花枯れ木に萌え出す、若葉内藤景代の日誌風エッセイのトップペ−ジへ戻る下線をクリック! リンクしています内藤景代公式サイトBIG ME club トップペ−ジへ戻るNAYヨガスク−ル公式サイト トップペ−ジへ戻る
  内藤景代の日誌風エッセイ   内藤景代公式サイトBIG ME club トップペ−ジへリンク 日誌風エッセイ タイトル  akiyo 記
アイコン ●緑の森 縮小    ヨガと瞑想による「気づき」で、自分と世界が広がる、フォトエッセイ。月の満ち欠けとともに更新中!
2005年11月2日(水) 立冬(りっとう)オシロイバナ(白粉花 おしろいばな)、別名・夕化粧(ゆうげしょう)の「2段式ロケット噴射」のような「二重咲き(ふたえざき)」。もうきのふぼく(盲亀の浮木) 【「ウドンゲノハナ(優曇華の花 うどんげのはな)」が開いたもの】といわれる「へんな生きもの」に出会う。 クサカゲロウ(草蜻蛉)の幼虫。NAYヨガスク−ルの生徒さんのペ−ジ「猫の集会」11月号をアップ。

※後記ウドンゲ(優曇華 うどんげ)の花といわれる、クサカゲロウ(草蜻蛉 くさかげろう)の卵の写真とお話は、こちらへ。

※後記
「ウドンゲ(優曇華 うどんげ)花」とまちがえられる卵をうむ、クサカゲロウ(草蜉蝣 くさかげろう)の成虫の写真とお話は、こちらへ

今夜は新月、朔(さく)New Moon  夕焼けが綺麗でした。7日は、もう立冬(りっとう)になります。布団(ふとん)などは、あったかい冬ものを用意しましょう。NAYヨガスク−ルの生徒さんのペ−ジ「猫の集会」の11月号をアップしました。
オシロイバナ(白粉花 おしろいばな) 夕化粧(ゆうげしょう) 二重咲きなかなか出会わないめずらしいものの代名詞として、「もうきのふぼく
 うどんげのはな
」があります。敵討ち(かたきうち)の相手に会ったときなど、その次に「ここで会ったが、百年め!」と叫びます。
 子どもの頃、落語(らくご)や時代劇映画で聞いた言葉です。

なんで「100年目」なのか? 
もうきのふぼく
 うどんげのはな
」とは何なのか? よくわからずにおぼえていました。
 
←●オシロイバナ(白粉花 おしろいばな) 夕化粧(ゆうげしょう) 二重咲き

さて、漢字でかくと「もうきのふぼく(盲亀の浮木) ウドンゲノハナ(優曇華の花)」は、「確率が限りなくゼロ」にちかいもののたとえです。だから超(チョウ)めずらしい。
 
 もうきのふぼく(盲亀の浮木)
の話は、仏教の「法華経(ほけきょう)」からきているそうです。大海の底に住む、盲目の亀(カメ)が、百年に一度(それで、100年目!)、浮上し、海面に顔を出す。そのとき、穴がひとつしかない波にただよう浮木(ふぼく)と出会い、その穴に頭が入る。こんな偶然は、ほとんど「ありえな〜い」。それだけ、仏の教えに出会う仏縁(ぶつえん)は、まれなことである・・ ありがたや、有り難や。

ウドンゲノハナ(優曇華の花)は、同じく仏教で「3000年に一度花を開き,そのときに如来(にょらい)が現れる」とされている花です。

 そして、なんと!【「ウドンゲノハナ(優曇華の花 うどんげのはな)」が開いたもの】といわれるものに今回、出会いました。あとで、写真をお見せしましょう。驚きますよ。
 
「そんな花が今、咲いているの?」 という疑問は、もっともです。
 実は、花では、ないのです。「へんな生きもの」です。
 まずは、綺麗な花、めずらしいオシロイバナ(白粉花 おしろいばな)、別名・夕化粧(ゆうげしょう)の「二重咲き(ふたえざき)」をお見せしましょう。上と下の写真です。
オシロイバナ(白粉花 おしろいばな) 夕化粧(ゆうげしょう) 二重咲き
午後4時頃から咲くので、夕化粧(ゆうげしょう)、英名は、フォー・オ・クロック(4時)。夕暮れの近づく、海べの町で、「2段式ロケット噴射」のように、筒状の花が咲いている、オシロイバナ(白粉花 おしろいばな)別名・夕化粧(ゆうげしょう)に、はじめて出会いました。
 

