花枯れ木に萌え出す、若葉内藤景代の日誌風エッセイのトップペ−ジへ戻る下線をクリック! リンクしています内藤景代公式サイトBIG ME club トップペ−ジへ戻るNAYヨガスク−ル公式サイト トップペ−ジへ戻る
  内藤景代の日誌風エッセイ   内藤景代公式サイトBIG ME club トップペ−ジへリンク 日誌風エッセイ タイトル  akiyo 記
アイコン ●緑の森 縮小    ヨガと瞑想による「気づき」で、自分と世界が広がる、フォトエッセイ。月の満ち欠けとともに更新中!
2005年8月6日(土) 新月。明日は、立秋(りっしゅう)。この日を境に、暑中お見舞い」は「残暑お見舞い」に。「虫めずる姫ぎみ」。紫もようの国蝶(こくちょう)、オオムラサキは、羽根を閉じると、「白い、大きめのありふれたチョウ(蝶)」に変身。緑の光る虫、アカスジキンカメムシ(赤条金亀虫)ヒグラシ(蜩 ひぐらしの羽根は、透明のスカシバ(透かし羽)。透明な虹色に輝く、CD状のクモ(蜘蛛 くも)の巣。オレンジのビーズ細工のような、ザトウムシ(座頭虫 ざとうむし)。ネコジャラシとイノシシ(猪 いのしし
きのう8月5日が新月、朔(さく) 明日、8月7日立秋(りっしゅう)。 暑い盛りですが、そこはかとなく「秋の気」が立ちはじめる時季。夜のそぞろ歩きは涼しいです。

メイプル』2005. 9月号 集英社 【「ストレス」に負けない大人な心が欲しい!  いやなイメ−ジは消し去って、楽しいイメ−ジで新しい自分に 3分間瞑想】 掲載中。

立秋を過ぎると、「暑中お見舞い」は「残暑お見舞い」に変わりますので、ご注意ください。そのお話は、こちらへ。2004年8月8日(日)     猫の集会」アップ。立秋。残暑見舞い。黄色い縞のトンボは「ムカシヤンマ」ではなく、オオシオカラトンボのメス。アブラゼミの目(複眼)のあいだの赤いルビ−のようなもの、「個眼」という目。眉間の「第3の目」と冥想(瞑想)。涼しい日陰に咲く、ヤブミョウガ(藪茗荷)、別名フラワ−ジンジャ−の白い花は、ツユクサ(露草)科。2つ重なって咲く、青いツユクサ(露草)の花」

この暑い夏に、はじめて出会った、めずらしい生きものたちをご紹介しましょう。「虫めずる姫ぎみ」はじめ虫好きのかたには大きな贈りものがある、「夏休み特大号」です。
 まずは、国蝶(こくちょう)に指定されている、オオムラサキ(大紫)という蝶(チョウ)。
オオムラサキ 国蝶(こくちょう)のチョウ(蝶)オオムラサキ 国蝶(こくちょう)のチョウ(蝶)






オオムラサキ 国蝶(こくちょう)のチョウ(蝶)↑↓

オオムラサキ 国蝶(こくちょう)のチョウ(蝶)




先日、高尾山で、はじめて出会った、大きな蝶(チョウ)、オオムラサキ
 木に止まって、樹液(じゅえき)を吸っているときは、右の写真のように、羽根をとじています。その色は、ほとんど、白。
 だから、止まっているときは、オオムラサキとは気づきませんでした。別のチョウ(蝶)の写真をとり、そこに「ついで」にうつっていたのが、この羽根が白い写真。

帰宅してから、オオムラサキを調べると、羽根の裏が白いことを知り、もしかして・・・とつけ合わせると、「二重構造」であることがわかりました。
 リバーシブル・コートのように、羽根を開くと、紫と白の斑点に、赤いポッチが2つ。上の左の写真。羽根を閉じると、「白い、大きめのありふれたチョウ(蝶)」に変身。
 羽根が半開きだと、焦げ茶のよくいるチョウ(蝶)にもみえます。上の右の写真。
 とっつかまらないように、「わたしは、フツーのチョウニンでございます」のふり・・・?!
アカスジキンカメムシ(赤筋金亀虫)
七沢(ななさわ)森林公園の沢(さわ)を歩いていると、緑の光るものが足もとに落ちていました。
 しゃがんで、見ると、見たことのない虫。1〜2センチメートルの小さな胴体。上はほぼまっすぐで、下は楕円。
 輝く緑に、赤いスジ模様。

