アイコン 枯れ木に花を咲かせましょう−その3「日誌風エッセイ」のトップペ−ジへ下線をクリック! リンクしています
  内藤景代の日誌風エッセイ    内藤景代公式サイトBIG ME club トップペ−ジへリンク 日誌風エッセイ タイトル  akiyo 記

アイコン ●緑の森 縮小 2004年6月22日(火) 赤い模様がめずらしい白い花「アノマテカ、ヒメヒオウギ(姫緋扇)」。別名は「姫緋扇菖蒲(ヒメヒオウギアヤメ)」、ピンクの花やオレンジが多いとか。青い花も見たい! 「テントウムシ(天道虫)の変容のプロセス」の4態の写真と、紋白蝶(モンシロチョウ)の子ども、青虫」の姿。「醜い姿」や「気持ち悪い姿」の時代を認めないと、美しい蝶の変容の姿は、おがめない美しく変身する107の秘密」をかいた『こんにちわ私のヨガ新しいサイトはこちらへ 
きのうが、夏至(げし)。台風で、それどころではない感じでした。夏至は、一年の「気の流れ」を分節した24節気の1つで、日本列島のある、「地球の北半球」では、「昼が一番長くなり、夜が一番短くなる日」です。

アノマテカ (ヒメヒオウギ 姫緋扇) 白い花めずらしい花を見ました。
3cmくらいの小さな花。
白い6枚の花びらが、上下に3枚ずつ、放射状に開いて
いる。下の3枚にだけ、花びらのつけ根からしみ出したように、赤くなっている。

白い花なのですが、「赤い斑点(はんてん)」が印象として残ります。

名まえは、「アノマテカ」。 
アフリカ原産。
 アヤメ(菖蒲)科  
 アノマテカ属

 ●
アノマテカ (ヒメヒオウギ 姫緋扇) 白い花→
            


和名は、「ヒメヒオウギ姫緋扇)」。下の3枚の射状花びらを「(おうぎ)」と見立てたのでしょう。
 赤く小さいので、「姫緋扇(ヒメヒオウギ)」。
 アヤメ(菖蒲)科なので、別名は、「姫緋扇菖蒲(ヒメヒオウギアヤメ)」
 学名から、別名:ラペルージア・ラクサラペイロウシア。  

アノマテカ (ヒメヒオウギ 姫緋扇) ピンクの花

わたしが、この花、「アノマテカ、ヒメヒオウギ姫緋扇)」にはじめて出会ったのは、白い花。
 けれども、多く出まわっているのは、「ピンクの花びらに、赤い模様」の「アノマテカ」だそうです。
 「姫の緋扇」のイメ−ジにちかいのは、こちらのピンクの「ヒメヒオウギ姫緋扇)」かもしれません↑。

よくあることですが、はじめての花に出会うと、その後は、同じ花を、あちこちで見かけるようになります。
 この白やピンクの「アノマテカ、ヒメヒオウギ姫緋扇)」も、5月終わりから6月はじめにかけて、こんなところにも・・・という場所で出会いました。

青い花」や「オレンジ色」の「アノマテカ、ヒメヒオウギ姫緋扇)」もあるそうです。
 写真でみると、「オレンジ色」の花でも、やはり赤い模様。
 
 「青い花」の場合も、赤い模様なのでしょうか?
 すこし、紫がかった色になるのでしょうか?
 「青い花」の「アノマテカ、ヒメヒオウギ姫緋扇)」見てみたいです。

白やピンクの「アノマテカ、ヒメヒオウギ姫緋扇)」を見せていただいたおうちの庭で、「テントウムシ(天道虫)の脱皮のプロセス」を見ました。
 
 1:ブラシのような幼虫のテントウムシ(天道虫)
 2:トゲトゲの幼虫のテントウムシ(天道虫)
 3:脱皮寸前で、「丸まっている」テントウムシ(天道虫)
 4:成虫になって、オレンジ色の背に黒い斑点のあるテントウムシ(天道虫)

この4つの形のテントウムシ(天道虫)は、どれも同じテントウムシ(天道虫)
 それぞれが「変容のプロセス」の時代の姿です。
 そのおうちのかたは、殺虫剤で殺さずに、プロセスを見守っているそうです。
 そして、「あの葉の上、この葉の上」と、それぞれ、教えてくださいました。
 ついでに、「青い葉の上の、紋白蝶(モンシロチョウ)になる、青虫(あおむし)」も。

以下に、「テントウムシ(天道虫)の変容のプロセス」の写真と、紋白蝶(モンシロチョウ)の子ども、すなわち青虫」をのせます。
 平安時代の『虫 愛(め)ずる 姫君』や、宮崎駿の『風の谷のナウシカ』とちがって、虫ぎらいのかたや、気味が悪いかたは、以下のペ−ジは、パスしてください。
 その前に、イモムシ時代を終えて、美しい蝶になったばかりのアゲハチョウ(揚羽蝶)
の写真を紹介します。
 「醜い姿」や「気持ち悪い姿」の「」の時代を認めないと、美しい蝶(チョウ)への変容の姿は、おがめないのですが・・・
 ひとの「成長物語」も、また。。。

 ※→美しく変身する107の秘密」は、『こんにちわ私のヨガを、どうぞ。
  『こんにちわ私のヨガ』の、なつかしい「旧版カバ−のシャム猫と笑顔の女の子の表紙」や、「新版『こんにちわ私のヨガ』の目次や内容紹介、読者の感想文」などをのせた、新しいサイトができました。こちらへ。
  内藤景代著『こんにちわ私のヨガ』内容・目次
         http://yogakonnichiwa.fc2web.com/


