直線上に配置トップ アイコントップページへもどる
BIG ME club 内藤景代が毎日更新する
日誌風エッセイ    最新情報
 内藤景代 

 2002年7月30日(火) 
古代の蓮と西方浄土の極楽と、夕焼け


きのうは、古代(はす)の花――1,400年〜3,000年前の蓮――が、夏の陽射しに元気に咲いている、古代蓮池(こだいはすいけ)に行ってきました。

●古代の蓮なので、小さい睡蓮のような蓮を想像していましたが、そのイメ−ジは嬉しく裏切られました。
  30p以上の大輪のボタンのような、大きな古代の蓮が、広い蓮池にいっぱいでした。

大賀蓮
















『BIG ME』(213n「緑の魔術師たち」)にかいた大賀(おおが)博士が、2000年前の蓮のを開花させた大賀蓮(おおがはす)も、たくさん大きな花を咲かせていました。つぼみもいっぱいありました。
 すべて、手にふれられる身近(みじか)で見られます。しかも無料で。

こんな太っ腹(ふとっぱら)な贈り物をしているのは、彩の国(さいのくに)――埼玉県です。そこの行田(ぎょうだ)市に、古代蓮の里(こだいはすのさと)があります。
公共事業で土を掘り返していたら、蓮の種が出土して、自然発芽して、開花したといいます。
  1,400年〜3,000年!! の時をへだてて――タイムカプセルからよみがえったように――古代の蓮のいのちが、再生したのです!

行田蓮=古代蓮




地中の種子が大量に自然発芽した例は、世界でもあまりないそうで、行田蓮(ぎょうだはす)→と名づけて、行田市では天然記念物として保護しています。
花泥棒の「できごころ」には―― 「とって いいのは 写真だけ」と、池の前の小さな紙で――クギをさしています。

シャカ悟りを開いた後は、覚者ブッダ→ 「精神世界の疑問と答のチャ−ト)の死後500年くらい後にできた大乗仏教『ヨガと冥想』82n「たてとよこに分裂した仏教」)の光輝く阿弥陀如来(あみだにょらい=阿弥陀仏『ヨガと冥想』138n) を信じる浄土教(じょうどきょう)系では、以下のような「死後の世界」の信仰があります。

蓮の花の上に座る阿弥陀如来阿弥陀如来 石像

 ↑小平の小川寺(こだいらのしょうせんじ)の石仏。

――西の空の彼方に西方浄土(さいほうじょうど)という、阿弥陀如来の住む極楽(ごくらく)があるといわれます。
 「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」と念仏(ねんぶつ)をとなえ、善行をつんで…死んだひとたちは、極楽で生まれ変わるそうです。―― そして、阿弥陀如来とともに、ひとりひとつの蓮の台(うてな=蓮の花の台座)の上でめてしく暮らす…という物語が伝えられています。

極楽という「死んでから行く世界=死後の世界」の物語は、西の空に沈んでいく太陽が見せてくれる夕焼けのイメ−ジ(きのうのペ−ジ)と、泥水(どろみず)の中から清らかな大輪の花を咲かせる蓮の花(きょうのこのぺ−じ)のイメ−ジを複合させてできているといわれます。

要するに、綺麗な夕焼けを見て美しい蓮の花を見て、平和な気持ちになっていると、極楽のイメ−ジがかいま見られるらしいのです…

●極楽の蓮の台にすわっている↑のは、死んだ人たちだけでなく、大乗仏教の菩薩(ぼさつ)などの仏像は、みな蓮華座(れんげざ)という、蓮の花を台座にして、足を組んでいます。

ヨガの蓮華座のポ−ズ(パドマ・アサナ)は、NAYヨガスク−ルのトップ・ペ−ジの上にある、NAYヨガスク−ルのシンボル・マ−ク―冥想する女性座法=足の組み方です。


時の流れの中に咲いた、古代の蓮だけでなく、今・ここの星・地球の同じ空間に咲いている、世界中の蓮の花も――古代蓮の里で――みごとに咲きほこっていました。
      それらの綺麗な蓮の花の写真は、また明日。  
 
※後記:縄文蓮(じょうもんはす)」ともよばれる「大賀蓮(おおがはす)」の発掘現場ちかくに、現在では蓮池(はすいけ)がつくられ、ピンクの大きな縄文蓮すなわち大賀蓮が、咲いていましたその花の写真とお話は、こちらへ。↓
2008年8月1日(金) お盆とは。インドの文語、梵語 『ヨガと冥想』  「ガマの油」売りと大きな鏡  ミッキーマウスの 「魔法使いの弟子の帽子」は無意識の力がわく有明月 三日月ではない 縄文蓮(じょうもんはす)別名を大賀蓮(おおがはす)の蓮池 瑜伽 =ヨガ『睡眠瑜伽』翻訳 中国語 「ベッドの上で簡単にできる「寝ヨガ」レッスン快眠CD付」】

←★前へ 次へ★→

直線上に配置
トップ アイコントップページへもどる