2003年 1月 3日(金)
生き残った部隊が植樹した樹木で森になった靖国神社 
初春の猿回し
『太陽の帝国』のカミカゼ特攻隊の英霊…
9.11 
みんな同じ 梵我一如 
神仏習合 現世利益 
この世界を織り出す、よこ糸―タントラ
<意識の進化>
『ヨガと冥想』
※※追記:
〔猿回し(サルまわし)のサル〕のいた靖国神社の写真と、
特攻隊の若き兵士の銅像
S・スピルバーグの映画『太陽の帝国』は、戦前の日本のこと、
子どもに「死ぬことを美学として教える、狂気の大日本帝国」…15.9.19
お正月の三が日(さんがにち)は、夜半の雪にはじまり、
3日も雪の朝でした。
元旦は初詣のはしご(?)をしたのは正解だったようです。

飯田橋の「東京のお伊勢様」東京大神宮にはじめて詣でると、
長い行列なのでパスして、近くの靖国神社へお参りすることにしました。

やはりこちらも本殿には、長い行列で近づけず、
境内を散歩すると、桜の花が咲いていたり、
思いがけない出会いがありました。      

正月 福の縁起物

 正月 の縁起物 ↑

靖国神社(やすくにじんじゃ)の境内(けいだい)で、
サルの芸を披露(ひろう)する、
↓「猿回し(さるまわし)」

猿回し









むかしから、初春に猿回しはつきものでした。
サルの駒引き(こまひき)、春駒(はるこま)とか。
日本舞踊にも、猿回しをテ−マにした踊りがあり、習ったことがあります。

 
                                     靖国神社の門の大凧
 
                       靖国神社の門の大きな(たこ)


 靖国神社は、とても広く、
にぎわっていて、混雑をさけていくと、
――甘酒などをふるまう場所があり、

飛行機のゼロ戦を展示してある館との間に
――少年兵の像がありました。↓

「特攻隊(とっこうたい=特別攻撃隊」の兵士の像…「特攻勇士之像」

 下で飲み食いしている平和な日本人達を、
「我 関せず」と、
空を見上げている
特攻隊(とっこうたい
)」の兵士の像
…「特攻勇士之像」  ↑


「なぜ、わたし達は、正月元旦の今、 ここにいるんだろう‥?」

 と家人と話しました…


「特攻隊の兵士の像 」を見て、
S・スピルバ−グのプロジュ−スした
ベストセラ−小説の映画化
太陽の帝国』を思い出しました。

 『太陽の帝国』とは、
アメリカから見た、
かつての、わたし達の国・大日本帝国のことです。


なぜ、『太陽の帝国』か、というと、
太陽を象徴した日章旗(=日の丸マ−ク)を掲げて、
天皇
エンペラ−皇帝)の
赤子
(せきし=赤ん坊・子ども)としての兵士が
、命をおしまず「玉砕(ぎょくさい)戦法」で、
アメリカと戦ったからです。
第二次世界大戦(=太平洋戦争)
です。


戦争の末期は、
まだ学生だった10代の少年兵士達までが、
帰りの燃料をもたされず、
自爆テロ」のような「神風カミカゼ特攻隊」にかり出されました。

 一昨年の「9・11」の「自爆テロ」は、
アメリカでは「カミカゼ」ともいわれていました。

太陽の帝国』の映画では
、互いが見通せない小高い丘をはさんで、
丘の向こうにいる日本軍と、
丘のこちらにいるアメリカ軍の立場を、
視覚的(ヴィジュアル)に対称的に、
同時にえがいていました…。
正反対の立場として。


神風特攻隊」として、
喜んで死ぬ」ことを
――オトナ(上官)が子ども(少年兵)に教える「狂気の帝国」である
――大日本帝国の『太陽の帝国』…。

 一方、屍(しかばね)から服をはいで自分のものにしたり、
汚いことをしても「しぶとく生きる」ことを
――オトナ(上官)が、天使のような合唱隊の子どもに教える
――アメリカ軍…。


 「綺麗に死ぬ…美学」の日本と、
汚くても生きぬく「サバイバル精神」のアメリカ


境内に植えられた樹木は、
生き残った○○部隊が植樹したものばかりで、
森のようになっていました。

 靖国神社の日本庭園を歩きながら、
新年早々、冥想的になってしまいました…
 
 今月の終わりに、海の向こうで、戦争がある…といいます。

 
 「ラブ & ピ−ス」を発信していたアメリカは、
どこへいってしまったのでしょうか?


