2003年6月29日(日) 
☆ ♪クチナシ(山梔子)の白い花♪ には、一重と、八重がある。
☆クチナシの、I D (アイディ)。アイデンティティ。自同律。
☆『源氏物語』のユウガオ(夕顔)とヨルガオ(夜顔)。
☆「こころが豊かになる、イメ−ジの世界」の「お約束(ル−ル)」

雨上がりの道で、匂い立つ香りに、まわりを見渡すと、
クチナシ山梔子)の白い花♪が咲いていました。

  6枚の花びらの真ん中に黄色く細い星形がついている、「白い花」。

  今年は、もう、まちがえません。これも、クチナシ山梔子)です。↓





                       クチナシ(山梔子) 一重の白い花


クチナシ(山梔子) 一重の白い花↑



                   クチナシ(山梔子) 八重の白い花


クチナシ(山梔子) 八重の白い花↑




クチナシ山梔子)の花には、
花びらが一重(ひとえ)と
八重(やえ)があるのを、
去年の暮れに写真で知り、
一重クチナシ山梔子)の白い花が咲いているのを見たい……」と、
こころの隅で願っていたのを思い出しました。


というのも、東京にあるのは、
八重咲きの白いバラ薔薇)のようなクチナシ山梔子)が、
街路樹などに多いからです。


去年までは、一重
クチナシ山梔子)の白い花♪を見ても、
香りはクチナシ山梔子)に似ているけれど、
何の花だろう……?」と思っていました。

  花びらが多重にある、
白いバラ薔薇)のような花……だけが、
クチナシ
山梔子)の花だと思いこんでいたからです。


去年の暮れのエッセイで、「12月26日(木) クチナシの白い花は、
丸い果実と細長い果実があり、
今の時季、黄橙色の実をみのらせて、
お正月の栗きんとんの色づけになります
」とタイトルにかきました。

 その時の、テ−マは、「赤橙色のクチナシ山梔子)の(み)」でした。

 丸い実と長い実があり、「花がちがうらしい……」ということで、
一重クチナシ山梔子)の白い花」を、その日から意識しました。

……そして、今年の梅雨の雨上がりに、
「クチナシ山梔子)の、花の香り」にふりむいて、
花を探すと、真ん中の黄色い星形が輝くような
一重クチナシ山梔子)の白い花」が、咲いていたわけです。


 
これも、クチナシ山梔子)、と
同定アイデンティファイ)しました。
自同律


            A   (クチナシ)   =   1  (一重)   

           A   (クチナシ)  = 8 (八重)

           A   =   1   =  8 



 クチナシ山梔子)の、I D (アイディ)は、2つあるわけです。

 一重(1)も  
八重(8)も、
クチナシ(A)です。


 ♪クチナシ山梔子)の白い花♪  の歌では、
「お前のような、花だった」とありますが、
「そのひとの、なつかしいひと」は、
一重の
クチナシ山梔子)のイメ−ジだったのか、
八重のクチナシ山梔子)のイメ−ジだったのでしょうか……?


一重のクチナシ山梔子)なら、
寂しげな、源氏物語』のユウガオ夕顔)の雰囲気。

 八重の
クチナシ山梔子)なら、
今、園芸種でユウガオ夕顔)として販売されている、ヨルガオ夜顔の、
華やかな雰囲気。


……とはいえ、ある小説家のかたが、
(謡曲)は、あいまいにぼんやりとしたイメ−ジにすればするほど、ヒットする。

小説は、いかにはっきりとイメ−ジが伝わるか、苦心する。

方向が逆だ」という意味のことをかいていました。


白い花」のイメ−ジは、
それぞれの好み投影(プロジェクト)されるようです。

 だから、はっきりとくくりすぎないほうが、
イメ−ジは豊かに広がるようです。


「 あなたの ♪ くちなし の 白い花 ♪ 」
  は、 どちらのイメ−ジでしょうか?
 
 
厳密な「論理」ではないので、
どちらも、(あなたにとって)正しい、イメ−ジ」だと思います。


 それが、「こころが豊かになる、イメ−ジの世界」の
お約束(ル−ル)」です。



 6月13日(金)更新「あなたの心に残る一節」を「内藤景代の本 心に残る言葉」という公認サイトへ、お送りください。CDや教室でのお話のフレ−ズなどもどうぞ。 NAYヨガスク−ルの「会員以外」のかたも、ご参加ください。 
  2003年3月発売  最新刊 ・ 発売中!『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』内藤景代・著 PHP刊 表紙 大好評 3刷!
『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』 
           内藤景代・著 PHP研究所・ \1300

体に効く、心に効く、美に効く」ヨガを、見開きの2色の図解のイラストで。呼吸法と「気の流れ」もわかりやすいと大好評!

             ★表紙の拡大イメ−ジは、こちらへ
             ★内容の紹介の「はじめに」は、こちらへ
             目次のご紹介は、こちらへ
 ■ ネット書店

←★前へ 更新記録 次へ★→

直線上に配置
トップページへもどる