ヨガ・瞑想[内藤景代(NAYヨガスクール主宰)の日誌風フォト・エッセイ]トップペ内藤景代NAYヨガスクール主宰)のフォト・エッセイ トップへヨガ・瞑想・教室 NAYヨガスクール(新宿) [内藤景代の日誌風フォト・エッセイ]更新記録 リンク 内藤景代(Naito Akiyo)公式サイトBIG ME club ヨガと冥想(瞑想)で広がる宇宙 トップページへNAYヨガスクール(内藤景代・主宰)トップページへ
[内藤景代(NAYヨガスクール主宰)の日誌風フォト・エッセイ]内藤景代のフォト・エッセイ内藤景代(NAYヨガスクール主宰)の公式サイト BIG ME club トップへBIG ME club 内藤景代公式サイト内藤景代記akiyo記 
 ヨガと瞑想による「気づき」で、自分と世界が広がるフォト・エッセイ。こころ豊かに季節を感じる写真が大好評
2009年11月1日(日)トリバガ(鳥羽蛾) 正面 後ろ姿 翼のある千手観音 ハナニラ(花韮)白い花 ジンジャー(ジンジャー・リリー 花縮砂) 花生姜(はなしょうが) カクレミノ(隠蓑)果実 天狗(てんぐ) 若い葉は紡錘形 キク(菊)科の花 黄色の筒状花(管状花) シオン(紫苑 アスター)「 ダッタン(韃靼 tataricus)産の星(aster )」シオン(紫苑 アスター)属 クジャクソウ(孔雀草)白孔雀(しろくじゃく)シジミチョウ(蜆蝶) 3匹のセミ(蝉)の抜け殻 3つの空蝉(うつせみ)3匹が同時に脱皮と羽化 イニシエーション(通過儀礼) 空蝉(うつせみ)の巻 17才の光源氏の恋物語「源氏物語」第3帖 月と木星(ジュピター)上下に並ぶ 「朝晩、寝起きと寝しなに白湯を飲む」 冷え性 見ている猫 カメラ嫌い猫 虎縞ライオンのようなネコ ピンクのインドハマユウ(印度浜木綿) ヒガンバナ科 立冬 小雪
11月3日が満月   11月10日下弦  ●11月17日新月  11月25 日が上弦
11月7日立冬(りっとう)  11月22日小雪(しょうせつ) 
トリバガ(鳥羽蛾 とりばが) とハナニラ(花韮 はなにら) 白い花
光をあびて、なよやかに身をくねらせ、白い花をそっとつかみ、
ビーズの飾りをつけたような、いくつもの手を微妙にうごかしている、
翼(つばさ)を広げた、不思議な生きもの。

――まるで翼のある「千手観音(せんじゅかんのん)」のようです。

いつもの場所の、いつもの花のところで、今年は、会えました。

ふわふわと優雅にゆったりと飛ぶ、1センチほどの、トリバガ(鳥羽蛾 とりばが)です。

上のように拡大すると、幻想的なイメージ。

千手観音の手のように、いろいろな角度にまがって動いているのは、手ではなく、足。
トリバガ(鳥羽蛾 とりばが) 草の上

トリバガ(鳥羽蛾 とりばが)に会える、
ハナニラ(花韮 はなにら)が咲いている、
いつものところにいき、
 (――今年は、どうかな? )と、
しばらく、たたずみ、
日向(ひなた)ぼっこしていると・・・

ふわふわふわ、ゆらゆらゆらと、
右のほうから、飛んできて、
目の前を通り、
細い草の上にとまりました。

草のはばは、2ミリくらい。右の写真。

ビーズのついた足はそれほど動かさないので、わりと平凡な、すがたです。

(――会えて、うれしいけれど、
     やっぱり、白い花とのツーショットがほしいな〜、
   ハナニラ(花韮 はなにら)のほうへ飛んでくれると、ありがたいんだけど〜〜)

・・・と思いながら、写真をとっていると、
なんと!
ふわふわふわ、ゆらゆらゆらと、飛んで、
ハナニラ(花韮 はなにら)の上にとまってくれました。下の写真です。

そして、正面を向いて、こちらをみつめます。

左右の長いひげ(?)を、ピンとのばし、
翼もハングライダーのように、まっすぐ広げ、
白いハナニラ(花韮)の上にのっています。

トリバガ(鳥羽蛾)の正面を向いた顔の、小さな目を、なんとか撮影したいと思いましたが、
おわかりでしょうか。
トリバガ(鳥羽蛾 とりばが) 正面の顔 ヒゲ 羽根

――そのまま、のんびり、動かずに、トリバガ(鳥羽蛾)がとまったままなので、
ゆっくり、後ろ姿を撮影しようと、わたしが動くと、
トリバガ(鳥羽蛾)も、ふわふわと、飛んで〜〜〜〜〜〜

