2003年4月9日(水) 
★日光だけではなく、東照宮は上野にもあり。

★満開のサクラに囲まれ、天を指す五重塔。
★かつてあった〔谷中の五重塔の炎上の目撃談〕

→→「壊すだけなら、サル(猿 さる) にもできる… 2015年9月19日 ※追記
                             五重塔 上野 東照宮

                                五重塔 上野 東照宮↑


春の彼岸(ひがん)に、いけなかったので、
先日、浅草までお寺参りに行ってきました。

 「白い花・夕顔の果実」が「黒い炭を入れた容器」になっていた、
あの菩提寺(ぼだいじ)です(去年の9月24日のお話)。

 道順なので、浅草へいく前に、
上野のお山
(やま)と不忍池(しのばずのいけ)のお花見をしました。


                  徳川の霊廟 :東照宮 上野

          
                         ↑徳川家の霊廟 :東照宮


上野の山は、人種の見本市のような混雑ぶり。
西洋美術館の裏から、びっしりと花見客が座り、大宴会。

インド人、ペルシャ人、フィリピン人、白系ロシア人、アメリカ人、中国人…
それぞれが、サクラ(桜)の下で仲間に笑顔を向けて記念写真です。


むかしながらの江戸の風情(ふぜい)を残す、
徳川の将軍家の霊廟
(れいびょう)、東照宮(とうしょうぐう)。

 日光(にっこう)だけではなく、東照宮は上野にもあります。
 
上野の東照宮は、ボタン牡丹)の花が有名ですが、4月中旬頃のようです。
 境内は屋台とテ−ブルが並び、行き交いもままならないほど満員です。


空を見上げると、東照宮五重塔(ごじゅうのとう)が、
満開のサクラ(桜)の向こうに見えて、なつかしく、ほっとしました。
  

 「まだ、残っている……」


どんどん変わる東京、
関東大震災アメリカ軍の空襲(くうしゅう)をうけて
焼け野原になった東京…の中で、
江戸時代の建物の五重塔
がそのまま残っている。


 それだけではなく、以下のような強烈な体験があるので、
満開のサクラに囲まれて天を指す
五重塔
への感慨(かんがい)も深いのです。 


幼い頃、近くに
江戸時代の五重塔」は、2つありました。


 谷中の墓地(やなかのぼち)と、
 ここ上野のお山、東照宮に。

 谷中の五重塔の方が、大きく、
 関東で一番高い塔だったといいます。

 幸田露伴(こうだろはん)の小説『五重塔』のモデルにもなった、
「江戸の大工(だいく)の腕(うで=技術)」の結晶です。


ところが、昭和32年(1957年)に、
10cmくらいの火の粉をたくさんまき散らし、
わたしの目の前で、
乱舞する炎とともに、焼け落ち、消滅しました。


 遠くからでも、
高台の墓地の森から立ちのぼる
大きな火柱と炎が夜中に見えました。

 わたし達はじめ近所の人達は、
寛永寺坂(かんえいじざか)をのぼり、
天王寺五重塔の火事の現場まで、
炎をめざして出かけていったのです。


 
徳川の彰義隊(しょうぎたい)と官軍の戦いだった
上野の山での戦争

関東大震災

アメリカ軍の空襲
にも残ったのに…
 

 「なんで?


みんな、黙って、
巨大な「火焔を背負う、不動明王(ふどうみょうおう)の怒りの波動」
のように暴れる赤、紅、緋、オレンジ、黄の炎を見ていました。


 「危険ですから近寄らないで」といわれて、
離れて見ていても、5〜10cmくらいの火の粉が風にあおられて、
体にぶつかるように飛んできます。


心中(しんじゅう)で放火…。

 という火事の原因がわかると、みんな怒っていました。

 何があったか知りませんが、子ども心に、

 「男と女が死ぬために、
 谷中の五重塔
まで、道連れにするなんて、
             身勝手だ!」

 という怒りと悲しみがありました。

                                  
砂漠の戦争を見ている2003年 4月9日の
今なら、こう思います。



 「壊すだけなら、サル(猿 さる) にもできる…」  こちらへ↓↓
    ↓↓↓↓
2003年 1月 3日(金)
生き残った部隊が植樹した樹木で森になった靖国神社 
初春の猿回し
『太陽の帝国』のカミカゼ特攻隊の英霊…
9.11 
みんな同じ 梵我一如 
神仏習合 現世利益 
この世界を織り出す、よこ糸―タントラ
<意識の進化>
『ヨガと冥想』
※※追記:
猿回し(サルまわし)のサル〕のいた靖国神社の写真と、
特攻隊の若き兵士の銅像
S・スピルバーグの映画『太陽の帝国』は、戦前の日本のこと、
子どもに「死ぬことを美学として教える、狂気の大日本帝国」   …2015年9月19日 
http://www.bigme.jp/000-000-03-01/03-01-03/03-01-03.htm
☆ さて、神田囃子(かんだばやし)にあわせて舞う、
金の獅子頭(ししがしら)の獅子舞を見ました。 
続きはまた、明日 こちらへ。 ↓↓↓↓
2003年4月10日(木) 
『菊と刀』

☆菊が栄えて、枯れた葵の霊廟、上野・東照宮
」は、天皇家の紋章〔エンブレム〕
☆桜吹雪の中、神田囃子に踊る金の獅子舞。
☆浅草、隅田川の夜桜と屋形船

「戦後の日本とアメリカの関係」のダブル・イメ−ジ 2015年9月19日 ※追記:

http://www.bigme.jp/000-000-03-04/03-04-10/03-04-10.htm
NEW   内藤景代Amazon著者ページ(新刊・古書・電子書籍)こちらへ
  2003年3月発売    最新刊 ・ 好評 発売中!『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』内藤景代・著 PHP刊 表紙
『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』 
           内藤景代・著 PHP研究所・ \1300

             ★表紙の拡大イメ−ジは、こちらへ
             ★内容の紹介の「はじめに」は、こちらへ
             目次のご紹介は、こちらへ
 ■ ネット書店

←★前へ 更新記録 次へ★→

直線上に配置
トップページへもどる