夏至と、アゲハチョウ(揚羽蝶)の羽化(うか)のお話は、こちらへ。 【2003年6月21日(土) アゲハチョウ(揚羽蝶)の羽化の直後は、羽根を広げて静止して不動、その貴重な時の写真。きょうは、夏至のイブ(前夜)の「特別の日」。月は下弦。太陽と月のチカラが満ちる「特別の日」。モンシロチョウ(紋白蝶)のような白いアジサイ(紫陽花)。

「成長物語」については、こちらへ。【2002年10月1日(火) 夜咲くレ−スのような白い花、カラスウリは、青い実から赤い実に変容する。カラスウリの「季節による変化」の「成長物語」と、青の時代。ニ−チェの「3様の変化」(ツァラトゥストラ)】


まずは、「:成虫になって、オレンジ色の背に黒い斑点のあるテントウムシ(天道虫)」。成虫になって、オレンジ色の背に黒い斑点のあるテントウムシ(天道虫)右の写真です。→

   :成虫の点のあるテントウムシ(天道虫)→
 
3:脱皮寸前で、「丸まっている」テントウムシ(天道虫)。下の写真です。↓
 脱皮寸前の、丸まっているテントウムシ(天道虫)

脱皮寸前のテントウムシ(天道虫)。



ブラシのような、幼虫のテントウムシ(天道虫)
1:ブラシのような幼虫のテントウムシ(天道虫)。←左の写真。

 

 
             ●2:トゲトゲの幼虫のテントウムシ(天道虫)
                                  右の写真→

紋白蝶(モンシロチョウ)の子ども、すなわち青虫

 ←●紋白蝶(モンシロチョウ)の子ども、すなわち青虫です。左の写真。
  

オトナのモンシロチョウ(紋白蝶)と紫色のラベンダ−の花やモンシロチョウと紫色のサワギキョウ(沢桔梗)の花のツ−ショットは、こちらへ。
2003年7月30日(水) 「カメラ目線」で、こちらを見つめる、黒いシマ模様の白アゲハチョウ(揚羽蝶)。モンシロチョウ(紋白蝶)と紫色のサワギキョウ(沢桔梗)、ラベンダ−。目玉のような模様のジャノメチョウ(蛇の目蝶)。チョウ(蝶)をつかまえた後は? 映画の『コレクタ−』。チョウ(蝶)の羽化
「たましいの飛躍的な成長」を意味する「イニシエイション」。鳥のように「チョウ・ウオッチング」はいかが?


テントウムシ(天道虫)にも、いろいろあります。
 このオレンジ色に黒い斑点だけでなく、よく見るのは、赤に黒い水玉模様
 赤地に黒い点のテントウムシは、こちらへ。2002年10月20日(日)  蝶とてんとう虫とハチの、花のごちそう。】

 白黒のゴマ模様のようなテントウムシ(天道虫)もいます。
 白黒のゴマのように点がたくさんある、テントウムシ(天道虫)は、こちらへ。
【2003年9月17日(水) 廃墟は、アカマンマや猫じゃらし(エノコログサ)の原っぱに。ままごと遊びの「アカマンマ(赤飯)」は、イヌタデ(犬蓼)。オオケタデ(大毛蓼)は、1〜2m。オオイヌタデ(大犬蓼)は、白いご飯粒のような花穂。タデ(蓼)の花穂は、米粒のような花が開く。白黒のゴマのように点がたくさんある、テントウムシ(天道虫)を、はじめて見た

金剛石 ダイヤモンド 中心点ビンドゥ内藤景代の「日誌風エッセイ」見出し集は、こちらへ
 http://bigme.w2.wingserver.jp/
更新しました:  2004年4月2日 「内藤景代の本 心に残る言葉No2
「あなたの心に残る一節」をご投稿ください。
           詳細はこちらへ。メ−ルは:
mail@bigme.jp
大好評 15刷!『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』内藤景代・著 PHP刊 表紙
『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』 
           内藤景代・著 PHP研究所・ \1300
体に効く、心に効く、美に効く」ヨガを、見開きの2色の図解のイラストで。呼吸法と「気の流れ」もわかりやすいと大好評!
          ★表紙の拡大イメ−ジは、こちらへ
          ★内容の紹介の「はじめに」は、こちらへ
          目次のご紹介は、こちらへ
 ■ ネット書店
    翻訳は、こちらへ

新版『BIG ME』 新版・『BIG ME』できました!
BIG ME (ビッグミ−)大きな自分に出会う こころの宇宙の座標軸』
  まえがき」は、こちらへ。 
 ●新版『BIG ME』の「あとがき」は、こちらへ
  表紙は、登場人物の「全員集合」です。だれかは、こちらへ
   本文よりと、読者のメッセ−ジは、こちらへ。
 「BIG MEって、何?」は、こちらへ
  
NAYヨガスク−ルで販売します。ネット特別割引 送料込み!¥1.200
書店では、手に入りませんので、通販をご利用ださい。こちらへ。       
 いままでの新書判が、大判の(四六判)に、「表紙」も変わり、 大きく、読みやすくなりました!

←★前へ 更新記録 次へ★→

直線上に配置
トップページへもどる