2003年3月14日(金) 
」から「」が生まれる
象徴としてのコブシ
のつぼみとヒヨコ
太陽は春分、月は満月、その後の日曜日…が復活祭のキ−ワ−ド
◎イースターエッグ
大きめの銀色のネコヤナギ(猫柳)のようだった、コブシ)の木。
ブシ
の花の白いつぼみが、
銀色のとがったムクムクのコ−ト(?)から顔を出しはじめました。
コブシのつぼみは、白くつるんととがっています。 
陽当たりのよい水辺では、コブシの花が、
すでに開いて、咲いていました。
井の頭公園の弁天池です。

                        ネコヤナギ(猫柳)のような、銀色のコブシ(拳)


 ネコヤナギ(猫柳)のような、銀色のコブシ(拳)の木↑
 

   、1月。
 井の頭公園、弁天池



 ♪コブシ咲く、北国の春♪♪

 という歌を先におぼえ、
どんな花だろう?」と思っていました。
 そして、実物のコブシを見て、
「白いモクレンハクモクレン白木蓮)を小さくしたような花」と知り、
名前の由来に納得しました。

コブシの花は、白いモクレン木蓮)より小さく、
赤ん坊の小さな握り(にぎりこぶし)の大きさなので、
コブシ)と名づけられているそうです。

 コブシモクレンも、同じ「モクレン科モクレン属」です。

                   コブシの白いつぼみ
        ↑銀色のサヤから顔を出した、 コブシの白いつぼみ


 銀色のネコヤナギのようなサヤから顔を出している
コブシのつぼみを見ていると、
きのうお見せした「イ−スタ−・エッグ」の割れた中から
顔をだしている2匹のヒヨコに似ている…と思います。

「まだ、この世に出現していない、ない=無」に見える、
花のつぼみ(例:コブシ)や(例:ニワトリの玉子)。

                                         イ−スタ−・エッグの卵の中から顔を出す、2匹のヒヨコ

  ●イ−スタ−・エッグの卵の中から顔を出す、2匹のヒヨコ↑


花のつぼみが開いて花が咲くこと(コブシの花の開花)や、
の殻(カラ)からヒヨコという
ニワトリのヒナ(雛)が顔を出すことは、
大きな意味で
同じパタ−ンの出来事」といえるでしょう。

この世に「ない」ように見えた「」。

 から、
つぼみ(植物)やヒヨコ(動物)という生き物が、
この世に「ある」存在としてあらわれてくる…「

 
 」から、「」が生まれる……


むかしの人は、そう感じて、
素直に、早春のコブシなどの花のつぼみと開花を
春の訪れの象徴(シンボル)」として喜んだのでしょう。


 「復活祭(イ−スタ−)」の卵も、
古代の「太陽神」の「死と再生(=復活)」を祝う
春分(しゅんぶん)」の春祭り象徴シンボル)」を
キリスト教がとりいれたようです。


「太陽神」のチカラが一番弱まるのが、24節気冬至(とうじ)です。

 2002年12月22日に冬至の話を次のようにお話しました。
 
 一陽来復」の宇宙の円環
冬至と太陽神の祭り、
そして救い主=救世主=メシア=クリストス=キリストの誕生日


キリストの誕生日とされる「クリスマス」が、24節気冬至の祭り。

 そして、十字架の上で殺されたイエス・キリストが、
「死んで復活した」とされる聖書の物語・・・

その日が、「太陽神」が復活する日、とされる24節気の「春分」の「春の祭り」といっしょになっているのです……

要するに、「生まれた日」も「んで復活したとされる日」も、
「古代の太陽神(空に輝く太陽のことです)の、冬至と春分の祭り」と
いっしょにされてきたのが、キリスト教のイエス・キリストの物語のようです。

太陽
   


古代の太陽神  ≒  キリスト
=救い主=救世主=メシア=クリストス



だから、なぜ、キリスト教の「復活祭(イ−スタ−)」に、
イ−スタ−・エッグ)が関係してくるのかわからない
…というひとも多いです。

 わたし達、キリスト教のミッション・スク−ルの生徒達には
大きな疑問でした。


さて、復活祭(イ−スタ−)の日、というのも、むずかしい。
 今回、調べてやっとわかりました。

 「太陽神」が復活する日、とされる「春分」が、計算の基準です。
 毎年、春分のの最初の満月を、暦で探します。

 次に、その満月の最初の日曜日が、復活祭になります。
 今年は、4月20日でしょう。
 

太陽は、春分。月は満月。曜日は、日曜日

 それが、その年の、キリストの「復活祭」とされています。
 毎年、変わるわけです。

 春分は、3月21日ときめているそうです。

 日本も、3月21日のその日は「春分の日」で、
仏教系の「お彼岸のお中日」です。


コブシ)が開いてきた、春です。

 戦争に向かって握りしめていたコブシ)を開いて、
春の喜びとともに
復活祭イ−スタ−)」を楽しむこころを、
アメリカの人たちは、とりもどしてほしいです。

 ニュ−ヨ−クの「イ−スタ−・パレ−ド」は、
陽気で華やかで、すてきなものとして有名です。

ジャンケン()のように、
今年も、コブシ)をグ−から、
パ−
に開いて、
ラブ&ピ−ス」の「Vサイン」のチョキにして、
花いっぱいの「復活祭イ−スタ−)」を
楽しめる雰囲気の空気に、
ニュ−ヨ−クがなるといいですね。

 アメリカやヨ−ロッパには、
「ジャンケン()という遊びが、ない」とききました。

海外にいる日本人は、
ジャンケン(拳)の遊び方を教えてあげてくださるとうれしいです。


被害者意識に固まった、
憎悪
に引きつった固い雰囲気から、
ニュ−ヨ−カ−は、笑顔をとりもどしてほしいものです。

ニュ−ヨ−クの自宅前で、
ファンのひとりに、ピストルで殺された
元・ビ−トルズジョン・レノン

 ジョン・レノンの未亡人でアメリカ在住の日本人、
オノ・ヨ−コさんは、
今、故ジョン・レノンの意志をついで
ピ−ス・イベント」を彼女のホ−ムペ−ジで提唱しています。

 「平和な気持ちになろう」…
そして、平和なイメ−ジを想像しよう♪イマジン♪)…

 小さな、あなたのできることで、「ピ−ス(平和)」を…と。


 ※→ジョン・レノンビ−トルズのことは、『こんにちわ私のヨガ』 p220
     「ビ−トルズのレット・イット・ビ−と般若心経
 
 ※→
被害者意識」のことは、『こんにちわ私のヨガ』 p168
       「被害者意識は捨てましょう


ラブ&ピ−ス love & peaceといえば、
サッカ−の中田英寿選手」が、ご自分の公式ページ、「中田ネット」のトップに「ラブ&ピ−ス Hide」とかいています。イタリア語で。
「反戦(戦争反対)」の意志表示として。
 ラブ&ピ−スのサインの上には、天使が2人。
 「さすが」と思いました。カッコいいです。


きのうの3月13日のエッセイには、以下を追加してあります。

  (^-^) V    →  Vサイン:  ラブ&ピ−ス love & peaceサイン  
 

 ※後記:アクエリアス水瓶座の時代占星術ニュ−エイジの関係は:
            『わたし探し・精神世界入門』  p188 〜p192脚注
                         


NEW   内藤景代Amazon著者ページ(新刊・古書・電子書籍)こちらへ

←★前へ 更新記録 次へ★→

直線上に配置
トップページへもどる