オシロイバナ(白粉花 おしろいばな) 夕化粧(ゆうげしょう) 二重咲き

↑↓→オシロイバナ(白粉花 おしろいばな) 夕化粧(ゆうげしょう) 二重咲き

ラッパ状の花のつけ根に、フリルのような花が咲いている、「2段式ロケット噴射」のような、オシロイバナ(白粉花 おしろいばな)。白に赤の斑入りや、赤に白の斑入りと、カラフルです。 

オシロイバナ(白粉花 おしろいばな) 夕化粧(ゆうげしょう) 二重咲き
 調べてみると、オシロイバナ(白粉花 おしろいばな)の「」にみえるのは、「ガク(萼)」。花のつけ根のガク(萼)にみえるのは、葉が変容した「ホウ(包・)」。左の写真をみると、よくわかります。
 「2段式ロケット」の1段目は、緑色で、葉のなごりをしめしている「ホウ(包)」。
 この「ホウ(包・)」が、色づくことがあり、そうすると、上の写真のような「二重咲き」になるそうです。

ホウ(包)が、色づく」のは、ハナミズキ(花水木 はなみずき)たちの作戦と同じ。
 ハナミズキ(花水木 はなみずき)の花びらにみえる葉、「ソウホウ(総)」の変容の写真は、こちらへ。【2003年4月26日(土)  裏方とスタ−と両方の役に変身する、ハナミズキ(花水木)の 「花びらに見える葉(ホウ)」。花達の「作戦」に感じる「意志」】

そして、これだけいろいろな花色に変化し続けている、オシロイバナ(白粉花 おしろいばな)の「」ですが、いわゆる「花びら」である「花弁は、なし」。
 はじめにかいたように、「」にみえるのは、「ガク(萼)」が変容したものです。
 下に、ふつうのオシロイバナ(白粉花 おしろいばな)、一重(ひとえ)の「」をおみせします。つけ根が、葉のカタチが変化した緑の「ホウ(包・)」なのがわかります。↓
オシロイバナ(白粉花 おしろいばな) 夕化粧(ゆうげしょう) ひとえ咲き
   オシロイバナ(白粉花 おしろいばな) 夕化粧(ゆうげしょう) ひとえ咲き↑

●オシロイバナ(白粉花 おしろいばな)
の、赤、黄、白、オレンジなどの花の写真はこちらへ。【2002年8月19日(月) オシロイバナの「進化」
は、今、現在も進行形。「オシロイバナ・ミックス」は、カラフルなビ−チ・パラソルのように、変化し続ける。3色の混じりあいは、無数の色と形を生む】

立冬(りっとう)は、「これから冬に入る、という時季」で、一段と寒さが厳しくなります。北風にのって、遠い国からやってきた渡り鳥たちもふえてきます。
 立冬(りっとう)のお話と綺麗な秋薔薇(あきばら)は、こちらへ。2004年11月6日(土) 立冬(りっとう)。下弦。NAYヨガスク−ルの 「猫の集会」の11月号を、アップ。こころに、かび(黴)がはえてしまわないように・・・、ロ−ズガ−デン(バラ園)へ。バラ(薔薇 ばら)の香りと色、形を競う国際コンク−ル神代植物公園。珍しい新種のバラ(薔薇 ばら)。青空にすっくと伸びる2メ−トル以上のバラの花と『鏡の国のアリス』の世界】
http://www.bigme.jp/000-000-04-11/04-11-06/04-11-06.htm

さて、この寒いのに、まだ、あちこちでピンクのフヨウ(芙蓉 ふよう)の花が、つぼみをもち、開花し、華やかです。フヨウ(芙蓉 ふよう)の花は、暑い8月におみせしました。こちらへ。【2005年8月24日(水) 処暑。 夏休みの澄んだ青空に高く咲く、ピンクと白の花。紅白のフヨウ(芙蓉 ふよう)。フヨウ(芙蓉 ふよう)ムクゲ(木槿 むくげ)のちがい。柱頭のメシベのかたちと葉。『MY LOHAS (マイローハス) 「朝ヨガで体と心をデトックス」を掲載中。 「ローハス」とは、「Lifestyles of Health and Sustainability」 の頭文字をとった造語。「持続可能」な「環境、自然、健康に優しいライフスタイル」。「よい方向へ変わる未来」を願った、30年前。1975年刊行のこんにちわ私のヨガ』。】

