2002年9月27日(金) 100万本!の赤い彼岸花(ヒガンバナ)、別名は曼珠沙華(マンジュシャゲ)。黄金色や白色の彼岸花。  秩父の高麗(こま)と坂口安吾

秩父(ちちぶ)で、
100万本!の赤い彼岸花(ヒガンバナ)
――別名は曼珠沙華(マンジュシャゲ)――の赤いチカラに圧倒されました。

……赤い花の群生(ぐんせい)の中での、
たった一輪黄金色の彼岸花も、負けずに輝いていました。

                             黄金色のヒガンバナ(彼岸花 ひがんばな)

   オレンジがかった黄金色の彼岸花  

   
  自生(じせい)する真っ赤な彼岸花=曼珠沙華の群生
         想像を絶する数は、ハンパではありませんでした。
     
                          自生するヒガンバナ(彼岸花 ひがんばな)




                                                      紅白のヒガンバナ(彼岸花 ひがんばな)


   紅白(こうはく)の彼岸花

                                 


                                                   白いヒガンバナ(彼岸花 ひがんばな) 


白い彼岸花↑

 

この秩父の奥の高麗(こま)の里に、
自生
している「100万本の赤い彼岸花=曼珠沙華」の大軍の中では、
白い彼岸花」は、ほんの少しでした。

けれども、はえているときは、必ず、数十本が集まってはえていました。

白い彼岸花は、東京でも、たまにみかけます。そういう場合は、必ず、紅白の彼岸花を、いっしょに植えてあるようです。

高麗では、赤い彼岸花を曼珠沙華」とよんでいました。

赤い花は、「赤いトウガラシ・パワ−」にも通じるチカラを感じました。

 この100万本!の赤い曼珠沙華=彼岸花は
――蛇行(だこう)して残された巾着(きんちゃく)の形をした土地の田
(=巾着田)が休耕地になって――
自生し、地下茎で増え、群生したそうです。



                        天下大将軍 地下女将軍



西武線の高麗駅の前の2本の赤い柱。

 西武線の所沢(ところざわ)の先、
飯能(はんのう)から2つ目の高麗駅をおりると、
呪術的な赤い2本の柱が、正面に立っていました。

 ……どこかで見たことがある……と思いましたが、
新宿
韓国料理のお店の前に飾ってあった、
小さな2本の柱を3メ−トルくらいにした、迫力のある柱でした。

 右は、「天下大将軍」。
左は、「地下女将軍」。

…とかいてあり、それぞれの上に、
両目と口がかいてありました。

 天と地、男性と女性、陰と陽の「対極のチカラ」の
依り代(よりしろ)」として
、高麗の里を守ろうとする、韓国的な御柱(みはしら)なのでしょう。

 この秩父の高麗(こま)は、
坂口安吾が晩年のエッセイにかいていたので、
むかしから一度、来たかったところでした。

 奈良時代から、
この里に、韓国の高麗(こうらい)のひと達が渡来し、
定住し、高麗(こま)という地名になり、
高麗川(こまがわ)も流れています。

 高麗には、「高麗王(こまおう)・若光」の墓もあり、
安吾は、歴史のロマンを感じ、
想像力をかき立てられていたようです。

彼には、奈良時代を舞台にした『道鏡(どうきょう)』などの小説もありますし…。


 ※→坂口安吾は、わたしの本、
『冥想 マインド・トリップ』 
『BIG ME』
『わたし探し・精神世界入門』
などにでてきます。


 今でも、韓国的な風物(ふうぶつ)が残った土地らしく、
巾着田(きんちゃくだ)という
曼珠沙華の自生地
へ行く途中の家の前には、
韓国のカボチャです」という紙がおかれ、
輪切りにしたカボチャや丸ごとのカボチャがおいてありました。

 日本の濃い緑のカボチャとちがい、
細長くて、つるんとしたベ−ジュ色でした。

まさにカボチャの異称の「唐茄子(とうなす)」という感じで、
ナス(茄子)を大きくしたような形でした。

                     韓国のカボチャ       


←★前へ 次へ★→

直線上に配置
トップページへもどる