2002年11月13日(水) をかっこむ「熊手」のリサイクルは、なし…納め所へ

きょうは、「二の酉」。「おとり様」の祭礼で、「酉の市」です。「一の酉」の話で、かきましたように、「をかっこむ熊手」は、一年ごとに、神社の「納め所」へもっていき、「お炊きあげ」を御願いする風習です。昼間から、たくさんの熊手が積まれていました。↓

「お炊きあげ」を待つ、熊手や升
「お炊きあげ」を待つ、熊手(ます) →




数万円、数十万円する熊手も、縁起(えんぎ)をかつぐひとには、1年限り(かぎり)です。
 もったいない…と、ふつうのひとは思いますが……
 
この不景気なときなので、「リサイクル」にだして、半額か何割かを……とは、考えない「思考形式」になっているようです。
 …不景気だからこそ、今年はもっと大きな縁起のいい熊手を〜〜! となるのかもしれません。







縁起物」を買う会社などの心理は、ふだんの計算高い「合理的な思考法」とは別の発想になっているようです。
 流動的で魔術的な発想法の遊び心にみちた魔術的な見方や思考法」です。

1年分の福」をかっこんだ熊手は――神社の結界をはった、お祓いされた場所で――「お炊きあげ」をしていただきます。
 早い話が「燃やす」わけです。神道(しんとう)では、は、浄化作用があるとされています。たぶん、マッチやライタ−でなく、「儀式」があり、そこからもってきたでしょう。

弁財天と宝船の熊手
弁財天宝船の熊手

ワラ(藁)で、宝船(たからぶね)をつくり、弁財天(べんざいてん)を中心にして、福の(ます)に入った恵比寿(えびす)と大黒(だいこく)、その左右に「」の(まとい)…そして、鶴と亀、松竹梅、大判・小判に打ち出の小槌(こづち)…の熊手が、「納め所」に、ありました。
 
 ←おもしろいな〜と思いましたが、これも、煙となって昇天の運命…です。




大鳥大神の祠



大鳥大神の祠 →

「大鳥大神」(ほこら)――神をまつった小さな、おやしろ――が、住宅街の小さな八幡神社の中に招来されていました。
 きょうの酉の市の、中心の神です。
 黄色い矢印が、熊手など、「お炊きあげ」を御願いする縁起物です。


大鳥大神の大鳥祭







 ←大鳥大神の祭礼の提灯

 この八幡神社では「祭」となっていました。
 新宿の花園神社などは「」です。
今夜のにぎわいは、すごいでしょう。



←★前へ 更新記録 次へ★→

直線上に配置
トップページへもどる