2003年5月5日(月) ☆なぜ、端午の節句に、鯉のぼりを飾るのか? ☆ヨコの流れとタテの急流の滝。鯉の滝のぼりと龍の関係。登龍門。☆三角形の立体ヤントラと龍イニシエーション(通過儀礼 イニシエイション)の試練 ☆難関突破 ☆勝負=菖蒲=尚武
※後記;<東北みやげ>の鯉のぼりと、兜で、難関突破!11.4.1
きょうは、子どもの日5月5日は、端午の節句(たんごのせっく)。「陽の日」が重なる日、五節句のひとつです。ショウブ(菖蒲)の節句。下は、「NAYヨガスク−ルの正面の今月の飾りつけ」として飾っていたミニ五月人形です。

    端午の節句 五月人形飾り

                 端午の節句 五月人形飾り↑

1cmほどの紫のショウブ(菖蒲)の花と、約10cmの(かたな)を並べて、真ん中に(かぶと)を飾った端午の節句の飾りをお見せしましょう。

 正面には、「から生まれた桃太郎」の縮緬細工(ちりめんざいく)です。2本の金色の角(つの)がついている兜も、縮緬布でつくってあります。プレゼントに頂きました。

5cmほどの、かぶいた三日月がついた金属の兜は、
<東北みやげ>のキ−ホルダ−をアレンジしたものです。

独眼流(どくがんりゅう)といわれた
伊達政宗(だてまさむね)の兜です。

 飾ってある段々は、大型のマッチ箱に、千代紙をはりました。

きのう、お話した(コイ)のぼりのミニチュアが、↑左に2セットあります。

 タテに2匹、黒と赤の鯉が風に吹かれている鯉のぼりは、
(かいこ)の(まゆ)に彩色してあります。

<東北みやげ>です。

 下に2匹ヨコに並んでいるのは、黒と赤の鹿子模様(かのこもよう)の縮緬細工です。

江戸時代にも、鯉のぼりは盛んだったようです。

 わたしが浮世絵のカ−ド↓をアレンジして、
3D(立体)にしたが下にあります。

※後記2000年の5月5日、わたしの誕生日に制作しました。


 江戸時代の市ヶ谷(いちがや)あたりの土手の景色です。

 手前に大胆な構図で、大きな黒い鯉が、天に向かっています。

 遠くに富士山がみえ、あちこちの武家屋敷の森から、
鯉のぼりや吹き流しが、風にたなびいています。

端午の節句は、
「気は優しくて、力持ち」という
強い子、男の子らしさ」を
潜在意識にすりこむ(?)日でもあったようです。

 武家屋敷では、「尚武(ショウブ)≒勝負の気風」を伝える日でもありました。

なぜ、端午の節句に、鯉のぼりを飾るのか?


 「鯉が、難関を突破して、
                          龍
(りゅう)に変身する」


という、登龍門(とうりゅうもん)の話からきています。



 以前、わたしは「登龍門という門がある」と思っていましたが、
そうではありません。

 下に、鯉と龍の3Dの額を並べました。
教室では、上下に飾っています。

3Dヤントラ(内藤景代・作) 下向き三角形 龍




 3Dヤントラ(内藤景代・作)  
 下向き三角形 龍 →→









3D(内藤景代・作) 浮世絵 鯉のぼり      

 






3D(内藤景代・作) 浮世絵 鯉のぼり 
     2000. 5.5 Aquiyo







むかし、中国の黄河に、龍門山というけわしい山があり、
そこから落ちる滝は、急流で、どんな魚ものぼれない。

けれど、もし龍門の滝をさかのぼっていくことができれば、
ただちに昇天してに変身する
……という伝説があります。


 そこから、立身出世(りっしんしゅっせ)するための
関門(かんもん)のことを登龍門といいます。


それで、「鯉の滝のぼり」のイメ−ジは、
縁起のよい
構図とされてきました。


 水はヨコに流れるのが当たりまえ。

その水がタテに落ちてくる急流。


 楽なヨコではなく、タテに…。

流れに逆らって垂直に…。
天をめざす鯉は……

難関突破して、龍に変身する。



 龍門る。



 ……そして、大化け(おおばけ)する、


 
3Dの浮世絵の天に向かっている
大きな黒い鯉
がそうであるように、
鯉のぼり」は、「鯉の滝のぼり」のイメ−ジと
ダブルイメ−ジになっています。


            鯉のぼり
 ≒ 鯉の滝のぼり



ひととしての通過儀礼」や「イニシエーション( イニシエイション)の試練」を象徴(シンボル)する、お話です。


   「鯉のぼり」を飾り、意味と目的を伝えることで、
イニシエイションの試練」などの、
難関突破への「心構え(こころがまえ)」をつくってきたのでしょう。

 いざというときのための、
こころの準備」を、
生まれた時の初節句(はつぜっく)からしておく……。


 そう考えると、
<女性が鯉のぼりを飾って>も、
おかしくない時代になったように思います。


 

※後記わたしの誕生日が、5月5日であることのカミングアウトのお話と、雄大で大好きな鯉のぼりの写真は、こちらへ【2010年5月1日(土)緊張をほどき、脱力しリラックスするコツ 立って脱力、座って脱力、寝て脱力の方法は サツキ(皐月 さつき)ミックス 遺伝子交配「進化」は進行形「オシロイバナ・ミックス」赤に黒い水玉模様のいテントウムシ(天道虫)がカラスノエンドウ(烏の豌豆)の花から花へ渡る瞬間 さわる「布の絵本」など「世界のバリアフリー絵本展」5月は白い花がいっぱい スズランスイセン(鈴蘭水仙)スノーフレークオオマツユキソウ(大待雪草 おおまつゆきそう)ヒガンバナ科 満月にむかう「昼の月」帆船のような鯉のぼり「石垣猫」ハボタン(葉牡丹)の菜の花 立夏 小満】。



 ※→イニシエーション(通過儀礼 イニシエイション)については:
     『わたし探し・精神世界入門』
        p181 「現代に生きる〈イニシエーション(イニシエイション)の秘儀〉」               
      『BIG ME』  p205 「通過儀礼――イニシエーション(イニシエイション)

  
夏の床の間の涼しげな掛け軸に、
鯉の滝のぼり」という構図があります。

 落語で八さんがいうように
「鯉が素麺(そうめん)を食べている絵」ではありません。

 この掛け軸も、縁起のよい出世魚(しゅっせうお)
ともいわれるの図柄で、
龍門にむかう鯉の、勢いのある姿です。
 
  
きょうは、ショウブ(菖蒲)の葉を入れたお風呂、菖蒲湯(しょうぶゆ)の日です。
 邪気をはらい、ショウブ(菖蒲)の葉のエッセンスで元気になるといいます。

 ス−パ−マ−ケットでも、ショウブ(菖蒲)の葉を売っていました。¥200くらいです。
 今夜は、菖蒲湯で、のんびりするのはいかがですか。


 2003年3月発売  最新刊 ・ 発売中!『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』内藤景代・著 PHP刊 表紙 大好評 重刷中!
『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』 
           内藤景代・著 PHP研究所・ 

体に効く、心に効く、美に効く」ヨガを、見開きの2色の図解のイラストで
呼吸法と「気の流れ」もわかりやすいと大好評!

             ★表紙の拡大イメ−ジは、こちらへ
             ★内容の紹介の「はじめに」は、こちらへ
             目次のご紹介は、こちらへ
 ■ ネット書店

←★前へ 更新記録 次へ★→

直線上に配置
トップページへもどる