「はんみょう(ハンミョウ 斑猫」という、玉虫色の毒虫かもしれない・・・とおそるおそる見ると、死んでしまっているようで、動きません。
 草葉の陰(くさばのかげ)に弔(とむら)うと、アリ(蟻)が、「ご馳走!」とさっそくよってきました・・・合掌

アカスジキンカメムシ(赤条金亀虫)↑

帰宅後、調べると、亀の甲羅(こうら)のような胴体のカメムシ(亀虫)の仲間で、アカスジキンカメムシ(赤条金亀虫)。実物を巨大に拡大すると、甲冑(かっちゅう)のような立派な姿です。
ヒグラシ(蜩 ひぐらし) セミ(蝉 せみ)澄んだ鳴き声が、森の中に、かん高く響く、セミ(蝉 せみ)の、ヒグラシ(蜩 ひぐらし)
 声はすれども、姿は見えず・・・
 でしたが、はじめて、見ました。

黙って、静かに、木の柵(さく)にとまっていた、綺麗な羽根のセミ(蝉 せみ)。
 アブラゼミ(油蝉)とちがい、羽根は透明。スカシバ(透かし羽)で、胴体が夕陽の光を反射して、輝いてみえます。
 連れにいわせると、ヒグラシ(蜩 ひぐらし)の姿を、こんな2メートルくらいの間近(まじか)で見られるのは、めずらしいことらしい。そばへよってもまるで、逃げません。

ヒグラシ(蜩 ひぐらし) セミ(蝉)

アブラゼミ(油蝉)の写真は、こちらへ。【2004年8月2日(月) 葉月(はづき)。昨夜は、満月。セミ(蝉)の目と目のあいだに、小さな赤いルビ−のような透明な粒が2つ、キラキラと太陽の光に輝いて、とても綺麗。カメラ目線でこちらをみつめるアブラゼミセミ(油蝉)】
http://www.bigme.jp/000-000-04-08/04-08-02/04-08-02.htm CD状のクモ(蜘蛛 くも)の巣


夕陽の光を反射して、輝いていたのは、セミ(蝉)のヒグラシ(蜩 ひぐらし)だけではありません。
 なぜ、こんな森の中に「カラス(烏)よけのCD」がつるしてあるのだろう?
 ・・・と思ったら、円盤状のクモ(蜘蛛 くも)の巣でした。
 光を乱反射して、透明な虹色に輝いています。
 なんというクモ(蜘蛛 くも)がつくったのでしょう? 綺麗です。

CD状のクモ(蜘蛛 くも)の巣→

×字型」の巣をつくるコガネグモ(黄金蜘蛛)の巣と写真と、「インドの宇宙生成伝説」は、こちらへ。コワイひとはパスしてください。【2003年8月9日(土) コバルト・ブル−と黒、リバ−シブルのチョウ(蝶)、カラスアゲハ(揚羽)。猫科のヒョウ(豹)のような紋をもつチョウ(蝶)、ヒョウモン(豹紋)。ヤマユリ(山百合)の中に入り、蜜を吸う、茶色の小さなセセリチョウ(蝶)。「×字型」のネット(網)をはる、トラ(虎)のシマ(縞)模様の、コガネグモ(黄金蜘蛛)。】
http://www.bigme.jp/000-000-03-08/03-08-09/03-08-09.htm

オレンジ色のビーズのようなクモ(蜘蛛 くも)は、オレンジのビーズ玉(?)をつけた細く長い8本の手足を、放射状に広げて、素早く、動いていました。まるで、地上のカニ(蟹)。高尾山で、はじめてみた、ビーズ細工のようなクモ(蜘蛛 くも)の写真は、下です。
可愛いですよ。こわくないと思う・・・胴体は1センチメートルくらい。

※後記;これは、クモ(蜘蛛 くも)ではなく、ザトウムシ(座頭虫 ざとうむし)でした。
高尾山にたくさんいるので、有名だそうです。

ザトウムシ(座頭虫 ざとうむし) オレンジのビーズ細工のよう








オレンジのビーズ細工のような、ザトウムシ(座頭虫 ざとうむし)→ 










これは、おまけ。緑の細長い葉、ネコジャラシとイノシシ(猪 いのしし)ネコジャラシ(えのころぐさ)にむらがり、おいしそうにむしゃむしゃ食べている、けもの(毛もの)、8頭は、なんでしょう?

