前へ次へ
           

2003年3月21日(金) 
きょう、太陽は天空の「黄道と赤道の交差した春分点」を通過する。
「黄経が、0度」の日。それが、春分の日。
天の〔春分点〕は目に見えないが、天球儀には「ある」お彼岸のお中日
地球からみた視点 天動説  天球儀 内部に地球 春分とは 太陽の道(黄道) 天の赤道 太陽は天空の「黄道と赤道の交差した春分点」を通過 「黄経が、0度」の日 
春分の日」は、年により変る
「現実には、目に見える道としては、ない」けれど、
「わかるために分けた」天文学的な黄色の「ふたつの道」、天の黄道と赤道。  
目に見えないけれど、ある」。
※→わかるために、分ける」は『冥想 こころを旅する本 マインド・トリップ
きょう、3月21日は、春分(しゅんぶん) お彼岸のお中日(おひがんのおちゅうにち)。 あさって、23日()は、NAYヨガスク−ルの集中レッスンです。

春分」は、一年の「気の流れ」を分節した24節気の1つで、秋の「秋分(しゅうぶん)」と同じく、「昼と夜の長さがほぼ同じ」になります。
 
天文学的にいうと、「春分」は、「春分点という点を、太陽が通過する日」です。

 「春分点という点」は、どこにある?

 春分点は、天空にあります。

けれども、目に見えません。

 しかし、きのうお見せしたNAYヨガスク−ルに飾ってある天球儀にかいてあります。

 きょうは、もっと拡大した天球儀をお見せしましょう。下です。↓

 「天球の赤道と、黄道が交差した点、春分点に、太陽が来た日が、春分」です。

 「太陽の黄経が、0度になる時を、春分」といいます。
天球儀  春分点を赤で示す 天の黄道と赤道の交点

                         天球儀↑

何をいっているのかわからないかもしれないので、
上の天球儀を見てください。

 赤い線(天球の赤道)と
斜めの黄色い線
(天球の黄道)が交差した、
交差点
赤い輪があります。

 その「赤い輪」がついている点が、「春分点」です。

「天球の赤道と、黄道」というのは、
「現実には、目に見える道としては、ない」けれど、
「わかるために分けた」天文学的な「ふたつの道」です。

   目に見えないけれど、ある

  ※→わかるために、分ける」は:
     『冥想 こころを旅する本 マインド・トリップ』 p18


☆★☆天文学的な黄色の「ふたつの道」、

天の黄道と赤道


  「目に見えないけれど、ある

黄道」というのは、
太陽が1年間で、地球のまわりを、一周する道。

 「天動説」的ですが、
わたし達には「そう見える」ので、
太陽の道」として
色い」をイメ−ジとして、天空に想定しています。

 それが「黄道」。

 上の天球儀では、
「黄色い線」で、
「太陽が1年間で動く、黄色い道」をかいてあります。


「天球の赤道」というのは、
天球儀
の「赤い線」です。

 地球儀赤道が「赤い線」でかいてあっても、 
目に見えない」し、
現実には、「ない」道です。


わたしも、赤道の上空を飛行機で通過したときに、
探しましたが、
赤い道」は、ありませんでした。


 けれど、赤道は、
飛行機や船などで
地球の上での、自分の位置
を知るためには、必要な道です。

赤道の「緯度=横(―)は、0度」で、
緯度の基準」です。
 
かんたんにいうと、
地球の「2つの極(南北、上下)」の
真ん中を
横(―)に通る線(道)が、


 同じように、広大な宇宙空間を、
縦(|)
わかるために、分け」て、
「天の北極と南極」という
2つの極(南北、上下)」をきめています。


 
回転する天球儀
上下を貫く、縦(|)の中心軸」の
上と下が、「天の北極と南極」です。


上の写真の天球儀では、
アンドロメダ座
の北(上)、
左に流れる銀河天の川)の北に見える、
「銀色の軸(天球儀の上下を貫く、中心軸)」のあたりが、
「天の北極点」です。
太陽

     ●さて、前置きが長くなりました。


きょう、春分の日は、
「天球の赤道黄道が交差した点、
春分点太陽が来た日」です。


 それを、「太陽の黄経が、0度になる」といいます。

 いいかえると、「黄経が0度の時を、春分」といいます。

 天球儀に、「マグネットの丸く赤い輪」を
きょうの太陽の位置」として、
春分点」にはりつけてあります。

天球儀
では、
2つの道の交点は
春分点 3月20日」とかいてあります。


 「春分の日」は、年により、変動します

 3月14日にかいたように、
キリスト教の「復活祭」では、
計算の便宜上、
春分の日は、「3月21日」と決めているそうです。

今年の日本の春分の日は、きょう3月21日で、休日でした。
官報で決めるとか。

 きょうの太陽は、「天の赤道」の上にあり、
だいたい、ま東から出て、ま真西に沈みます。  

光の屈折現象などのために、昼間のほうが少し長いですが、
昼と夜の長さは、ほとんど同じです。

きょうから、昼の時間の方が徐々に長くなっていきます。

 太陽の輝く時間、「日照(にっしょう)時間」が長くなるので、
「春の草や花」も、どんどん萌えだし、芽吹いていくことでしょう。 


 また、花の写真をたくさん、お見せしましょう。お楽しみに。

  
『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』内藤景代・著 PHP刊 表紙  2003年3月発売    最新刊 ・ 好評 発売中!
『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』 
           内藤景代・著 PHP研究所・ 

★表紙の拡大イメ−ジは、こちらへ
★内容の紹介の「はじめに」は、こちらへ
2色の図解ペ−ジと目次のご紹介は、こちらへ
 ■ ネット書店

前へ 目次・更新記録 次へ

直線上に配置
トップページへもどる