アイコン 枯れ木に花を咲かせましょう−その3「日誌風エッセイ」のトップペ−ジへ下線をクリック! リンクしています
  内藤景代の日誌風エッセイ    内藤景代公式サイトBIG ME club トップペ−ジへリンク 日誌風エッセイ タイトル  akiyo 記

アイコン ●緑の森 縮小 2004年6月9日(水) 明日は、下弦。6月8日は、「太陽−金星(ヴィ−ナス)−地球」と「3惑星直列パワ−」があふれた日。厚い『聖書』にはさみ押し花にした、可憐なピンクの花の名は、ムシトリナデシコ(虫取り撫子)。別名は、ハエトリナデシココマチソウ。ほんとうにハエが茎についていた。ユダヤ教とキリスト教は、「神と人間の契約」でなりたつ宗教、旧(い契)約聖書と、新(しい契)約の聖書が、旧約と新約の聖書旧教(カソリック)新教(プロテスタント)の「共同での翻訳の聖書」は、「新共同」。 
明日は、下弦。  下弦 月の相 すでに、6日に梅雨入り。きのう、6月8日の、「太陽−金星(ヴィ−ナス)−地球(テラ)と一直線に並ぶ」シ−ンはみられませんでした。太陽を横切る金星が、黒点のようにみえる現象をみたかったのですが……。でも「3惑星直列パワ−」は感じ、ついに、本日、「新しい本」の原稿を出版社に送れました。あと、残り1章。ほかの本の〆切も重なっていますが、とりあえず、ほっとひと息、深呼吸。

『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』内藤景代・著 PHP刊 表紙『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』が、大好評15刷!になりました
 前回、お知らせしてから5日もたっていません。早いサイクルで、驚いていますが、うれしいです。おかげさまで…。

5mmほどの濃いピンクの花が集まって咲いています。
 むかしからよくみる花ですが、名まえがわかりませんでした。
 5弁の花びらで可憐な花です。下の写真です。↓

それで、ミッションスク−ルの中学時代、このピンクの小さな花を押し花にして、旧約と新約で一冊になった厚い『聖書』のあいだに入れていました。
 しかし押し花をみた先輩に、「いや〜ね、そんな花」といわれ、「・・・?」でした。
ムシトリナデシコ(虫取り撫子)
                              ムシトリナデシコ(虫取り撫子)↑
ムシトリナデシコ(虫取り撫子)
今回、調べていて、可憐なピンクの花の名は、「ムシトリナデシコ(虫取り撫子)」と知り、「・・・?」の疑問の半分はわかりました。
 この花は、【むかし天井からぶるさげていた、茶色の「ハエとり リボン」のように、虫をくっつける】というのです。
 だから、「即物的に」、事実をのべて、ムシトリナデシコ(虫取り撫子)

ムシトリナデシコ(虫取り撫子)の茎

ほんとに?
と思って、あちこちに咲いていたムシトリナデシコ(虫取り撫子)をみると、花の下の茎に、小さな黒い虫がいくつもついていました。ムシトリナデシコ(虫取り撫子)についた虫
 
←左右の写真です。→


    ●ムシトリナデシコ(虫取り撫子)についた虫→

上のほうの茎だけが、緑でなく、薄茶になり、まさに「ハエとり リボン」のように、ネバネバしています。
 小さなハエなどが、そこにくっついています。
 かといって、食虫植物のように、その虫を食べるのではないそうです。
 上の花まで近よらせないためらしい・・・

ムシトリナデシコ(虫取り撫子) は、ナデシコ科 マンテマ属。
 別名は、ハエトリナデシココマチソウ
 この可憐な花が、子ども時代から好きなひと(男性)は、名まえを知って、ひどすぎる、と嘆いていましたが、コマチソウならいい、といっています。

ムシトリナデシコ(虫取り撫子)の原産地は、南ヨーロッパで、地中海沿岸の乾燥地。
 日本へは、江戸末期に渡来。その後、帰化植物化し、荒れ地や海岸付近の砂地、都会のすみなどに自生するようになったようです。
 花言葉は、「純愛、才能、無邪気」