それで、晩秋に咲いているフヨウ(芙蓉 ふよう)の花をみていたら、葉の上に「ゴミ」のような5ミリメートルほどの固まりがあり、気づくと、風もないのに、動くのです・・・
 葉の上にこぼれた、フヨウ(芙蓉 ふよう)の「花粉」は、動いていない・・
 (あやしい・・・・!)
 なんか、葉の上で、動いています。拡大して撮影したのが、下の写真です。
 何でしょう?  
クサカゲロウ(草蜻蛉)の幼虫
よくみると、左の赤い矢印の部分、2本のハサミのようなもので、花粉の粒(つぶ)をはさみ、ひょい!と背中に、背負っています!! 
そして、葉の裏に逃げる。
 白っぽいのは、フヨウ(芙蓉 ふよう)の「花粉」です。
 「へんな生きもの」です。
 
カニ(蟹)で、「モクズショイ(藻屑背負い)というのに、似ています。海藻をハサミで切り、背中にカラフルにまとう。


モクズショイのような「へんな生きもの」は、調べてみても、わからないので、多摩動物園に問い合わせました。
 すると、「クサカゲロウ(草蜻蛉)の幼虫」というお答でした。
クサカゲロウ(草蜻蛉)の幼虫 ウスバカゲロウ(薄羽蜻蛉)に似て、緑色の羽根をもつ、美しいクサカゲロウ(草蜻蛉)の幼虫が、この「へんな生きもの」だったのです。

その後、注意して探すと、あまりゴミなどを背負っていない「クサカゲロウ(草蜻蛉)の幼虫」に出会いました。右の写真です。
 両目で、しっかりこちらをみつめています。
 口は、カーブをえがいたあめ色のハサミ(赤矢印)になっています。しっぽが長い。

↑クサカゲロウ(草蜻蛉)の幼虫→

ウスバカゲロウ(薄羽蜻蛉)の写真と、ウドンゲ(優曇華)」のお話は、こちらへ。2003年8月29日(金) 儚いカゲロウ(蜻蛉)。優美なウスバカゲロウ(薄羽蜻蛉)の子ども時代は、「引きこもり」の「アリジゴク(蟻地獄)」という虫。「3000年に一度、咲く」という「ウドンゲ(優曇華)」は、クサカゲロウの卵。脱皮と羽化と、ひとのイニシエイション」。アンダ−グラウンド世界(略称 アングラ)の、白いキノコは…】

2003年8月の日誌風エッセイにかいたように、「ウドンゲノハナ(優曇華の花)」は、この【へんな生きもの、クサカゲロウの幼虫の「卵」】を、花とまちがえて、伝えられたものだそうです。
 図鑑やネットなどでみると、白い卵が集まると、小さな花のようにもみえます・・・
 どちらにしても、卵時代も、羽化したはかなげなカゲロウ(蜻蛉)時代も、この写真からは想像できませんね・・・
 生きものの「当たりまえの変容(メタモルフォーゼ)」って、スゴイ! と思います。

※後記
ウドンゲ(優曇華 うどんげ)の花といわれる、クサカゲロウ(草蜻蛉 くさかげろう)の卵の写真とお話は、こちらへ。【2006年7月17日(月) 「めずらしいことのたとえ」であり、「特別のこと」の代名詞、「ウドンゲ(優曇華 うどんげ)の白い花」をはじめて、見た!「ウドン(優曇)」は「インドの古い文語体の言葉(梵語 サンスクリット)」から。「盲木の浮木 優曇華の花(もうきのふぼく うどんげのはな)」。 コケ(苔 こけ)の赤っぽい花と同じようなカタチ。クサカゲロウ(草蜻蛉 くさかげろう)の卵。「電球をおおう、円錐の傘」のふちの卵。「蜻蛉」とかいて、「カゲロウ(蜻蛉 かげろう)」とも「トンボ(蜻蛉 とんぼ)」とも読む。トンボ(蜻蛉 とんぼ)の正面の顔。首をかしげ、くるっと回転。水分とりすぎの「水毒症」と夏バテ アレルギー性鼻炎や浮腫。「水分が多すぎる」ものを、東洋医学では陰(いん)】http://www.bigme.jp/00-06.07/06.7.17/06.7.17.htm

※後記
「ウドンゲ(優曇華 うどんげ)花」とまちがえられる卵をうむ、クサカゲロウ(草蜉蝣 くさかげろう)の成虫の写真とお話は、こちらへ【2006年8月22日(火) めずらしいことの代名詞、「ウドンゲ(優曇華 うどんげ)花」ともいわれているもの「卵→→幼虫→→成虫」と、クサカゲロウ(草蜉蝣 くさかげろう)の一代記(いちだいき) 「人面カメムシ(亀虫)」の「笑い亀虫(カメムシ かめむし)」は、アカスジキンカメムシ(赤筋金亀虫 あかすじきんかめむしの幼虫。エサキモンキツノカメムシ(江崎 紋黄 角 亀虫 えさきもんきつのかめむし)は、「ハート型亀虫(カメムシ かめむし)。ビーズのような青緑の卵」を育てる。クロアゲハ(黒揚羽 くろあげは)蝶のオス。 処暑。暑さもおさまり、初秋(しょしゅう)の気配】
http://www.bigme.jp/00-06.08/06.8.22/06.8.22.htm



