2003年10月1日(水) 花の噴水のように盛り上がり、シャワ−のように枝垂(しだ)れるハギ(萩)の花。殿ヶ谷戸庭園では、逆に、ハギ(萩)の花で「トンネル」をつくり、その下を歩く。外からたわわなハギ(萩)の花を見るか、内側からハギ(萩)の花に包まれて歩くか……どちらも、秋に味わえる至福のひととき。ハギ(萩)の花の工夫は、三角や四角もあり、多彩

『BIG ME』(NAYヨガスク−ル刊) 内藤景代・著←『BIG ME (ビッグ ミ−)大きな自分に出会う  こころの宇宙の座標軸』 (NAYヨガスク−ル刊)が、品切れです。
 
 版型を大きくして読みやすくするなど変更して、オンデマンド出版の準備中。        ご注文は、しばらくお待ちください

きょう、10月1日NAYヨガスク−ル生徒さんのペ−ジ猫の集会」の10月号をアップしました。こちらへ

mariko さんが「うちの猫、ラウル君」の名前をつけて、英国式リフレクソロジ−(足裏反射療法)のお店「ラウルRAOUL)」を、今週の10月4日(土)に開店!

旧 新書版 『綺麗になるヨガ』まどかさんは、「不思議の国のアリス」のエッセイ。
旧版の『綺麗になるヨガ』に「アリスとキノコの上のイモムシの絵 WHO are you ? 」をのせたペ−ジなどがヒントとか。新版『綺麗になるヨガ』は、「全面改定版」なので、そのペ−ジはありませんが、懐かしい話です。

   ←旧 新書版 『綺麗になるヨガ』

Kayokoさん は、エジプトのアブシンベル大神殿の入口にある「ラムセス2世」の巨大な自己像。
 似ていると思ったら、4つとも!「ラムセス2世」の像でした。
 

Tomiko さんは、秋の「山路にて」。水の流れや水滴、そして紅葉が綺麗です。 
  koji さんは、例によって「誰もいない」、夕焼けのたそがれ時の景色。

Takamiti さんは、秋のイメ−ジで「黄昏(たそがれ)」を作曲し、ピアノとヴァイオリンのデュオで演奏。
 singo
さんは、亡き大切な方の言葉から感じた「環境」という曲を作り、シンセサイザ−で演奏。

菜穂子さんは、黒いラブラド−ルハナちゃん。舌がスゴイ。
  yuki さんの大切な「思い出」の愛犬 白いラブラド−ルピッコロ嬢と、透明感のあるさとしさんの水彩画は、好評につき今月も掲載です。  

ハギ(萩)の花
                       ハギ(萩)の花↑

花の噴水のように盛り上がり、シャワ−のように枝垂(しだ)れるハギ(萩)の花を見ました。
 小高い丘から、濃いピンクの小さな花と緑の葉が、豊かに流れ、ヤナギ(柳)のように風にゆれていました。
 ハギ(萩)の花をかきわけて、丘にのぼると、そこには、ドングリがいっぱい。秘密の空間のようです。

ハギ(萩)の花
  ←ハギ(萩)の花

 

 小さなハギ(萩)の花は、よく見ると、スイトピ−にも似ています。






去年は、枝垂れるハギ(萩)の花を、どう工夫するかで、それぞれちがう、お庭の写真を、おみせしました。
 10月13日には、三角の形に、紅と白のハギ(萩)の花をシャンと座らせる・・・ような寺の庭
  10月17日には、四角い竹囲いから、ハギ(萩)の花をあふれさせる、「タヌキ囃子(ばやし)」のお寺

きのうご紹介した殿ヶ谷戸(とのがやと)庭園では、ハギ(萩)の花で「トンネル」をつくり↓、その下を歩けるようになっています。
 「秋の七草」の代表のハギ(萩)の花なので、「秋に包まれる」ような感じがします。

ハギ(萩)のトンネル 殿ヶ谷戸庭園
 ←ハギ(萩)のトンネル 殿ヶ谷戸庭園

      トンネルのハギ(萩)の花トンネルのハギ(萩)の花↓
   












三角か四角か、からたわわなハギ(萩)の花を見るか。
  または、側からハギ(萩)の花に包まれて歩くか。
  ハギ(萩)の花の工夫は、むかしから多彩なようです。

 ……どれも、秋の今の時季に味わえる至福のひとときです。


2003年3月発売  最新刊 ・ 発売中!『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』内藤景代・著 PHP刊 表紙 大好評 8刷!
『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』 
           内藤景代・著 PHP研究所・ \1300

体に効く、心に効く、美に効く」ヨガを、見開きの2色の図解のイラストで。呼吸法と「気の流れ」もわかりやすいと大好評!

             ★表紙の拡大イメ−ジは、こちらへ
             ★内容の紹介の「はじめに」は、こちらへ
             目次のご紹介は、こちらへ
 ■ ネット書店
 8月15日(金)更新 「あなたの心に残る一節」を「内藤景代の本 心に残る言葉」という公認サイトへ、お送りください。「なんでもあり」です。 NAYヨガスク−ルの「会員以外」のかたも、ご参加ください。 メ−ルは: mail@bigme.jp

←★前へ 更新記録 次へ★→

直線上に配置
トップページへもどる