その後、お参りした、神楽坂(かぐらざか)の毘沙門天(びしゃもんてん)は、
七福神
のひとりで、戦いの神様です。

 なぜか、今年の元旦は、
意味のある偶然」で、「これをホ−ムペ−ジにかきなさい」と、
何かに導かれているような気がしました。

最後の〆で、
新宿の花園神社へお参りし、
NAYヨガスク−ル
のポストから年賀状をもってきました。


それぞれの神社仏閣は、波長がちがい
御利益
(ごりやく)もちがうので、
わたし達をふくめたくさんの日本人が、
はしごをするのに疑問をもっていないようです。


なぜ、日本人は、正月に神社仏閣のはしごをしても、
不都合を感じないのか?
 


 については、「四段:絶対一元論 … 絶対の現れとしての、私。
――対立から、統合へ 即身成仏(そくしんじょうぶつ)」
『ヨガと冥想』の104p)にかきました。
 
 ユダヤ教、キリスト教、イスラム教などの一神教的な視点からは、
不思議な感じがすることでしょう。


日本人の初詣の立場は、いい加減な立場のようで、「意識の進化」において、

 「初段:一元論 … 宇宙と一つに溶けあう、私。
 ――みんな同じ梵我一如(ぼんがいちにょ)」
『ヨガと冥想』の14p) の立場を、
哲学的に含んで超えている「最強の哲学」の立場でもあるのです。


 その立場を意識して自覚的な方は少数派で、
みなさん、感性的に、神様の役割性格(!)を使い分けて
現世利益(げんせりやく)」をお求めになっているようですが・・・


 ※→現世利益は:『ヨガと冥想』 104p 「この世界を織り出す、よこ糸――タントラ

2002年9月11日(水) 
9・11 と、陽と陽の戦い

絶対神・イスラム教とキリスト教
9・11 陽と陽の戦い 神 イスラム教とキリスト教
男性原理 
絶対神 唯一神 
ニュ−ヨ−ク ツインタワ−ビル フィギュア ミニチュア 
アラビア数字 
ヤントラとは「世界」の仕組みが分かる「絵文字」と図形 
「無から有を生む チカラとカタチ」
聖なるチカラと形・ヤントラ ――なぜ、翼をもった大人になれるのか
アラブ人にわかる9月11日襲撃実行方法と日時・場所 
2015年9月19日 ※追記  ↓↓↓↓
壊すだけなら、サル(猿 さる) にもできる…
    ↓↓↓↓
2003年4月9日(水) 
★日光だけではなく、東照宮は上野にもあり。

★満開のサクラに囲まれ、天を指す五重塔。
★かつてあった〔
谷中の五重塔の炎上の目撃談

→→「壊すだけなら、サル(猿 さる) にもできる…2015年9月19日 ※追記

2003年4月10日(木) 
『菊と刀』

☆菊が栄えて、枯れた葵の霊廟、上野・東照宮
」は、天皇家の紋章〔エンブレム〕
☆桜吹雪の中、神田囃子に踊る金の獅子舞。
☆浅草、隅田川の夜桜と屋形船


「戦後の日本とアメリカの関係」のダブル・イメ−ジ 2015年9月19日 ※追記:

     〔神〕の世界観については、下記の本にくわしくかきました。↓↓


スマホ・PCでも読める
電子書籍

      
 『<神>の世界観を呼吸する  
                        002-意気の呼吸法


 内藤景代・著☆かきおろし☆Amazon Kindle版
 Amazon  こちらへ

    宇宙に広く満ちわたっていると感じられる《気》は、
   [神](かみ)という“言葉”で、くくられてきました。

   そういう波長の《気》も、感じる呼吸法を、
   「意気の呼吸法」といいます。        →→続きは こちらへ

      ※「意気の呼吸法」シリーズ 第 2 巻 

←←◎表紙拡大
内藤景代
Amazon Kindle(キンドル)
スマホ・タブレット・PCで読める電子書籍Amazon Kindle。無料アプリで今すぐ読書 内藤景代・著


スマホ・PCでも読める
電子書籍

内藤景代
Amazon Kindle(キンドル)

  神通力の世界観を呼吸する
                   003-意気の呼吸法


 内藤景代・著☆かきおろし☆Amazon Kindle版  Amazon  こちらへ

   願いをかなえたいとき、こまったときなど、
     「今のままでは、間に合わない」と感じると、
     〔力をもつ神〕に《祈り》をささげる世界観が、
     むかしから伝わっています。

     その伝統と同じくらい古い世界観として‥‥
     《神の力を自分のものにする、方法》も
      特別に伝えられています。 →→続きは こちらへ

     ※「意気の呼吸法」シリーズ 第 3 巻

←←◎表紙拡大
スマホ・タブレット・PCで読める電子書籍Amazon Kindle。無料アプリで今すぐ読書 内藤景代・著

↓↓

内藤景代・著☆かきおろし☆Amazon Kindle版シリーズ 5冊の各詳細 ↓↓
スマホ・タブレット・PCで読める電子書籍Amazon Kindle。無料アプリで今すぐ読書 内藤景代・著

←★前へ 更新記録 次へ★→

直線上に配置
トップページへもどる