NAYヨガスク−ルの生徒さんのペ−ジ「猫の集会」の11月号をアップ。こちらへ。http://www.nay.jp/0-seito-neko/index/index.htm

今回は、初参加のかたが、おふたりで、合計12名の「個性的な猫さんたち」です。

ようこさんは、今、滞在中のカナダのモントリオールから写真を送ってくださいました。

ゆきこ・Sさんは、2匹の猫がつくる「猫の太極図」。まさに、そのカタチ!

mariko さんの「うちの猫、ラウル君」は、丸く、円のカタチ。

かよこ・Nさんのシルクロードの旅。カシュガルの可愛い少女3人。

健治さんは、「私の居場所」。干してあるのは、なんだかわかりますね。

MAMIさんは、中国の上海(シャンハイ)。未来編。埋め立て地に、こんなに高く?

まどかさんは、「秋の影の中で」のエッセイ。メランコリー(憂鬱)の季節・・・

Tomiko さんは、「紅葉 ライトアップ」その2。幽玄の世界。

Kayokoさん は、ニュージーランドマウントクック、標高3674メートル.。

雅博さんは、再録、富士山、標高3776メートル。

yosihiro さんは、デルフィの神託に従って建設した古代都市、トルコの「エフェス」。図書館とメデューサ。

singo さんは、シンセサイザ−で「寄り道」。

先月の新月は、10月3日前月の新月は、9月4日前月の新月は、8月5日(お話は、8月6日)。前月の新月は、7月6日。前月の新月は、 6月7日(お話は、6月10日)。前月の新月は、5月8日(お話は、5月9日)。前月の新月は、4月9日(お話は、4月5日)。前月の新月は、3月10日(お話は、3月11日)。 前月の新月は、2月9日(お話は2月11日)。前月の新月は、1月10日(お話は、9日)。前月の新月は、12月12日(お話は、15日)。前月の新月は、11月12日(お話は13日前月の新月は、10月15日(お話は、10月13日) 前月の新月は、9月14日。前月の新月は、8月16日(お話は、8月15日)前月の新月は、7月17日(お話は、7月18日)その前月の新月は、6月18日その前月の新月は、5月19日。そのの新月は、4月20日その前の新月は、3月21日 春分の翌日でした。その前月の新月は、2月20日。その前の月の新月は、1月22日(お話は、21日)その前月の新月は、2003年12月23日。 その前の新月は、11月24日(お話は、11月25日)。その前月の新月は、10月25日その前月の新月は、9月26日(お話は9月27日)。その前の新月は、8月28日。そのまた前の新月は7月29日。その前の新月は6月30日の大祓。そのまた前の新月は、5月31日と、5月1日

●ココロとカラダと気分
の「なんとなく、のパタ−ン」は、どうでしたか?

 新月、New Moon は、「闇から新しいものが生まれるとき」。
それで、新月の時季になると、創造的なパワーが、潜在意識からわいてきて、「いつもの決まりきった仕事、ルーチン・ワーク」がなんとなくイヤになり、イライラするひともいます。
 
 そんなときは、紅葉しはじめた秋の道を散歩したり、接近中の赤い星・火星の輝く夜空をながめたりしてみましょう。木の葉や木の実をひろうのも楽しいです。
 そこからインスパイアされるものを、五感のセンス(感性)で、あなたなりのカタチにしてみましょう。
 音・香り・色・手触り・味覚、なにか作ってみませんか? イライラがウキウキに変わりますよ。子ども時代みたいに、なにかを手作りしてモヤモヤをカタチにすると・・・

