2002年10月1日(火) 
夜咲レ−スのような白い花、カラスウリは、青い実から赤い実に変容する。
☆カラスウリの「季節による変化」の
「成長物語」と、青の時代。
☆ニ−チェの「3様の変化」(ツァラトゥストラ)

神無月(かみなづき)の1日は、暴風雨です。
花に嵐(あらし)で、ずいぶん散るでしょう。

内藤景代の自己紹介」のペ−ジを直して、
弁財天ヤントラタコ船招き猫をくみあわせた
3Dヤントラ
:内藤景代・制作」を
クリックで拡大して見られるようにしました。

NAYヨガスク−ル
の生徒さんのペ−ジ「猫の集会」の10月号をアップしました。

この内藤景代の個人サイト「BIG ME club」のトップペ−ジ
右下フレ−ムの「この言葉で冥想してみませんか」の言葉と色を変更しました。


         「今・ここ」は、過去と未来の交差点。       


 そこからクリックした冥想用のペ−ジに、
ギリシャ・クロス」のヤントラをアレンジした「新しいゆらぐヤントラ」をのせました。


2000年の9月に作った
弁財天のヤントラとタコ船と招き猫をくみあわせた3Dヤントラ 」は、
2匹の招き猫
――かつて貝に入っていたタコの住みかだった――
タコ船
(アオイガイ)の前にいます。
無意識的な水を象徴する世界を背景にして……


 今、見ると、2匹の招き猫のヒゲや目の感じが、
アゴヒゲアザラシのたまちゃんに似ているような気がします。

 ※→ 「タコ船」が象徴する「自分を守るカラ(殻)」の話は、『BIG ME』186p
                      「カラから出たり、入ったり、自由にやろう

レ−スのような「白い花」のカラスウリが、
緑の果実
をみのらせ、その緑のカラスウリが、
真っ赤
に色づきはじめました。
けれども、すぐになくなってしまいます。

 カラスが「赤いカラスウリ」を食べてしまうのでしょうか。

 次の写真は、「カラスウリの季節による変化」です。
 白
からそして、の時代。

 カラスウリの「3様の変化」です。
                                           カラスウリの季節による変化           






















 ※→ニ−チェの「3様の変化
       (『ツァラトゥストラ』)

すなわち

   【「@ラクダ→A獅子→B子ども」

    3段階の変化】については、以下をどうぞ。

       『BIG ME』42p
             『わたし探し・精神世界入門』288p
             



自我のカラ」に包まれた「青い時代
……自分を守ってくれるはずのカラが、
逆に自分を不自由にするような、
うまく自分となかよくできない「青い季節」……

 そんな「青い時代」は、
だれにも「ある」けれど、
それぞれの「私の青い季節」は、「はじめての体験」で、
「その先」は「未体験」です。

夏の青柿
 ←夏の時季の、

青いカキの果実(青柿





色づいた 柿


 



  ←秋の今、色づいてきたカキ(柿)
             







「だれにも、ある」と
「みんな同じ」と
「いっしょくた」にされるのは、
業腹(ごうはら)ですが、
それを認めないと、
たったひとりで孤軍奮闘(こぐんふんとう)しなければならなくなります……

……青い季節青春」は、
孤独の時季」でもあります。
 
だから、不安で、
いつも、つながっていたい? 


携帯ブ−ムの理由のひとつ?


                    メタセコイアの青い果実

↑●「生きた化石」ともいわれるメタセコイアは、
秋の今、青い果実をつけ、
茶色になります。松ぼっくりのように。

 ●
20才で、「もう、若くない」とか…
「もう、若くない」と感じると、
ド−ンとウツになるひとは、
青の時代」至上主義になっているのかもしれません……


 ● 「団塊の世代」の自殺ウツ病の原因のひとつは、
   「青の時代至上主義」かもしれません。

 たとえば、「青の季節」の「次の季節」のよいイメ−ジがない……とか。

 全共闘が、あらゆる大人を全否定したので、
憧れられる先達(せんだつ)をもっていない……とか。


成長物語」という意味の
ドイツ語「ビルドゥンクス・ロマン」は、
教養小説」と訳されて、
わけわからなくなって、
「関係ない」と思ってしまっている若いひと達は多いようです。

来年から宮本武蔵(むさし)がNHKでドラマ化されるらしいですが、
吉川英治の『宮本武蔵』は、「成長物語」の典型でしょう。


心と体の修練を
ビルディング
のように、
だんだんに積み重ねていくと、
視野も広がり体験も深まり、
「青い時代」だけでなく、
いろいろな「人生の季節」を楽しめるようになるでしょう。


上の「カラスウリの季節による変化のように…

 それが、結果として、
ビルドゥンクス・ロマンという成長物語
そのひとだけの「わたしの物語」
をつくっていくのではないでしょうか。

 
青の時代』は、三島由紀夫の小説にあります。
戦後の混乱期に「光クラブ」という
闇金融会社を経営し
短期間で破滅した
学生社長の実話からの話です。

色づきはじめている 青いブドウ 

今の時季、青いブドウが、色づきはじめています。





   ●
わたしのNAYヨガスク−ルでのクラスは、
夏目漱石の「木曜会」のように、
青臭い話」もして、楽しみながら、
子どもの夢を大人の実力で実現」できるような
翼をもった大人」に、ともに成熟していきたい
……と、わたしは願っています。

時間割はこちらへ
 

 ※→「翼をもった大人」は、
『聖なるチカラと形・ヤントラ  なぜ、翼をもった大人になれるのか』

基本テ−マです。

       

←★前へ 次へ★→

直線上に配置
トップページへもどる