2003年7月22日(火) 扶桑(フソウ)、仏桑華(ブッソウゲ)という和名をもつ、ハイビスカス。古代中国では、日出る国、日本のことを「扶桑国」とよんだ。……となると、日本は「ハイビスカスの国」……とイメ−ジされていた?! 半夏生(ハンゲショウ)は、花が枯れると、葉が緑にもどり、カタシログサ(片白草)ではなくなった!
きのうが、下弦でした。下弦 月の相 明日が、大暑(たいしょ)ですが、肌寒い日です。
先月の下弦は、6月21日、夏至(げし)のイブ前夜祭でした。
そのまた前月の下弦は、5月23日。その前の下弦は、4月23日。
心と体と、なんとなくの気分」は、どんな調子ですか? 
 ご自分の「ココロとカラダと気分のリズム」をちょっと意識してみましょう。

世間は「夏モ−ド」なので、冷房がはいり、水遊びをすることもあるでしょうが、こんな陽気ですと、お腹や腰が冷えて、「元気やヤル気」がなくなりがちです。
 ク−ラ−がきいたところでは、暖かい飲み物でお腹を熱くし、流行でもヘソ出しルックはひかえましょう。
 大判のハンカチやバンダナ一枚をひざにかけるだけで、スカ−ト族や短パン族の「真夏の冷え性」には効果があります。
ハイビスカス(仏桑華、扶桑)






















           ハイビスカス(仏桑華、扶桑)↑

鉢植えのピンクのハイビスカスが、中心軸のようなメシベを天に向けて、咲いています。黄色い中心軸のまわりのツブツブのオシベは、光の粒のようです。
  仏桑華(ブッソウゲ)という和名のハイビスカス
  この角度でみると、ハスの花(蓮華)の中心の台(うてな)が、光り輝きながら、天に向かって、立ちのぼっていくようなイメ−ジにも感じられます。

ハンゲショウ(半夏生)、片白草(カタシログサ)





花が枯れつつあるハンゲショウ(半夏生)、片白草(カタシログサ)の花と葉→
7月中旬















さて、ハイビスカスや、きのうの、アメリカフヨウ(芙蓉)や、ムクゲ(木槿)の「中心軸のようなメシベにそっくりな、花穂をもつハンゲショウ(半夏生)
 ハンゲショウ(半夏生)↑の場合は、ツブツブにみえる部分が、オシベではなく、ひとつづつの小さな花です。
  
今の時季、ハンゲショウ(半夏生)↑の、数ミリの白く小さな花は、下から順に枯れていきます。
 上の写真では、下の花穂はすべて枯れ、上の花穂は先端を残してほとんど枯れています。真ん中の花穂は、半分、まだ花が咲いています。
 面白いことに、花が枯れるにつれて、葉の白い部分が、緑にもどってきています。
 
今は、ほとんど、緑の葉ばかりです。
 葉の一部が白い、カタシログサ(片白草)ではなくなってしまいました!
 7月2日そして7月19日のハンゲショウ(半夏生)の葉と花をくらべてみてください。
 まるで、【花が枯れたら、アオイ科(ハイビスカス、フヨウ・芙蓉、ムクゲ・木槿)の「メシベや花の真似」をする必要はないと、ハンゲショウ(半夏生)は、思っている(? どこで? 脳はないぞ、植物には……)ような気がします。
 たぶん、「偶然」なのでしょうが・・・

さて、ハイビスカスHibiscus)というのは学名で、「アオイ科フヨウ属」にふくまれる花のことをいいます。 
 だから、フヨウ(芙蓉)の花や、タチアオイ立葵)の花 と、ハイビスカスは似ているわけです。

調べてみると、ハイビスカスの別名は、仏桑華のほかに「扶桑(ふそう)」という漢名があります。
 古代中国の『山海経』に、「日出ずるところの東海にあるという神木(しんぼく)を、扶桑といい、その木のあるところを、扶桑国という」とあるそうです。
 諸説がありますが、その扶桑国は、日本である・・・といわれています。
 となると、日本は、「ハイビスカスの国」・・・?

……いや、「アオイ科フヨウ属」の学名が、ハイビスカスですから、アオイ(葵)フヨウ(芙蓉)かもしれません。
 古代中国のお話なら、今のハワイや沖縄のハイビスカスのイメ−ジだけではないでしょう……
 アオイ(葵)となると、天下を統一した徳川家の御紋です。この紋にするのに、徳川家は固執した……という説もあります。
 その話は、また明日。


2003年3月発売  最新刊 ・ 発売中!『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』内藤景代・著 PHP刊 表紙 大好評 6刷!
『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』 
           内藤景代・著 PHP研究所・ \1300

体に効く、心に効く、美に効く」ヨガを、見開きの2色の図解のイラストで。呼吸法と「気の流れ」もわかりやすいと大好評!

             ★表紙の拡大イメ−ジは、こちらへ
             ★内容の紹介の「はじめに」は、こちらへ
             目次のご紹介は、こちらへ
 ■ ネット書店
 6月13日(金)更新「あなたの心に残る一節」を「内藤景代の本 心に残る言葉」という公認サイトへ、お送りください。CDや教室でのお話のフレ−ズなどもどうぞ。 NAYヨガスク−ルの「会員以外」のかたも、ご参加ください。 メ−ルは: mail@bigme.jp

←★前へ 更新記録 次へ★→

直線上に配置
トップページへもどる