 月の満ち欠けのように、変化する意識を味方にして、創造的なパワーを活性化するには、この本がおすすめです。こちらへ。『ハッピ−体質をつくる 3分間瞑想』
       心と体がオーラに輝く 月の意識のヨガ瞑想
 http://yoga.1ne.cc/book-happy-meisou.htm

nature photo 撮りたて写真! 身近な花・鳥・虫たち、空・雲・月は今・・
続々更新中。今の時季の変化している花や虫、空をどんどん、アップ!興味深い写真が盛り沢山(だくさん)!こちらへ●ヨガの基本・方法・効果(内藤景代)より
 宅急便 お届け時 カード払い」ができました!着払い(ちゃくばらい)」の宅急便(クロネコのコレクト便のお支払いが、その場でカードでも、できます。『ヨガと冥想』DVD 内藤景代・出演『やせるヨガ』DVD 内藤景代ナレ−ション
ヨガと冥想(瞑想)」と「やせるヨガDVD・ビデオや『呼吸法ビデオ上下』、CD『くつろぎの瞑想』などのご注文はこちらへ
『ハッピ−体質をつくる 3分間瞑想』内藤景代・著『ハッピ−体質をつくる 3分間瞑想』
       心と体がオーラに輝く 月の意識のヨガ瞑想
内藤景代・著/実業之日本社刊 \1400
瞑想ヨガで、心と体の奥から輝く【目的別に完全図解】“月の意識”をとりいれたビジュアル版瞑想ブック瞑想用カラー写真つき良い縁を引き寄せる瞑想/創造力を高める瞑想/自分らしい美しさを出す瞑想/うつうつとした気分を楽にする瞑想/能力を十分発揮する瞑想●ネット書店(AmazonBK17&Y ) カバ−拡大と内容 
「毎日をハッピーに変える 3分間ヨガ」内藤景代・著 『毎日をハッピーに変える 3分間ヨガ』
 オフィスでもお部屋でも 体とこころのお悩み解決
好評2刷内容の「目次 ●表紙の拡大 ●著者からの言葉 
見開き2色カラ−図解イラストで「使えるヨガ」と大好評!朝、通勤中、オフィス、夜など、状況にあわせた、わかりやすい呼吸と気の流れが、「ハッピ−体質」に変えていく!
ネット書店、全国書店で発売中! 実業之日本社刊 \1.300 
内藤景代のヨガと瞑想の本、ビデオ・CDを紹介する、新しいサイト↓  

 【ヨガの基本・方法・効果(内藤景代)こちらへ
★ ビデオ・DVDとCDの詳しいご紹介サイトです!
   内藤景代監修<ヨガ・ダイエット>ビデオ『やせるヨガ』
  内藤景代監修・出演ビデオ『ヨガと冥想』 
  内藤景代の声で誘導するCD『くつろぎの冥想』


内藤景代のヨガ「入門書」『こんにちわ私のヨガ』内容・目次
内藤景代のダイエット・ヨガ『綺麗になるヨガ』内容・目次
内藤景代の心の旅の案内書『冥想(瞑想)―こころを旅する本』内容・目次
内藤景代のヨガと瞑想の決定版『ヨガと冥想(瞑想)』 内容・目次
内藤景代の自己実現の本−『BIG ME』(大きな自分と出会う)
内藤景代の自分探しの本『わたし探し・精神世界入門』内容・目次
内藤景代の図形哲学の本『聖なるチカラと形・ヤントラ』内容・目次
内藤景代の症状別ヨガ・ポ−ズの本『家庭でできるビューティ「ヨガ」レッスン

内藤景代の生活に生かすヨガの本『毎日をハッピーに変える 3分間ヨガ』
10内藤景代の最新刊『ハッピー体質をつくる 3分間瞑想』

金剛石 ダイヤモンド 中心点ビンドゥ内藤景代の「日誌風エッセイ」見出し集は、こちらへ
「内藤景代の本 心に残る言葉その1,その2,その3
「あなたの心に残る一節」をご投稿ください。詳細はこちらへメ−ルは
mail@bigme.jp
『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』内藤景代・著 PHP刊 表紙  大好評   17刷 7万部突破
『家庭でできるビュ−ティ「ヨガ」レッスン』 
                    内藤景代・著 PHP研究所・ \1300
体に効く、心に効く、美に効く」ヨガを、見開きの2色の図解のイラストで。呼吸法と「気の流れ」もわかりやすいと大好評!
★表紙の拡大イメ−ジ★内容のご紹介目次のご紹介■ネット書店

韓国版・翻訳  台湾版・翻訳
新版『BIG ME』 内藤景代・著新版『BIG ME』大きな自分に出会う こころの宇宙の座標軸
          内藤景代・著 NAYヨガスク−ル刊
 「BIG ME(ビッグミ−)って、何?」は、こちらへ

お求めは、通販をご利用ださい。¥1.200(送料込み)こちらへ。       

←★前へ ●全バックナンバー 更新記録 次へ★→

結界の葉
内藤景代の日誌風エッセイのトップペ−ジへ戻るトップページへもどる内藤景代公式サイトBIG ME club トップペ−ジへ戻るNAYヨガスク−ル公式サイト トップペ−ジへ戻る