そして、上のトップの写真のように、ハナニラ(花韮)がたくさん咲いているところへ下りたち、
長い管で、蜜(みつ)をすいはじめます。

いかにも満ち足りている気分をあらわしているのが、
微妙な足や腰の動かし方による
「千手観音スタイル」のなのかもしれません。

陽の光をあび、大好きな蜜をすって、満足して、幸せそうなトリバガ(鳥羽蛾)。
こちらも、その波長に共振し、胸が暖かくなり、ふんわりしました。

ジンジャー(ジンジャー・リリー 花縮砂 はなしゅくしゃ)  つぼみ

はじめて会ったときのトリバガ(鳥羽蛾)とハナニラ(花韮)の写真とお話は、こちらへ。【2005年11月10日(木)  「へんな生きもの」が飛んできて、羽根をひろげ十字架のようにとまった。トリバガ(鳥羽蛾)。白い花、ハナニラ(花韮)。 下痢止め 便秘、胃腸病、食あたり健胃整腸に「現の証拠」なので、紫の小さな花は、ゲンノショウコ(現の証拠) 】

去年、うちの前で会ったトリバガ(鳥羽蛾)の写真とお話は、こちらへ。
2008年11月1日
(土)足がつる、こむらがえりになりやすいとき 言葉と瞑想(メディテーション)用ヤントラ(マンダラ)で瞑想 「大きすぎて、みえない かたち」 シュリーヤントラ瞑想 サイト・マップ 内藤景代主宰・NAYヨガスクールのご紹介一覧「ビジネスに効くヨガ」3「アイディアが、わいてくる瞑想のコツ。」住宅金融支援機構(旧・住宅金融公庫) ネット版 日本経済新聞 「日経インテレッセ」キレイとゲンキのために 不調をなくして美しく 「秋に効くヨガ」 You Tubeで青い蝶カラスアゲハと蜂鳥(はちどり)のようなホシホウジャク(星蜂雀)の動画アップ。ふわふわと空中をただよう「十字架(クロス)」のような生きもの、のんびりと飛ぶトリバガ(鳥羽蛾) 絶滅危惧種のフジバカマ(藤袴) 秋の七草 シロバナサクラタデ(白花桜蓼) 青色の果実イシミカワ(石膠・石実皮)タデ科 タデ属 バラ科ワレモコウ(吾亦紅) カリン(花梨) 痰、咳、のどの痛みに効く シジミチョウ(蜆蝶) と センニチコウ(千日紅)シソ(紫蘇)科のヤマハッカ(山薄荷) 小さな青い花 立冬 小雪】

ジンジャー(ジンジャー・リリー 花縮砂 はなしゅくしゃ) 花 オレンジ色

夏の盛りによく出会う、ジンジャー。
白とオレンジの花が放射状にたくさん咲くので、
撮影しても、どれかの花は、項垂(うなだ)れて、しぼんでいる・・・

それで、何年もとりためてありますが、
お見せできる写真がありませんでした。

ところが、今年は、暖かいせいか、
霜(しも)がふりはじめる時季の霜降(そうこう)をすぎた、
10月の終わりの夕方、芳香をはなち、
妖しく、華やかに開花している、
ジンジャーに出会いました。

ほの暗いので、フラッシュをたきました。
そのためか、「大人な感じ」の花姿になりました。

開くと白い蝶のような花びらのつけ根がオレンジ色のぼかし。上の写真。

まだまだ、オレンジ色のつぼみが巻きこんでいるので、
咲き続けるでしょう。

それだけでなく、となりには、緑の「つぼみの塔(?)」が、2つ、伸びています。上の右写真。
らせん状に広がる「緑の塔」。

11月になっても、「緑の、つぼみの塔」から次々に、開花していくのでしょう。
ふつうは、8〜9月咲きですが。

ジンジャーは、「花生姜(はなしょうが)」と、うちではよんでいます。

ジンジャーは、食べる「生姜(しょうが)」のこと。

この花の正式な名は、「ジンジャー・リリー」で和名は、「花縮砂 (はなしゅくしゃ)」 
インドやマレーシアが原産地。
ショウガ科。 シュクシャ(ヘディキウム)属。
カクレミノ(隠蓑 かくれみの) 紅葉と黄葉 10月
11月7日が立冬(りっとう) 