確認しますが、「旧約と新約の聖書」は、「旧訳」と「新訳」という「新旧の翻訳」の意味ではありません。
 ご存じのように、ユダヤ教とキリスト教は、「神と人間の契約」でなりたつ宗教です。
 「(いの聖書と、(しいの聖書」という意味です。

わたしがもっているのは、1958年版の『新旧約聖書』(日本聖書協会)です。
  旧約聖書が、1326ペ−ジ。新約聖書が、409ペ−ジの約 1735ペ−ジの厚い本。
  わたしは、この新旧約聖書で、『わたし探し・精神世界入門』に文章を引用しているので、読者のかたから「なぜ?1958年版の『新旧約聖書』」という質問が前にありました。遅くなりましたが、今、お答します。
 それは、以上のわけで、わたしが押し花を入れて、愛読し暗記した本だからです。
 今、開いたら、透明になったツツジ(躑躅)の花が入っていました。「むかしのわたし」がいれたのでしょう。

今は、旧教(カソリック、カトリック)新教(プロテスタント)の「共同での翻訳の聖書」が中心になっているようです。
 「新共同」の「旧約と新約」の『聖書』は、「外典(アポクリファ)」も入っているので、むかしより厚いです。押し花には、最適(?)。

先月の下弦は、5月11日(お話は、5月10日)その前月の下弦は、4月12日 その前月の下弦は、3月14日(お話は、16日)。その前先月の下弦は、2月13日。その前月の下弦は、1月15日(お話は、14日)。その前の月の下弦は、2003年12月17日その前月の下弦は、11月17日、お話は翌日の11月18日。その前月は、10月18日が下弦(お話は10月19日)。その前月の下弦は、9月19日(下弦の話は、9月20日)。その前月の下弦は、8月20日。そのまた前月の下弦は、7月21日(下弦の話は、7月22日)。その前月の下弦は、6月21日、夏至(げし)のイブ前夜祭でした。そのまた前月の下弦は、5月23日。その前の下弦は、4月23日。

金星(ヴィ−ナス)のパワ−も感じられる下弦の前日、あなたの「心と体のリズム」は、いかがですか?
 
金剛石 ダイヤモンド 中心点ビンドゥ内藤景代の「日誌風エッセイ」見出し集は、こちらへ
 http://bigme.w2.wingserver.jp/
更新しました:  2004年4月2日 「内藤景代の本 心に残る言葉No2
「あなたの心に残る一節」をご投稿ください。
           詳細はこちらへ。メ−ルは:
mail@bigme.jp
大好評 15刷!『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』内藤景代・著 PHP刊 表紙
『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』 
           内藤景代・著 PHP研究所・ \1300
体に効く、心に効く、美に効く」ヨガを、見開きの2色の図解のイラストで。呼吸法と「気の流れ」もわかりやすいと大好評!
          ★表紙の拡大イメ−ジは、こちらへ
          ★内容の紹介の「はじめに」は、こちらへ
          目次のご紹介は、こちらへ
 ■ ネット書店
    翻訳は、こちらへ

新版『BIG ME』 新版・『BIG ME』できました!
BIG ME (ビッグミ−)大きな自分に出会う こころの宇宙の座標軸』
  まえがき」は、こちらへ。 
 ●新版『BIG ME』の「あとがき」は、こちらへ
  表紙は、登場人物の「全員集合」です。だれかは、こちらへ
   本文よりと、読者のメッセ−ジは、こちらへ。
 「BIG MEって、何?」は、こちらへ
  
NAYヨガスク−ルで販売します。ネット特別割引 送料込み!¥1.200
書店では、手に入りませんので、通販をご利用ださい。こちらへ。       
 いままでの新書判が、大判の(四六判)に、「表紙」も変わり、 大きく、読みやすくなりました!

←★前へ 更新記録 次へ★→

直線上に配置
トップページへもどる