すだれ(簾)に押し絵をした「お月見とウサギ(兎)」は、生徒さんのKazuyoさんからの贈り物です。

来月、10月8日(水)は、
十三夜
で、「後の月(のちのつき)」。

 「豆名月(まめめいげつ」ともよばれ、
枝豆
(えだまめ)などをそなえるそうです。

 「名月(くりめいげつ)」として、
クリ(栗)を、おそなえするところもあるとか。

 『十三夜』という樋口一葉(ひぐちいちよう)の、
 切ない作品もあります。

☆★☆明日の十五夜の「仲秋の名月(または秋)」と、
来月の十三夜の「後の月」
2つともみると、よいことがある
……といわれているそうです。

 どちらかひとつの月では、願いも半分とか……。

 
冴えわたりぐあいでは、
来月の十三夜の「後の月」
煌々(こうこう)とした月光は、一年で一番、美しい
……ともいわれています。

 見られるといいですね。

先月の満月は、8月12日、先先月の満月は、7月14日。その前月の満月は、6月14日。その前の満月は、5月16日、そのまた前の満月は4月17日

 
心と体と、なんとなくの気分」は、どうでした?

 数ヶ月、チェックしてみて、
ご自分の「心と体と気分」の傾向や
リズム」のパタ−ン)がみえてきましたか?

内藤景代 (NAYヨガスクール主宰)本とDVD・CD

NAYヨガスク−ル(内藤景代主宰)案内ネット書店 新刊・古書 

 〈成長物語〉としての、内藤景代の本たち。そのお話は

内藤景代の本 ・心に残る言葉 1,2,3
 読者とつくるサイトです  
2003年3月発売  最新刊 ・ 発売中!『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』内藤景代・著 PHP刊 表紙 大好評 7刷!
『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』 
           内藤景代・著 PHP研究所・ 

体に効く、心に効く、美に効く」ヨガを、見開きの2色の図解のイラストで。呼吸法と「気の流れ」もわかりやすいと大好評!

     ★表紙の拡大イメ−ジは、こちらへ
             ★内容の紹介の「はじめに」は、こちらへ
             目次のご紹介は、こちらへ
 ■ 新刊・古書ネット書店

←★前へ 更新記録 次へ★→

直線上に配置
内藤景代(NAYヨガスクール主宰)の瞑想フォト・エッセイ トップページへトップページへもどるNAYヨガスクール(内藤景代 Naito Akiyo主宰)トップページへ