立冬
(りっとう)とは「24節気のひとつで、太陽の光が弱まり、冬の気配が現われてくる時季。」

24節気とは、太陰暦の時代に、太陽の運行(黄道)を基準に、1年を24等分し、季節の変化を知るらせるために考案。1節気は約15日。

立冬の時季に咲く花の写真とお話は、こちらへ【2004年11月6日(土) 立冬(りっとう)。下弦。こころに、かび(黴)がはえてしまわないように・・・、ロ−ズガ−デン(バラ園)へ。バラ(薔薇 ばら)の香りと色、形を競う国際コンク−ル神代植物公園。珍しい新種のバラ(薔薇 ばら)。青空にすっくと伸びる2メ−トル以上のバラの花と『鏡の国のアリス』の世界 】
カクレミノ(隠蓑 かくれみの) 緑の実 9月

10月末から紅葉や黄葉がふえてきました。

1本の木で、緑の葉と、
紅葉や黄葉が同時になっているのは、
カクレミノ(隠蓑 かくれみの)。上の写真。

9月頃のカクレミノ(隠蓑 かくれみの)には、
緑の小粒な実が、びっしりとならび、
球体をつくっていました。
右の写真です。

なぜ、カクレミノ(隠蓑 かくれみの)という名か、
というと、「天狗(てんぐ)のカクレミノ(隠蓑)」
に葉がにているから、ということです。

ところが、若い葉は、紡錘形で、似ていない。

年数がたったカクレミノ(隠蓑)の木には、
左右の切れこみが葉にできて、
伝説の「天狗のカクレミノ(隠蓑)」のミニサイズに似たカタチになります。

上の写真では、紅葉や黄葉した葉が、天狗のカクレミノ(隠蓑)型。
紅葉していても、紡錘形の葉もあります。

右上の9月頃の緑の葉は、ほとんど、紡錘形です。

家のまわりに植えると、葉が密集しているので、
目隠し効果があるから、カクレミノ(隠蓑)ともいうそうです。

高尾山(たかおさん)などにいるとされる、天狗の「カクレミノ(隠蓑)」は、
それをはおると、「透明人間のように、見えなくなる、蓑(みの)すなわち上着(コート)」です。
シオン(紫苑 しおん) 拡大 キク(菊)科の筒状花(管状花)

秋が深まってくると、キク(菊)科の花が、いろいろと咲き、
すこしずつ似ているので、名まえに自信がありません。

野菊(のぎく)」と、とりあえず、くくったりして。

薄紫の野菊や菊人形(きくにんぎょう )の写真はこちらへ
【2002年11月4日
(月)    池をわたる橋の名は「観心橋」、たもとに薄紫の野菊】

上の立派な黄色の筒状花(管状花)がたくさん開いているのは、シオン(紫苑 しおん)です。
白と薄い紫の花があります。

シオン(紫苑 しおん) 

上の写真は、2メートルくらいのシオン(紫苑 しおん)。

シオン(紫苑)は、キク(菊)科。シオン(紫苑 アスター)属。

学名は、「 Aster tataricus」。

「 ダッタン(韃靼 tataricus)産の星(aster )」という意味です。

原産地は中国。

平安時代の「今昔物語」にも、シオン(紫苑)が出てくるそうです。


クジャクソウ(孔雀草 くじゃくそう) シジミチョウ(蜆蝶 しじみちょう)