鼻のまわりの白さ。円形の鼻の穴。巨大な吸いこみ口のような、鼻と、スゴイ鼻息(はないき)。わたしの指が吸いこまれそうで、コワイくらいでしたが、可愛いです。

猫も好きなのだから、この子たちはどうか?と、近くにはえていたネコジャラシを、金網ごしにあげたら、大喜びして、何度もおかわりしていたのは・・・イノシシ(猪 いのしし)です。
ネコジャラシとイノシシ(猪 いのしし)

NAYヨガスク−ルの生徒さんのペ−ジ「猫の集会」の8月号を、8月1日にアップしています。
 
健治さんは、「私の居場所」。綺麗な水のわき出るせせらぎ。足もとのキノコ。

MAMIさんは、中国の上海(シャンハイ)の、夫婦獅子(めおとじし)。

Tomiko さんは、「京都・祇園界隈(ぎおんかいわい)」。田辺聖子さん風にいえば「女衆によって磨きぬかれた格子の艶(つや)」。

Kayokoさん は、おおむかし、太古の地殻変動の結果、、氷河の浸食でできた“フィヨルド ランド”の夕陽。ニュージーランドの壮大な光景。

まどかさんは、エッセイ「薔薇窓より」。〜〜何が見えたのでしょう? 
 薔薇窓(ローズウインドウ)は、パリのノートルダム寺院や郊外のシャルトル寺院のステンド・グラスのこと。

yosihiro さんは、「カッパドキア」。トルコにある、不思議な光景。初期キリスト教の岩窟 教会があったとか。

mariko さんの「うちの猫、ラウル君」。前足の曲がり具合の色っぽさ。

かよこ・Nさんは、好評につき再録。ガラパゴス諸島のイグアナとアシカ。

雅博さんも、再録、富士山。 

singo さんは、シンセサイザ−で「東と西と北と(先月の別ミックス)」。

先月の新月は、7月6日。前月の新月は、 6月7日(お話は、6月10日)。前月の新月は、5月8日(お話は、5月9日)。前月の新月は、4月9日(お話は、4月5日)。前月の新月は、3月10日(お話は、3月11日)。 前月の新月は、2月9日(お話は2月11日)。前月の新月は、1月10日(お話は、9日)。前月の新月は、12月12日(お話は、15日)。前月の新月は、11月12日(お話は13日前月の新月は、10月15日(お話は、10月13日) 前月の新月は、9月14日。前月の新月は、8月16日(お話は、8月15日)前月の新月は、7月17日(お話は、7月18日)その前月の新月は、6月18日その前月の新月は、5月19日。そのの新月は、4月20日その前の新月は、3月21日 春分の翌日でした。その前月の新月は、2月20日。その前の月の新月は、1月22日(お話は、21日)その前月の新月は、2003年12月23日。 その前の新月は、11月24日(お話は、11月25日)。その前月の新月は、10月25日その前月の新月は、9月26日(お話は9月27日)。その前の新月は、8月28日。そのまた前の新月は7月29日。その前の新月は6月30日の大祓。そのまた前の新月は、5月31日と、5月1日

ご自分の「ココロとカラダと気分」の「なんとなく、のパタ−ン」は、どうでしたか?

