2003年5月17日(土)  
☆浅草の三社祭と神と仏の神仏習合。
☆そしてお祭り猫と、御神輿と山車

「心と体(からだ)の健康・美容に-
目的別
・NAYヨガスクール(内藤景代主宰)のDVDビデオ,CD活用法
」の
新しいホ−ムペ−ジができました。 
質問と答(Q&A)形式なのでわかりやすいです。
ぜひごらんください。こちらへ。

その他、関連ホ−ムペ−ジのご紹介のリストは、こちらへ。 


きのう、今日、明日と浅草三社祭(さんじゃまつり)です。

むかしから、「三社様(さんじゃさま)のお祭りは、
よく雨にふられる」といっていましたが、きのうは雨。
きょうもはっきりしないお天気です。

三社様
は、
手の平に入るくらいの小さな浅草の観音(かんのん)様を
海から拾いあげた
漁師さんをまつる神社です。


 神社は、観音様をご本尊にする浅草寺の本殿の右にあります。

 むかしは「神仏習合(しんぶつしゅうごう)」がふつうでした。

  ※→神仏習合神と仏の関係は:『ヨガと冥想』を。

今月の「NAYヨガスク−ルの正面の今月の飾りつけ」は、
「夏祭り」をテ−マにしました。


三社祭
とかいた団扇(うちわ)をもって、
御神輿(おみこし)に加勢(かせい)している、
祭半纏(まつりばんてん)をきた猫をかざっています。

 浅草で買った土人形で、
頭に鉢巻をして、尻尾(しっぽ)でバランスをとりながら、
2本足で立っている、猫。              神輿(みこし)



猫 三社祭
     










    猫 三社祭↑

        
キ−ホルダ−だった、ミニ御神輿も飾りました。↑

 御神輿とは、その祭の神がのる…とされている「輿(こし)」です。

 平安時代の乗り物が、輿です。ひとがかつぐ。

 ……それで、幼い頃は、御神輿がよく見えないので、
2階から見ようとしたら、
父に叱られました。

 「御神輿を上から見るなんて、ダメだ!」

 父は怖いし…つまんない……と思ったおぼえがあります。

しかし、最近は、お祭も観光化しているようです。

 以前、小江戸(こえど)といわれる
川越(かわごえ)の祭にいったときは、
2階から山車(だし)が見えるのを売り物にしている
居酒屋さんがいくつかありました。

 その一軒で、飲みながら、「からくり山車」を見ました。
 父が生きていたら、なんというかな? と話ながら……


                                         山車(だし)

川越や飛騨高山(ひだたかやま)の、変身する唐子(からこ)などの
「からくり山車」は、
江戸の手作りの「匠(たくみ)の技(わざ)」の極致です。

↑●山車(だし)


それを、みんなの呼吸をあわせて、
たくさんのヒモなどで動かすのも大変なことですが…
 そのイメ−ジのミニ山車も飾りました。


そして山車の上には、
三つ巴」のマ−クのついた太鼓(たいこ)がのっています。

 三つ巴も、今月の飾りのテ−マです。

 そのヤントラのお話は、また明日。こちらへ

                       

 5月14日(水)「あなたの心に残る一節」を「内藤景代の本 心に残る言葉」という公認サイトへ、お送りください。CDや教室でのお話のフレ−ズなどもどうぞ。 NAYヨガスク−ルの「会員以外」のかたも、ご遠慮なく、ご参加ください。 メ−ルは: e@bigme.jp
   2003年3月発売  最新刊 ・ 発売中!『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』内藤景代・著 PHP刊 表紙 大好評 重刷中!
『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』 
           内藤景代・著 PHP研究所・ 

体に効く、心に効く、美に効く」ヨガを、見開きの2色の図解のイラストで。呼吸法と「気の流れ」もわかりやすいと大好評!

             ★表紙の拡大は、こちらへ
             ★内容の紹介の「はじめに」は、こちらへ
             目次のご紹介は、こちらへ
 ■ ネット書店

←★前へ 更新記録 次へ★→

直線上に配置
トップページへもどる