11月22日小雪(しょうせつ) 。

小雪(しょうせつ) とは、
「24節気のひとつで、冬もやや進み、北の国からは、小雪(こゆき)の舞う
初雪の便りもきかれる時季。」

雪のように白い、
クジャクソウ(孔雀草 くじゃくそう) 。

「白孔雀(しろくじゃく)」ともよばれます。

別名 「孔雀アスター」 。右の写真

シオン(紫苑 しおん)と同じ、キク(菊)科。シオン(紫苑 アスター)属。

シジミチョウ(蜆蝶 しじみちょう) が、白孔雀(しろくじゃく)の花から花へ、
蜜をすってはなれません。

すみ分けて(?)、仲よく、同じ花から
大小のハチ(蜂)も、蜜をすっています。

クジャクソウ(孔雀草 くじゃくそう)と蝶の写真とお話は、こちらへ。
【2003年10月3日
(金) 小さな白菊(シラギク)のような、孔雀草(クジャクソウ)の花と紋白蝶(モンシロチョウ)は、擬態の効果。シュッコンアスタ−ともよばれるクジャクソウ(孔雀草)には、白や紫、ピンクがあり、薄紫のシオン(紫苑)と同じキク(菊)科で、アスタ−属。白い花は、シロクジャク(白孔雀)が羽根を広げているようなので、カスミソウ(霞草)のかわりに、花たばの「そえ」として大人気】

小雪(しょうせつ)の時季に咲く花のお話と写真は、こちらへ
【2003年11月22日(土) 
「小雪(しょうせつ)」。トロロイモになるヤマイモ(山芋)の子ども、ムカゴ。ムカゴには、小さな「オスの花」と大きな「メスの花」があった。ムカゴの「メスの花」はドライ・フラワ−として、「手作り・リ−ス」に最適】
セミ(蝉 せみ) の脱皮と羽化による抜け殻が3つ 秋の枯れ葉に残る

夏につかんだときは、緑だった葉が、
枯れ葉になっても、
しっかりと、葉の裏にしがみついたままの、
3匹のセミ(蝉 せみ) の抜け殻がありました。

3つの空蝉(うつせみ)。

すなわちセミの抜け殻は、
ごていねいに、2匹は、並んで、
同じ葉についています。
上の写真。




広い公園なので、いくらでも場所はあるでしょうに、
わざわざくっついて、3匹が同時に、脱皮と羽化をしたのでしょうか。
――たがいに励ましあったりして(笑)

台風で強風が吹いても、飛ばされない、空蝉(うつせみ)。

秋になっても、セミ(蝉 せみ) の脱皮と羽化による抜け殻は、この3つだけでなく、
あちこちの枯れ葉に残っています。

よほど強い力で、しっかり葉をつかみ、脱皮しているのでしょう。

空蝉(うつせみ)の巻は、17才頃の光源氏の恋物語として、
源氏物語」にあります。第3帖。

空蝉、空(うつせみ)は、
古語の「現人(うつしおみ)」がなまったもので、

そこから「生きている人間の世界、現世。うつそみ」
を意味するようになったそうです。

セミ(蝉 せみ) の脱皮と羽化の連続シーンと、
「ひとの成長物語、イニシエーション(通過儀礼 イニシエイション)」との関係
についての写真とお話は、こちらへ。
【2008年9月1日
(月)夕暮れのセミの脱皮と羽化 連続シーン 【イニシエーション(通過儀礼 イニシエイション)とは、「新しい自分」が生まれる転機となる、試練の節目(ふしめ)。】外反母趾で棄権 北京五輪の女子マラソン 足の5指は開いて大地をつかむ 親指(拇指)と4指は1:4に開く  瞑想と冥想 台湾版『ハッピー体質をつくる 3分間瞑想』重版 『3分鐘冥想』 オミナエシ(女郎花 おみなえし) ルリマツリ(瑠璃茉莉) ジュズダマ(数珠玉 じゅずだま)の花 黄色い雄花♂ ボタンクサギ(牡丹臭木 ぼたんくさぎ) アメリカデーゴ(アメリカディエゴ) 別名;カイコウズ(海紅豆) 白露 秋分】


このところ、ご自分の「ココロとカラダと気分」の「なんとなく、のリズム、調子」は、
いかがでししたか?

10月30日「十三夜の後の月( じゅうさんや の のちのつき)」も綺麗でしたし、
10月27日には、「月と木星(ジュピター)が、上下に」並んだり、
夜空が綺麗な時季です。

けれども、夜風は寒く、身にしみる。

寒くなりました。
肌着や上着をあったかいものに変えるだけでなく、
体を内部から暖めるようにしましょう。

いくら栄養があり、体にいいといっても、
今の時季、カップが霜(しも)でくもるような冷たい物は、
体を芯から冷やし、
免疫力も低下し、インフルエンザにかかりやすくなり、
冷え性を助長し、
お腹もゆるくなります。

氷のはいった飲み物は、論外(ろんがい)として、
冷蔵庫から出したての、
ミネラルウォター、ジュースや牛乳は、ひかえましょう。
すこし、置いておき、「室温、常温」になってから、
おのみください。