つめたいものを飲み過ぎて、水分がとどこおり、むくみがちのかたは、利尿作用のあるスイカ(西瓜)がおすすめです。メロン・サイズの小玉(こだま)は、冷蔵庫で冷やしやすいし、甘くておいしいです。皮のギリギリまで、ジューシーな赤い実がつまってます。
 汗をたくさんかいたら、塩分もおぎないましょう。野菜に岩塩(がんえん)をふるのも、うまい。

 宅急便 お届け時 カード払い」ができました!着払い(ちゃくばらい)」の宅急便(クロネコのコレクト便のお支払いが、その場でカードでも、できます。『ヨガと冥想』DVD 内藤景代・出演『やせるヨガ』DVD 内藤景代ナレ−ション
ヨガと冥想(瞑想)」と「やせるヨガDVD・ビデオや『呼吸法ビデオ上下』、CD『くつろぎの瞑想』などのご注文はこちらへ
『ハッピ−体質をつくる 3分間瞑想』内藤景代・著『ハッピ−体質をつくる 3分間瞑想』
       心と体がオーラに輝く 月の意識のヨガ瞑想
内藤景代・著/実業之日本社刊 \1400
瞑想ヨガで、心と体の奥から輝く【目的別に完全図解】“月の意識”をとりいれたビジュアル版瞑想ブック瞑想用カラー写真つき良い縁を引き寄せる瞑想/創造力を高める瞑想/自分らしい美しさを出す瞑想/うつうつとした気分を楽にする瞑想/能力を十分発揮する瞑想●ネット書店(AmazonBK17&Y ) カバ−拡大と内容 
「毎日をハッピーに変える 3分間ヨガ」内藤景代・著 『毎日をハッピーに変える 3分間ヨガ』
 オフィスでもお部屋でも 体とこころのお悩み解決
好評2刷内容の「目次 ●表紙の拡大 ●著者からの言葉 
見開き2色カラ−図解イラストで「使えるヨガ」と大好評!朝、通勤中、オフィス、夜など、状況にあわせた、わかりやすい呼吸と気の流れが、「ハッピ−体質」に変えていく!
ネット書店、全国書店で発売中! 実業之日本社刊 \1.300 
内藤景代のヨガと瞑想の本、ビデオ・CDを紹介する、新しいサイト↓  

 【ヨガの基本・方法・効果(内藤景代)こちらへ
★ ビデオ・DVDとCDの詳しいご紹介サイトです!
   内藤景代監修<ヨガ・ダイエット>ビデオ『やせるヨガ』
  内藤景代監修・出演ビデオ『ヨガと冥想』 
  内藤景代の声で誘導するCD『くつろぎの冥想』


内藤景代のヨガ「入門書」『こんにちわ私のヨガ』内容・目次
内藤景代のダイエット・ヨガ『綺麗になるヨガ』内容・目次
内藤景代の心の旅の案内書『冥想(瞑想)―こころを旅する本』内容・目次
内藤景代のヨガと瞑想の決定版『ヨガと冥想(瞑想)』 内容・目次
内藤景代の自己実現の本−『BIG ME』(大きな自分と出会う)
内藤景代の自分探しの本『わたし探し・精神世界入門』内容・目次
内藤景代の図形哲学の本『聖なるチカラと形・ヤントラ』内容・目次
内藤景代の症状別ヨガ・ポ−ズの本『家庭でできるビューティ「ヨガ」レッスン

金剛石 ダイヤモンド 中心点ビンドゥ内藤景代の「日誌風エッセイ」見出し集は、こちらへ
「内藤景代の本 心に残る言葉その1,その2,その3
「あなたの心に残る一節」をご投稿ください。詳細はこちらへメ−ルは
mail@bigme.jp
『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』内藤景代・著 PHP刊 表紙  大好評   17刷 7万部突破
『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』 
                    内藤景代・著 PHP研究所・ \1300
体に効く、心に効く、美に効く」ヨガを、見開きの2色の図解のイラストで。呼吸法と「気の流れ」もわかりやすいと大好評!
★表紙の拡大イメ−ジ★内容のご紹介目次のご紹介■ネット書店

韓国版・翻訳  台湾版・翻訳
新版『BIG ME』 内藤景代・著新版『BIG ME』大きな自分に出会う こころの宇宙の座標軸
          内藤景代・著 NAYヨガスク−ル刊
 「BIG ME(ビッグミ−)って、何?」は、こちらへ

お求めは、通販をご利用ださい。¥1.200(送料込み)こちらへ。       

←★前へ ●全バックナンバー 更新記録 次へ★→

結界の葉
内藤景代の日誌風エッセイのトップペ−ジへ戻るトップページへもどる内藤景代公式サイトBIG ME club トップペ−ジへ戻るNAYヨガスク−ル公式サイト トップペ−ジへ戻る