2003年6月18日(水) 時の形。不可逆的な「矢印→」と、「永遠の象徴、円環的な時間」そして、「変化と永遠」の「らせん的な時間」。らせん的な逆戻り。通称ヤグルマソウ(矢車草)は、ヤグルマギク(矢車菊)。鯉のぼりの矢車
【内藤景代が毎日更新する「日誌風エッセイ」】のトップペ−ジを、新しいヤントラに変え、「逆転の太極図ヤントラ」を、「胎臓界マンダラの象徴、」に変更しました。
  「日誌風エッセイ」の「目次index」に「バックナンバ−」とつけ加え、わかりやすくしました。  ほぼ1年間、毎日、エッセイを「畑の畝(うね)」をつくるようにかいてきたわけです。バックナンバ−が読めます。4月からは、月ごとの目次で、見やすくなっています。

1年前の5月、6月のエッセイをみると、「らせん的な逆戻り」を感じます。
  「時の流れ」は、前にだけ、一方向に進んでいる、不可逆的な「矢印→」のようにイメ−ジされますが、「時の形」は、そのパタ−ンだけではないようです。
  同じ5月、同じ6月の時が、今年もめぐってきて、同じ花が咲く。

同じ月がきて、同じ花が咲く、「円環的な時間」。
  けれども、「去年のわたしと、今年のわたし」は、ちがう。
            
          われは、むかしのわれ ならず。
     
      (今の)わたし  ≠  (去年の)わたし
 
 とはいえ、変わらない自分も、もちろん、ある。
     
    「変わる自分と、変わらない自分」が、今・ここの、らせん階段の上下で、出会うように、結びあっている……「変化と永遠」の「らせん的な時間」
 
  変わる自分と、変わらない自分」についての冥想(瞑想)は、こちらへ。

回転する「円環的な時間」は、「永遠」の象徴(シンボル)でもあります。
 青や白の「ヤグルマソウ矢車草)」の花は、回転する矢車(やぐるま)に見立てられた花です。
 矢車は、軸のまわりに、「矢羽根(やばね)」をとりつけて、まわるようにしたもの。
 風をうけて、カラカラと鳴りながら回転する矢車は、鯉のぼりをたてる竿(さお)の先端についています。↓
矢車 鯉のぼりの竿の先端


  ←矢車 
  鯉のぼりの竿の先端











きのうの風車やプロペラのような、「テイカカヅラ定家葛)」をみた頃に、回転する矢車のようなヤグルマソウ矢車草)も、青、青紫、白、ピンクが咲いていました。
 懐かしい花です。むかし、よく見た、すこし淋しい気な花です。
 80cmくらいにひょろっと伸びた綿毛のある茎に、重たげに花がのって、花びらのあいだに風を通し、風にゆれています。
ヤグルマギク(矢車菊) 別名をヤグルマソウ(矢車草) 

「ヤグルマ ケンノスケ」というチャンバラのマンガもあったような記憶があります。
 それで、きょうの花は、ヤグルマソウ矢車草)として、紹介するつもりで、確認のため、調べたら、なんと! 
ヤグルマソウ
矢車草)は、別の花でした・・・

ヤグルマギク(矢車菊)↓ 
 別名をヤグルマソウ(矢車草)


ヤグルマギク(矢車菊) 別名をヤグルマソウ(矢車草)ヤグルマソウ矢車草)は、葉の形が、5枚、矢羽根のように広がった、小さなピンクの花がたくさん円錐形につく花です。
 
わたしや連れが、ヤグルマソウ矢車草)とよんでいたのは、「ヤグルマギク矢車菊)」というそうです。→
 はじめて知りました。
 ヤグルマギクの別名として、ヤグルマソウ矢車草)は通用しているようですが……

エジプトのツタンカ−メン王の墓 からも、青いヤグルマギク矢車菊)が発見されたという話です。
 古代エジプトでは「青い花」が魔除けのチカラをもつとされ、ツタンカ−メン王のミイラののところに、青いヤグルマギク矢車菊)が飾られていたそうです。
  
 6月13日(金)更新「あなたの心に残る一節」を「内藤景代の本 心に残る言葉」という公認サイトへ、お送りください。CDや教室でのお話のフレ−ズなどもどうぞ。 NAYヨガスク−ルの「会員以外」のかたも、ご参加ください。 メ−ルは: mail@bigme.jp
  2003年3月発売  最新刊 ・ 発売中!『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』内藤景代・著 PHP刊 表紙 大好評 3刷!
『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』 
           内藤景代・著 PHP研究所・ \1300

体に効く、心に効く、美に効く」ヨガを、見開きの2色の図解のイラストで。呼吸法と「気の流れ」もわかりやすいと大好評!

             ★表紙の拡大イメ−ジは、こちらへ
             ★内容の紹介の「はじめに」は、こちらへ
             目次のご紹介は、こちらへ
 ■ ネット書店

←★前へ 更新記録 次へ★→

直線上に配置
トップページへもどる