「朝晩、寝起きと寝しなに白湯を飲む」ことをおすすめします。

白湯(さゆ  しらゆ)は、なにも入れないで、水をわかしただけの、お湯。

薬をのむときも、すこしさました白湯(さゆ  しらゆ)でのむのが、一番効くといわれます。

インドのアユール・ベーダや、中国の漢方でも、
健康と美容のために、朝、起きたら、すこしさましたお湯をのむことをすすめています。

体のエンジンがかかりやすくなります。

冷え性のかたが、「朝晩、寝起きと寝しなに白湯を飲む」ことを
さっそく実行したら、体温の平熱が上がり、体調がよいそうです。

体温がアップするようになると、冷たいものをのむと、内臓まで冷えを感じ、
今まで「いかに冷えても感じないで、マヒしていたか」
を実感したそうです。

風呂上がりの、ビールや冷たいジュースが習慣で、
冷え症だったり、
太っているかたは、
風呂に入る前に、すこしさました白湯を飲むのもおすすめです。

風呂から出ると、体が火照(ほて)り、さましても白湯は飲みたくないので、
内部からまず先に、暖め、
次に風呂で外から暖める。

・お風呂での沐浴(もくよく)ヨガは、『毎日をハッピーに変える 3分間ヨガ』をどうぞ。

・手足の冷え性に効くポーズは『ベッドの上で簡単にできる「寝ヨガ」レッスン<快眠CD付>』を。

●ネット書店:こちらへ


「見ている猫(ネコ)」シリーズ、その11

散歩していると、「ふさふさしたタテガミの、虎縞(とらじま)のライオン」のような猫が向こうに。
まるでご飯つぶをつけたような、鼻にあるぽつんと白い部分が、ご愛敬(あいきょう)。

声をかけると、よってきたので、頭や体をなでさせてもらい、
「写真とらせてね」
とカメラを出すと、逃げ出しました。

「カメラ嫌い猫」らしい。
フラッシュをたかれ、目に激痛が走った体験があるのかもしれません。
猫の目は、暗闇でもみえるので、光に敏感。

自動(オート)モードにしたまま、フラッシュが光るようなドジをする気はないので、
(・・だいじょぶよ)と追いかけると、
逃げたフェンスの中から半身(はんみ)をだして、
(・・・ほんとに?)と
上目遣い( うわめづかい)の半信半疑の風情(はんしんはんぎのふぜい)。上の写真。

何枚か撮影させてもらうと、
また、走り出し、
お気に入りの場所(?)で、
なが〜〜〜くなって、寝ころびます。
頭からシッポの先まで、1メートル以上。

目をそむけ、太いふさふさの縞シッポで、バターン、バターンとコンクリートの床をたたき、
不快感を露骨(ろこつ)にあらわす。下の写真。

めげずに「いいこだね」と撮影していると、
――そのうちに、まぶたが重くなり、、、、トローンとした目つきで、シッポは動かなくなり、
そのままの姿勢で、目を閉じ、眠ってしまいました。

なにをしていたのか、忘れてしまったようです。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
☆★ 元・生徒さんの木村友祐(ゆうすけ)さんが、「海猫ツリーハウス」で、純文学の登龍門、
「すばる文学賞」を受賞なさいました。おめでとうございます! ☆★☆ 
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・



NAYヨガスク−ルの会員(生徒さん)のペ−ジ「猫の集会」11月号をアップしました。こちらへ


Tadashiさんは、トルコ「ブルーモスク  2」の内と外。広い礼拝場の天井は高く、ステンドグラスが綺麗です。わたしも1度いきましたが、瞑想的で大好きな空間です。

美樹さんは「インド・前正覚山」。ブッダ(仏陀)が悟り(正覚)を開くに6年間苦行をし、
洞窟で過ごした前正覚山(ぜんしょうがくざん)と、そこにいた猫。

MAMI さんは「聖ローザのおみこし イタリア」。30mの光の塔をかつぐ、紅い腹巻きに白はちまきの男たち。御神輿(おみこし)かつぎは日本の祭と同じですね。光のねぶた(ねぷた?)。

