前へトップページへ戻る [瞑想フォト・エッセイ]次へ
             

2002年9月23日(月) 彼岸とは、「この世=此岸」ではない「あの世=彼岸」 =形のない世界=形而上の世界。春と秋、お彼岸のお萩と牡丹餅は、同じ。秋分と春分。お彼岸と大乗仏教の先祖供養
お彼岸のお中日(ちゅうにち) ぼたもち(牡丹餅)は春のお彼岸、おはぎ(萩)は秋のお彼岸。よびわけるのが〈風流〉のこころ
※追記:「目に見えない世界」もまた、この世の半分。目に見えない流れを感じる<風流>の感性(センス)と、 くくる【言葉】の関係を、絵文字のヤントラで、つながりぐあいをあらわすと、波と金剛ヤントラ
きょうは、お彼岸(ひがん)
お中日(おひがんのおちゅうにち)です。

秋分(しゅうぶん)の日。

 お彼岸は、春と秋、年2回あります。

彼岸とは
この世此岸(しがん)」ではない、
あの世彼岸(ひがん)」
形のない世界
形而上(けいじじょう)の世界のことです。


 形而上とは、
観念の世界
=こころの世界
=イメ−ジの世界
で、
死後の世界や霊界
とよばれる世界もふくみます。


 ※→
このあたりのイメ−ジの錯綜関係は、
精神世界の疑問と答 Q&Aや、

※→『聖なるチカラと形・ヤントラ』 
210p「なぜ、母なるものが見せる、幻影にまどわされるのか」
211p「なぜ、無から有を生む創造力は秘密のチカラなのか」を。


先祖供養(せんぞくよう)」を尊ぶ、
大乗仏教では、
秋と春の秋分春分の前後1週間を、
「お彼岸」としています。

 そして、「彼岸の入り」から
、「彼岸の中日」、
「彼岸の明け」と7日間を、
祖霊
(それい=先祖の霊)をしのび、
お墓参りをする風習を残しています。

  ※→
大乗仏教については、
『ヨガと冥想
』 70p 「絶対はない。すべては変化する。」

      ◎日本の仏教は、横(―)方向の大衆部大乗仏教

ぼたもち(牡丹餅)は春のお彼岸、おはぎ(萩)は秋のお彼岸。よびわけるのが〈風流〉のこころ

さて、お彼岸には、
「ぼたもち」や「おはぎ」を食べる風習があります。

 ↑上の写真が、「おはぎ」です。

 同じような和菓子で、「ほたもち」も、今、売っています。

 「ぼたもち」と「おはぎ」は、同じお菓子です。

 風流に、同じ和菓子でも、
秋と春の「お彼岸」に、名前をよびわけているわけです。

春は、↓「ボタン(牡丹)の花」の季節なので、
ぼたもち(=ぼたんもち=牡丹餅)。 

秋は、9月10日にのせた、「萩の花」の季節なので、
おはぎ(=お萩)。

※追記
風流に
牡丹餅とお萩と、くくり、よびわける。
                
しかし、現実(リアル)は「同じ」もの。
                 

目に見えないものを感じる「〜〜風流」の心は、
                
四季の(気の波長の)違いを
   「(違う)花に託す」
                 

 秋はハギ(萩 はぎ)の花
 春はボタン(牡丹 ぼたん)の花 

        
2つは違う、花。
         
言葉で■金剛ヤントラのようにくくると、違う。
                

けれども、「伝えたい、こころ」
その言葉で感じて欲しい「気持ちの流れ」
という、〜〜波のような、目に見えない〃もの〃〜〜
は、同じ。
       
「言葉に託された、思い」を
「言葉の違い」を超えて、
■響き♪♪■を感じることができれば、
《世界が、微笑んでいるように感じられる》
のではなかろうか?

その感覚を絵文字・ヤントラであらわすと以下です。

                         

                
風流を感じる        お萩
                    同じ風流を感じる
                      
                牡丹餅
すなわち
「目に見えない世界」もまた、この世の半分。

目に見えない流れを感じる<風流>の感性(センス)と、
くくる【言葉】の関係を、絵文字のヤントラで、
つながりぐあいをあらわすと、
波と金剛ヤントラになります。

言葉で考えないで、
           
ヤントラ瞑想してみましょう。

              ※ヤントラとは
      ※ヤントラを使う瞑想とは 



秋分
は、一年の「気の流れ」を分節した24節気の1つで、秋分の日に、昼と夜の長さがほとんど同じになります。
  きょうから、たんだんに昼が短く、夜が長くなっていきます。秋の夜長(よなが)…

太陽の位置が、中天(ちゅうてん)にある真夏よりも、低くなるので、木立の影や壁にうつる人影(ひとかげ)などの「ものの影(シャド−)」も長くなっていきます。

  地球と太陽の関係と、日本の位置関係からいうと、日本での昼と夜の長さがほとんど同じになるのは、秋分から3日後だそうです。パリやシンガポ−ルは…?


ボタン(牡丹 ぼたん)の花
  
おはぎ=ぼたもちは、
餅米(もちごめ)をむしたおもちに、
黄色い大豆(だいず)でつくった黄粉(きなこ)をまぶしたものと、
赤い小豆(あずき)のあんこ(餡)をつけたものがあります。


 上の写真の右が、黄粉。

 左があんこで、「つぶあん」。


赤い小豆(あずき)のあんこ(餡)にも、小豆をゆでて練り、皮を残した「つぶあん(粒あん)」と、皮をこした「こしあん」があります。

今、「赤い小豆」は、
「体の酸化=老化をふせぐ、ポリフェノ−ル
の含有量がトップの、赤ワインに匹敵するほど多くふくむいうことで、見直されているようです。

むかしから、日本では、大事な「おめでたい時」に、
赤い小豆」の煮汁にお米をひたし、ゆでた小豆粒をそのまま入れた「赤いご飯」

――すなわち「お赤飯」を食べる風習があります。

おめでたい席には、今でも食べるところは多いようです。


 大事な節目に必ず、
抗酸化物質をふくむ体によい赤い小豆を使うのは、「生活の知恵」でしょう。

お彼岸は、大事な節目でも、おめでたいわけではないので、
赤い小豆をあんこにしたおはぎ=ぼたもち食べるのかもしれません…

 生クリ−ムを使った洋菓子より、
赤い小豆
(あずき)のあんこ(餡)を使った和菓子は、
カロリ−も少なく、ダイエット効果もある…といわれます。

少量を味わって食べる…

 ビタミンの含有量の多い緑茶とおはぎはあいます。
体も温まるので、いかかですか。
 

←★前へ 次へ★→

直線上に配置
トップページへもどる