Tomiko さんは「金色の衣」。長く生きてきた知恵ある「老賢者」の風格。

Kayokoさんは「ママチャリレース 鈴鹿」。”あのサーキット”でご本人もチャリで走りました。

yosihiro さんは 「熊野古道(くまのこどう)」。むかしそのままの道を歩いたそうです。

まどかさんは、エッセイ「ゆっくり行こう」。

mariko さんは「うちの猫」。ラウル君。両耳の付け根が白でした。

シンゴさんは、<Living>3曲目、「」。雲からうかぶイメージ。

Ryoさんは「スペイン ビルバオ 11」。公園と隣接した美術館。

貴行さんは「八ヶ岳の秋」。今が見ごろとか。

健治さんは「私の居場所」。

和之さんは「はじまりの水」。33回目。

MIYUさんは「ドブロブニク旧市街 と クロアチア猫」クロアチア。好評につき再掲載。

インドハマユウ(印度浜木綿 いんどはまゆう) 花 ピンク

10月の終わり、ジンジャーに出会った夕方、
別の道で、
ピンクのインドハマユウ(印度浜木綿 いんどはまゆう)に遭遇。

夏の花ですが、まだ、つぼみも残っています。

ひとつの花茎から、
7つほどのピンクのユリ(百合 ゆり)のような花を咲かせています。

ジンジャーと同じく、すべてが綺麗に開花した状態に会うのはむづかしい花です。

今回も、ひとつはすでにしおれていました。上の写真。

インド原産、ヒガンバナ科です。 


*---------------------*--------------------------*----------
nature photo」更新しました。10月分は、こちらへ。

09.10.25 夕焼けの西の空に浮かんだ三日月。

                うろこ雲、渡り鳥、紅くなった葉、もの思う(?)猫の背。 
       
            ――すっかり秋の風情(ふぜい)です。

09.10.18 小さな白い花がたくさん咲くアベリアの生け垣(いけがき)。
                  ――蝶々をはじめ、いろいろな昆虫たちが蜜をすいにきていました。

             オオスカシバ、ホシホウジャク
             アオスジアゲハ、クロアゲハ、カラスアゲハ、
              セセリチョウ、ツマグロヒョウモン(妻黒豹紋)♀
               そして、カマキリは葉陰で。 

09.10.12 久しぶりの大型台風が去って、残された、秋の贈り物。

       生きている化石、メタセコイアの青い果実が葉つきでいっぱい。
                教室正面にも飾りました。

       名残の強風で、アゲハチョウは、ヤブガラシの花に…
       
       台風一過、太陽のもとで、白鷺(コサギ)の毛づくろい、長くのびた猫の昼寝。

       カイツブリ親子。ヒナは、その後。
          
09.10.3秋風にのって、もう渡り鳥の先発隊がきました。
             尾長(オナガ)ガモ、嘴広(ハシビロ)ガモ。

       ホトトギス(杜鵑)の花は、ま上から見るとヤントラ的な対称形。

       シロシキブ(白式部)の白い実。

                秋空に舞う、2頭のアオスジアゲハ。蛍光ブルーが青空にはえて、美しい蝶の舞い。
 
太陽と月の運行と変化


一年間の「月の満ち欠け、新月→上弦→満月下弦」の日を一覧表にして掲載しました。今年の「二四節気」の日の一覧表とともにこちらへどうぞ。
http://www.bigme.jp/00-0-01-essay-news/00-00-0-mokuji-index/mokuji-index.htm
 三日月      
 2002年の[内藤景代(NAYヨガスクール主宰)のフォト・エッセイ]開始から2008年下弦→●新月→上弦→満月の月の満ち欠けの日々」のすべては、こちらへ。 http://www.bigme.jp/00-07-12/07.12-1/07.12-1.htm

 それぞれの日は、それぞれの時季の[内藤景代のフォト・エッセイ]のバックナンバーにリンクしています。下線をクリックしてください。

有明月 26日月月の満ち欠けとご自分の「ココロとカラダと気分」の「なんとなく、のパタ−ン」を感じたときは、リンクをたどってください。
別のご自分がみえてくるかもしれません…
前へ 全バックナンバー 次へ
結界の葉
内藤景代の本 ・心に残る言葉  読者と内藤景代がつくるサイトです    こちらへ
   ●nature photo(ネイチャー・フォト
花・鳥・虫たち、空・雲・月は今・・続々更新中! こちらへ
ヨガ(ヨーガ)の・基本・方法・効果
(内藤景代)」こちらへ
内藤景代の日誌風エッセイのトップペ−ジへ戻る戻る 内藤景代(Naito Akiyo)公式サイトBIG ME club ヨガと冥想(瞑想)で広がる宇宙 トップページへ NAYヨガスクール(内藤景代・主宰)トップページへ 更新記録 内藤 景代・NAYヨガスクール関連サイト 最新のお知らせの記録 
●内藤景代(NAYヨガスクール主宰)のフォト・エッセイ トップページへ 内藤景代(Naito Akiyo)公式サイトBIG ME club ヨガと冥想(瞑想)で広がる宇宙 へ NAYヨガスクール(内藤景代・主宰)へ ●更新記録 内藤 景代・NAYヨガスクール関連サイト 最新のお知らせの記録
内藤景代の「フォトエッセイ」写真と要約 2005年より こちらへ。
『聖なるチカラと形・ヤントラ』内藤景代・著 実業之日本社『聖なるチカラと形・ヤントラ』
なぜ、翼をもった大人になれるのか。
内藤景代 実業之日本社刊 

言葉を超え 「絵文字」と図形で 「世界」の仕組みが分かる
無から有を生む チカラとカタチ 」
本を読むだけで 創造の秘密が、見えてくる!

「ロマンを実現したい人」への永遠のバイブル
★左脳と右脳が同時に活性化する本☆

●内容紹介と目次 ●カバー拡大 
内藤景代のヨガと瞑想の本、DVDCDを紹介するサイト

本のご紹介サイト

内藤景代のヨガ「入門書」『こんにちわ私のヨガ』 こちらへ
内藤景代のダイエット・ヨガ『綺麗になるヨガ』 こちらへ
内藤景代の心の旅の案内書『冥想(瞑想)―こころを旅する本』 こちらへ
内藤景代のヨガと瞑想の決定版『ヨガと冥想(瞑想)』 こちらへ 
  new
内藤景代の自己実現の本−『BIG ME』(大きな自分と出会う) こちらへ
内藤景代の自分探しの本『わたし探し・精神世界入門』 こちらへ
内藤景代の図形哲学の本『聖なるチカラと形・ヤントラ』 こちらへ
症状別のヨガ・ポ−ズの本『家庭でできるビューティ「ヨガ」レッスン』 こちらへ
9 生活に生かすヨガの本『毎日をハッピーに変える 3分間ヨガ』 こちらへ
10オーラに輝くヨガ瞑想のコツ『ハッピー体質をつくる 3分間瞑想』 こちらへ
11『ベッドの上で簡単にできる「寝ヨガ」レッスン<快眠CD付>』 こちらへ


12 幸せになれる!『いつでもどこでも「瞑想」入門』 こちらへ PHP文庫 
     
13 スッキリ目覚める!『短く深く熟睡する法』 こちらへ王様文庫・三笠書房

本の紹介  内藤景代・著
☆スマホで読める電子書籍


NEW3つの脳で、楽に3倍生きる 大脳・小脳・脳幹は、こころ体いのち。明るく豊かに健康に』   
               アマゾン キンドル(Amazon kindle)電子書籍


☆スマホで読める電子書籍
NEW 『意気の呼吸法-001 多層的な世界観を呼吸する』
               アマゾン キンドル(Amazon kindle)電子書籍


☆スマホで読める電子書籍
NEW   『<神>の世界観を呼吸する 002-意気の呼吸法
              アマゾン キンドル(Amazon kindle)電子書籍

☆スマホで読める電子書籍
NEW   『神通力の世界観を呼吸する003-意気の呼吸法 』
   
    アマゾン キンドル(Amazon kindle)電子書籍


『スーパーラーニング&ヨガ』 こちらへ ☆潜在意識のイメージ・コントロール法

『冥想HOW TO』 こちらへ ☆完全図解140枚のイラスト   画・真崎 守

光の天使』 こちらへ    墜ちた天使は〈人間〉になった… オールカラー

★新刊古書 ネット書店     NEW *内藤景代Amazon著者ページ(新刊・古書・電子書籍)


「内藤景代の本 心に残る言葉その1,その2,その3
『BIG ME』大きな自分に出会う こころの宇宙の座標軸新版『BIG ME』大きな自分に出会う こころの宇宙の座標軸
          内藤景代・著 NAYヨガスク−ル刊
 「BIG ME(ビッグミ−)って、何?」は、こちらへ

お求めは、●通販をご利用ださい。¥1.200(税・送料込み)こちらへ。